XMTradingで失敗しないおすすめ戦略【少額から最速戦略】

バイナリーオプション/チャート相場分析【見方・読み方】

バイナリーオプション/チャート相場分析【見方・読み方】

僕は2年以上投資をしてきました。

この経験から、お話しています。

今回読んでもらえれば有益だと感じて貰える人はどんな人??

  1. バイナリーオプションは勝率だと考えているか、まだ勝てていない人
  2. 手法が重要だと感じているが、インジケーターを多用している人

バイナリーオプションの手法や勝率に踊らされてないですか?

実は、一番勝利に近づく方法は自分がエントリーしたあとに分析して、絶対ここで「エントリーしないほうが良かった」と理解できるかどうかにかかっています。

絶対に勝てるポイントはないけど、絶対にやめたほうが良いポイントは7割です。(※あくまでも個人の見解です)

ここでは、その本質のとなる相場の見方に関連した情報を集めた記事になります。

なかなか勝てないよって方に読んでいただけたら、発見が多い記事になっているはずです。

では行きましょう!

バイナリーオプションのチャートの見方が分かるには

バイナリーオプション【チャート分析】相場の読み方【攻略】

ぶっちゃけこれだけで基礎は問題なしです。

チャートの見方で必要な《基礎》

  1. ローソク足
  2. サポートライン&レジスタンスライン
  3. ローソク足&サポレジ応用
  4. トレンドライン
  5. 三角持ち合い
  6. 移動平均線

詳しい詳細:» 【BO軸】基礎チャート分析:FX、株、仮想通貨、応用可能『基礎入門』

上記の基本的なチャート分析の基礎を簡単にまとめていますので、投資を始める人は覚えておきましょう。

BOだけではなく、FX、株、仮想通貨で共通する内容なので、覚えた知識は無駄にはなりません。

基本的にローソク足より、パターンや値動きの流れが重要だと感じているので、そこまで深く学習しなくても問題なし。

一通り、上記の記事で学習したら、次にBO業者を選びましょう

バイナリー チャート おすすめ

BO業者の分析できるチャートを提供しているにはザオプションだけ

  1. BO業者の選び方はFXにも応用できるかで選ぶのがおすすめ
  2. そうなると自然とチャート分析できる業者を選ぶべき
  3. 結論から言うとザオプションがおすすめ

実は、BO業者のチャート画面はラインチャートと言って分析用ではなくエントリーするためのものです。

バイナリーオプションでは、別に分析するツールが必要ということです。

つまり、他の分析用というのは有名所で言うMT4などです。

ですが、初心者にはBO業者の画面だけでも操作を覚えるのが大変だったりします。

一気にそんな事覚えられないよって方には最高のツールです。

なぜなら、FXのように分析できて分析画面でエントリーが可能だからです。

つまり、一石二鳥です。

バイナリーオプション【チャート分析】相場の読み方【攻略】
(※FXのようにこの画面で分析とエントリーができます)

こんな感じ。

上記のザオプションを選ぶ理由についてはこの記事に記載しています。

詳しい詳細:» 【3位まで】【《チャート分析視点》ランキング】バイナリーオプション取引業者

ザオプションを選ぶ理由はFXの入門として最適だからです。

理由は、ルールも簡単な上にほとんど資金管理となる計算も簡単だし、何より、はじめにスキル向上に時間をかけられます

スキルを上げるにはチャート分析を何度も行い自分の経験を増やしていくことになります。

つまり、まずは、チャート分析の数をこなすことが先決でその後精度を高めればOKです。

攻略方法としては、短期でひたすら練習して、その方法を長期に持っていくだけ、これで分析はOK。

そのチャート分析を加速させてくれるのが、ザオプションのデスクトップアプリです。

参考記事:» ハイローオーストラリア以外で投資を始めるなら【ザオプション】

バイナリーオプション《チャートアプリ》で活用できる唯一無二のアプリ

ザオプションのディスクトップアプリがおすすめ

  1. 10秒足チャートがあるから、練習が加速
  2. ザオプションのチャートアプリを活用するから、約定力が優れている(エントリー時にズレにくい)
  3. デモ練習ができるから安心して練習できる

チャート分析のスキルを上げるためにはまずは、経験を積むことですよね。

このチャートは10秒足を無料で表示できます。

FXの場合は、MT4などで、データを入れてる変えますが、過去のデータを読み取ることでできるため、かなりPCが重くなります

また、他のチャートアプリでは有料にすることで、10秒足が使えるようになります。

10秒足でなれていき時間足を大きく徐々に変更することで「量から質」に切り替えていく方法がおすすめです。

最速で経験を積み結果に繋げる方法が可能なのがこのアプリです。

詳しい詳細:» ザオプション【デモ】ブラウザ版/ダウンロード版のやり方

バイナリー《チャート見ない》はあり?

