ザオプションの「theoption PRO」を活用してテクニカル分析スキルUP!

【最新版:2021/07~】Bitterz(ビッターズ)XRP(リップル)【取引再開です】

【最新版:2021/07~】Bitterz(ビッターズ)XRP(リップル)【取引再開です】

Bitterz(ビッターズ)でXRP(リップル)が取引可能になったって話は本当ですか!?

はい。本当です。

Bitterz(ビッターズ)では、一時的に取引を停止していましたが、2021/07/21にXRP(リップル)が再開されました。

※推測
Bitterz(ビッターズ)に悪い影響を与える何かがあったことでXRP(リップル)の取引を停止していましたが、今回それが解消されたと思われます。

具体的にはこの記事で解説し、その後の活用方法にも深堀りして記事を書きました。

なので、この記事を読めばBitterz(ビッターズ)においてのXRP(リップル)活用方法が理解できます。

個人的にはビットコイン(BTC)の次はリップル(XRP)に注目しています。
※イーサリアム(ETH)も気になりますが、今は手数料が高いので様子見かと。

この記事の内容は下記の通りに解説していきます。

【一時停止から再開しました】Bitterz(ビッターズ)【XRP(リップル)】

Bitterz(ビッターズ)の【XRP(リップル)】取引は一時停止していましたが、2021/07/21に取引可能になりました。

  • 停止日時:2020年12月24日(木)04時00分(日本時間)
  • 再開日時:2021年7月21日(水)00時00分(日本時間)

つまり、Bitterz(ビッターズ)で【XRP(リップル)】が取引できます。

今回の記事のメインなこれだけなのですが、他にも関連してためになる情報を届けたいので、他にも下記に情報を記載していきます。

僕は個人的にXRP(リップル)にも興味があり、bitbankで取引しようかなと思っていましたが、Bitterz(ビッターズ)で取引します。

理由としては、大きく分けて3つ。

理由3つ。

  • 理由①:bitbankだと損切り予約ができないから
  • 理由②:bitbankでは自分でプログラムしないと損切りや利確ラインを指定できない
  • 理由③:MT5に慣れているし、損切りも利確も予約可能

つまり、上記の通り、便利で簡単だからです。

「損切り予約ができない」というのは、僕が機能を知らないからかもしれないので、自分出てしかめてもらったほうが良いかと思います。

僕が確認した範囲では予約注文(指値注文)はできるのですが、その後の利確ラインと損切りラインを設定できないと把握しています。

なので、僕はそれができるBitterz(ビッターズ)が良いかと。

実は、「API」という、外部からプログラムでbitbankへ実行指示を送る事ができるのですが、初心者はもちろんプログラミングに詳しい人でないとできませんよね。

また「逆指値注文」は開発中公式でとなっており、現実問題指値注文が実装されてから損切りや利確の予約ができるようになるのはかなり時間がかかるかと。


※個人調べなので、もし「実装されているよ!」って知っている方がいましたら、た教えてもらえると幸いです。
» お問い合わせへ

  • ※補足情報:
    僕はbitbankが好きなのでbitbankで日本円から仮想通貨へ取引して変換し活用していますが、他の日本の取引所でも同じように使うことができます。
    とはいえ、一番手数料が安くテクニカル分析が快適なのはダントツだと思い使っているのでそういう人にはbitbankが良いかと。

bitbankは、とても良い日本の取引所です。

そして日本から海外の取引所に送金して取引するのですが、なぜ、BINANCE(バイナンス)ではなくBitterz(ビッターズ)なのか気になりますよね。

BINANCE(バイナンス)も魅力的なので、いつかは始めようと考えてますが、個人的にはまずは、MT5で自分がなれているプラットホームで取引するほうがワクワクして楽しいので選びました。

また、海外の取引所であるBitterz(ビッターズ)を何故選んだ具体的な理由は他にもありますが、ここでは本題とずれるので割愛します。

なので、僕が選んだ理由をざっくりプランで紹介していますので、興味があればどうぞ。

参考にして貰えればと思います。

Bitterz(ビッターズ)へ【XRP(リップル)】送金する方法【bitbank+bitwallet】

国内取引所で変換したい仮想通貨の通貨ペア(どちらかを所有している)を選択して1回だけ取引します。

すると、持っていない方の通貨に変換されるかと。

これで、送金の準備が完了です。
※しかし、Bitterz(ビッターズ)ではビットコイン(BTC)の送金には対応していますが、XRP(リップル)の送金には対応していません。

なので、ビットコイン(BTC)ではなく、XRP(リップル)や「他の通貨で取引してしまったよ!」って方はbitwalletなどの通貨を変換できるサービスを利用しましょう。
※bitwalletから出金申請をすると手数料がかかりますので気おつけましょう。

※補足情報:bitwalletに手数料を払いたくない人はビットコイン(BTC)へ取引返還してBitterz(ビッターズ)へ送金すればOKです。

すでに、仮想通貨の知識がある人は問題ないのですが、恐らくあまり知らない人も利用したい人もいるかもなので、年のために今回活用する専門用語を記載しておきます。

手順は下記のとおりです。

  1. 手順①:bitbankでXRPに取引変換
  2. 手順②:XRPをbitbankからbitwalletへ送金
  3. 手順③:bitwalletでBTCに変換
  4. 手順④:BTCをBitterzへ送金
  5. 手順⑤:BitterzアカウントとMT5に送金されたかを確認し完了

手順は、上記の通り、少し面倒ですが、参入障壁が高いほどチャンスがあると感じるので個人的にはワクワクかと。

※余談情報:
最後に余談ではありますが、個人的に良いエントリーポイントを逃してしまったのでいい感じのチャートを共有。
リップルと円の通貨です。

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

Bitterz(ビッターズ)カテゴリの最新記事