【ほぼ日本人】Bitterz(ビッターズ)は【役員6人中5人が日本人】です

【ほぼ日本人】Bitterz(ビッターズ)は【役員6人中5人が日本人】です

2021年11月27日

Bitterz(ビッターズ)って海外の仮想通貨取引所でしょ??

日本人のサービスが充実しているって本当ですか?

本当です。

というか、日本人が立ち上げた取引所と言っても過言ではないくらい、日本人の役員やスタッフが多いのがBitterz(ビッターズ)です。

僕はBitterz(ビッターズ)を使っているので、他の取引所のことは詳しくわわかりませんが、他の仮想通貨取引所では珍しいかもですね。

5千円~1万円をリアル口座開設するだけでプレゼント
Bitterz(ビッターズ)は仮想通貨FXのメリットを詰め込んだ取引所
で、キャンペーンも豊富で、MT5で取引できます。888倍のレバレッジはもちろん、ゼロカットシステムなので損小利大戦略が可能です。また、仮想通貨なので、24時間トレードができます。土日にトレードがしたい人には最高のプラットホーム。
» 無料新規会員登録はこちら

関連記事:【MT5特化】仮想通貨FX取引所『ビッターズ(Bitterz)』全てのまとめ

【ほぼ日本人】Bitterz(ビッターズ)は【役員6人中5人が日本人】です

実は、知らない人からすれば、かなりびっくりかもですが、半分以上が日本人です。(※個人的な推測程度なので、参考程度でお願いします)

Bitterz(ビッターズ)は日本人が多いのを公式サイトで確認してみる

上記のように役員6人中5人が日本人というのがBitterz(ビッターズ)です。

また、他の「システム部門」「営業部門」「ディーリング部門」「カスタマー部門」「台湾オフィス」は多くの日本人がいますよね。

他何名と略されてはいますが、その他の人が日本人じゃなかったとしても、かなりの割合で日本人が締めているのは確かですよね。

本社は台湾にあるということで、画像も公式サイトに公開されて言いました。

個人的に調べてみましたが、おそらくレンタルオフィスを活用しているかと思います。

  • 設立メンバーはなんと全員日本人(正しくは6人の役員のうち5人が日本人役員)
  • カスタマーサポートは日本人スタッフが常駐
  • 日本人が好んで使うXMは仮想通貨を使えなくなったため、使い分けができる
  • 完全日本製の海外取引所
  • 【日本人が起業した法人】=【完璧な日本語対応】

とはいえ日本人創業者だからといって安心してはいけません。

とはいえ、日本人が無いよりはかなり日本超えの理解と似日本人特集のコニュニケーションが可能です。

世界から見ても、日本語は一番難しいとされているので、対応してくれるスタッフは日本人というのが安心感ありますよね。

とはいえ、コニュニケーションが安心というこで、他の内容は自分でしっかり調べるべきです。

上記の役員や部門を見ていただければ、分かるとおり、日本人が多くは叩いており、設立メンバー役員は6人中5人が日本人ということから、仮想通貨FXの海外業者の中で、ダントツ日本人が多い会社というのがおわかりいただけるかと思います。

つまり、このことから、少なくとも日本のサービスには確実に力を入れているということがわかりますよね。

こういった側面からも、Bitterz(ビッターズ)が日本人に好かれる裏付けであり、理由の1つかと。

とはいえ、お金に余裕がある人か、興味があり、本当にリスクを追ってもいいよって方限定で始めることを推奨します。

もしも、詐欺だったりしても負担を軽減するために、こういった人以外は手を出さないほうが得策かと。

ちなに僕はすでに始めています。(※ロゴがかっこよく、個人的に良いサービスと思ったので、始める方は自己責任です