バイナリーオプション【チャート分析】相場の読み方【攻略】

見ないよりはみチャートを見たほうが本当はいい?

  1. 一番いいのは長期的なエントリー時間を変更すること
  2. 熱くならないことが重要で物事を冷静に見れる
  3. チャートを見ないで解決するのは1つの策

エントリー画面は見なくてもいいがチャート分析はしっかりしてしっかり見ましょう。

結論は、個人的に短期的なスキャルピングを好んでいましたが、長期に変えると自分の分析がかなり効いていたので乗り換えました

短期から、5分から、15分くらいで、現在は1日から、3日程度で様子を見つつって感じです。

デイトレやスイングに近いですね。

またスキャルピングがやりたくなってしまう時期があるので、我慢しつつ戦略的保留中。

バイナリーオプション《チャート mt4》

バイナリーオプション【チャート分析】相場の読み方【攻略】

MT4は使いやすさナンバーワン

  1. MT4が必要不可欠
  2. MT4なら何でもできる
  3. MT4の使い方

FXでも株でも仮想通貨でも、MT4を始めに使うのがおすすめです。

理由は、MT4が一番いろんな機能が使えるし、インジケーターという形で、オシレーターだけではなく、拡張機能を追加して使いやすくすることができます。

僕が好んで使っている拡張機能として、上記の画像のどこかに、斜めラインや横ラインを4つのうち1つにラインを引くとすべて反映される拡張機能(インジケーター)がとても優秀で使いやすく使っています。

MT4ではありませんが、MT5だと、フィボナッチや図形といったライン以外のオブジェクトも反映されるインジケーターがあるので、分析自体はMT5のほうが優れています。

ですが、合計ピップスなどを知りたいときはMT4ですげて無料で完結するので、まだMT4を使っている方が何かと便利です。

(MT5の有料版ならありました)

バイナリーオプション《チャートアプリ 無料》

バイナリーオプション【チャート分析】相場の読み方【攻略】

MT4以外にも使えるチャートがあります

  1. MT4(最新版はMT5だが、MT4を使う人が多い理由は無料のインジケーターが豊富だから)
  2. FXブルードネットのダウンロードチャート(初心者に優しい)
  3. TradingView(有料にすると超最高に使いやすい)

MT4とMT5を使っていれば問題ないでしょう。

また、基本的にMT4を使うことで、ブログや動画に出てくるインジケーターや自分好みにカスタマイズしやすいので快適。

個人的には、MT5が好きなのですが、pipsの集計するインジケーターが有料しかなかったため、残念と思いMT4を使っています。

また、初心者の人にはとてもおすすめなのが、FXブロードネットです

この会社のチャートはすごく見やすく、通貨表示や他の機能がハッと見てわかるので、使いやすさは抜群。

なれてくるとどこのチャートを使うかは好みですが、僕ははじめにこのチャートで感動した事があるので、試したい方はぜひ。

右側の画像がTradingViewです。

こちらも高機能で使いやすいですが、有料にしないとアラームが使えなかったりと、少し制限があるので、とても残念。。

使いやすいし、かっこよくいい感じのチャートツールなので、使いこなせると楽しいチャート分析ができます。

無料でも使えますが、あと一歩のところで有料にしないと行けないのがとてももどかしい。。

ですが、最高に使いやすいので無料版でも十分おすすめで実際に活用できるのも本当なので、ここらへんは好みかもです。

結論、上記の3つのどれを活用しても全て高機能なので、問題なしです。

合わせて読みたい:» 【完全無料】バイナリーオプション【チャートアプリ・ツール4選】

バイナリーオプションのチャート《相場分析》

バイナリーオプション【チャート分析】相場の読み方【攻略】

バイナリーオプションの相場分析とは

  1. 全体の流れ
  2. パターンの傾向
  3. エントリータイミング

上記の3つのポイントを抑える事が、バイナリーオプションの相場分析です。

相場分析は、下記のように色分けしたライン毎に見ていきます。

こうすることで、今上に行く力が強いのか、下に行く力が強いのかを判断できます。

バイナリーオプション【チャート分析】相場の読み方【攻略】
バイナリーオプション【チャート分析】相場の読み方【攻略】

詳しい詳細:»【初心者向け】FX,BO学習/勉強の始め方【ロードマップ】

バイナリーオプション用として、上記の記事は短期的にお話していますが、FXのデイトレードやスイングに切り替えるだけで、確実に勝率が上がります。

これが、FXから思考したバイナリーオプションの相場分析です。

バイナリーオプションのチャート《相場の見方》

バイナリーオプション【チャート分析】相場の読み方【攻略】

相場の見方はこれだけで十分

上記の3項目さえ把握できればテクニカル分析で利益を上げていくスキルが身につきます。

理由は、この内容は根本的な基礎知識ですが、これができればスキルはほぼほぼOKです。

具体的にこのような分析ができます。

分析
(※短期足で分析すると難易度は高いです※この分析を長期足にすると制度は高まり勝率が高くなります)

参考記事:≫【厳選】必要不可欠テクニカル分析3選【小技3選】 

バイナリーオプション《チャートパターン》

三角持ち合い/ペナント

ダブルトップ・ダブルボトム
三尊天井・逆三尊

バイナリーオプション最も使えるおすすめチャートパターン

  1. ダブルトップ・ダブルボトム
  2. 三角持ち合い/ペナント
  3. 三尊天井・逆三尊

ダブルトップ・ダブルボトム三尊天井・逆三尊は、トレンドが転換するタイミングに多く現れます。

ですが、1分足や5分足で出現しても効果がない場面が数多くあります。

理由として、長期足のほうが強く反映されるのが相場の本質だからです。

つまり、下記のようになります。

  1. 効きにくい:1分足でのパターンが出た時
  2. 効きやすい:1時間足でのパターンが出た時
  3. 超効きやすい:4時間足でのパターンが出た時

結論、1分足と4時間足のどちらをメインにして分析しているのかで、勝率が変わってくる

【使える】チャートパターン:» 【本当に効く】バイナリーオプションの《チャートパターン》【実践的活用法】

バイナリーオプション《データ分析》

バイナリーオプション【チャート分析】相場の読み方【攻略】

バイナリーオプションのデータ分析とは

  1. バックテスト(検証)
  2. 勝った相場と負けた相場の後を眺める(FXではエントリーポイントを保有)
  3. バックテストとその後の値動きを見て法則が見えてくる(※これをひたすら繰り返していく)

投資で勝つには、ノートを取ろうとよく言われていますよね。

その理由を考えたことありますか?

ノートを取る理由は自分のトレードを振り返ることにあります

つまり、自分のトレードを振り返ることができれば、次にやるべきことが分かる。

それを気づかせるためのノートなのです。

つまり、ノートを取ることではなく、ノートを取ったから、過去の自分のくせが分かりやすくなるということです。

極論ではありますが、自分の過去を知れる方法なら手段はノートでも頭の中でも、画像で分析してもOKということです。

つまり、ノートを取る効果と同じ効果を脳内で行うのがこの方法です。(向き不向きがあるので自分がやりやすい方法でOK)

  1. 【関連記事】» 【無料/計算表付き】ザオプション転売で学べる攻略スキル【勝率が低くても利益は増えます】
  2. 【関連記事】» トレーディングビュー《TradingView》 フィボナッチなどで【手動・過去検証】
  3. 【関連記事】» 〖完全攻略〗【無料チャート検証】Trade Interceptor(トレードインターセプター)【バックテスト方法】【全3記事分】
  4. 【関連記事】» 【XM・MT4】バイナリーオプション/xmtradingでのバックテスト検証方法【ヒストリカルデータ版】

バイナリーオプションのチャート見方/分析を効率化《インジケーター》

※一番下にインジケーターのダウンロード先のURLを記載しています。

個人的にはインジケーターを使わないで取引したほうがスキルが上がると考えています。

ですが、僕の場合20前後の通貨ペアをある程度分析してから、取引に移ります。

その分析の長さは毎日2時間前後です。

これは効率が悪いですよね。

そのため、効率を上げてくれるインジケーターを中心に活用しています。

バイナリーオプションのチャートの見方で一番時間を取られるテクニカル分析で使えるインジケーターを紹介します。

気になった効率化インジケーターを使ってみてくださいね。

  1. サポートライン/レジスタンスラインH1以上のみ表示
  2. 複数時間足の一括切り替えと登録した通貨ペアの一画面切り替え
  3. 斜めラインのアラート機能

上記の機能は複数の通貨ペアを中心に取引する人におすすめです。

サポートライン/レジスタンスラインH1以上のみ表示

複数時間足の一括切り替えと登録した通貨ペアの一画面切り替え

斜めラインのアラート機能

触れていない状態
触れた状態

上記の画像のようにラインが触れていない時は自分が選択している色になっています。

現在のレートがこのラインに触れると右のように四角い吹き出しのようなマークの色が変わり、音がなります。

追加で使えるインジケーターを紹介。

マルチタイムフレーム分析で同期できるインジケーターを良かったのでおまけで紹介します。

  1. 同じ通貨ペアで複数の時間足を同期してくれ、自動スクロール機能(クロスを同期)
  2. 縦ライン/斜めライン/横ラインの同期機能

上記の機能は単体の通貨ペアを中心に取引する人におすすめです。

  1. 同じ通貨ペアで複数の時間足を同期してくれ、自動スクロール機能
  2. 縦ライン/斜めライン/横ラインの同期機能

最後に、エリオット波動を分析できるインジケーターとその後の予測を視覚化したい時に便利なペイント機能が使えるインジケーターです。

  1. エリオット波動が描けるインジケーター
  2. ペイントができるインジケーター

エリオット波動が描けるインジケーター

ペイントができるインジケーター

上記で紹介したインジケーターはどれも使えるインジケーターだけ紹介しています。

バイナリーオプションのチャート見方を効率化できる《インジケーター》先へ

インジケーターをダウンロードできるリンク先に飛びます。

《複数》通貨ペアを分析する時に使えるインジケーター《見方の効率化》

  1. サポートライン/レジスタンスラインH1以上のみ表示:FractalSupportResistance button 1.04
  2. 複数時間足の一括切り替えと登録した通貨ペアの一画面切り替え:MT4 HT_EASY_SYMBOL_SW
  3. 斜めラインのアラート機能:HT_ALERT_LINE_VT1.01

《単体》通貨ペアを分析する時に使えるインジケーター《見方の効率化》

  1. 同じ通貨ペアで複数の時間足を同期してくれる、自動スクロール機能:HT_Chart_Sync_Trial_V00-1
  2. クロスを同期:HT_Crosshair_Sync_V1.01(バージョンアップされています)
  3. 縦ライン/斜めライン/横ラインの同期機能:HT_Line_Sync_VT1.05

個人的に活用しているインジケーター《見方の効率化》

  1. エリオット波動が描けるインジケーター:fxnav_elliott_counts
  2. ペイントができるインジケーター:HT_Paint_V1.01(バージョンアップされています)
  3. 一画面で上位足を確認できるインジケーター:HT_Higher_Candle
  4. フィボナッチ・リトレースメント:自動表示:XIT_FIBS
  5. サポートライン&レジスタンスライン:自動表示:FractalSupportResistance button 1.04

バイナリーオプションではチャート分析する少なからず時間がかかります。

複数ある時は1時間や2時間は当たり前ですが、1通貨ペアだとしても、10分前後は分析しますよね?

バイナリーオプション分析をなれてくると実は、見方はルーティーン化していきます。

そこで、こういったインジケーターを活用することで分析時間を短縮できます。

複数の通貨ペアを監視している人は活用すると超短縮できます!

最後にこれだけは入れておいはほがいいダウンロード先を貼っておきます。

  1. (続々)複数のチャートの時間足を一括変更するスクリプト。
  2. 備忘秘録専用

無料でテクニカル分析UPしませんか?

ザオプションの「theoption PRO」を活用してテクニカル分析のスキルUPに最適
なぜ、ザオプションの「theoption PRO」を使うことでスキル上達につながるのか?理由は最低1分のチャートローソク足と最低10秒足の高速分析の違いです。詳しくは下記の記事で解説。
» 【BO投資】ザオプションで【テクニカル分析をマスターしよう】

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

バイナリーオプションカテゴリの最新記事