ザオプションの「theoption PRO」を活用してテクニカル分析スキルUP!

【保存版】バイナリーオプション初心者の勝ち方【PDCAサイクルに落とし込む方法】

【保存版】バイナリーオプション初心者の勝ち方【PDCAサイクルに落とし込む方法】

よし!
PDCAサイクルを回して、
利益を上げる練習を始めようかなぁ。

そのやる気をサポートします。

難しいかもと思うかもですが、思考はとてもシンプルです。

PDCAサイクルの肝は実行することではく、改善して成長する事です。

つまり、改善をしたいから行動するです。
※めちゃくちゃ大事な考え方なのでこれだけ覚えてください!


思考はいつでも改善したいからそのためにはデータがいるデータを作り出すには量がいるとい逆算思考がものすごく大事で、この思考でないと継続しても失敗します。

一番怖いのは改善しないまま継続し続けることです。
※積み上げを誤解したままだと無限に繰り返し、
やり続けているのに「成長しない」という一番きつい状態になるので注意しましょう。

そのため、思考停止はせずに、1つ1つ丁寧に解決することを推奨します。

【保存版】バイナリーオプション初心者の勝ち方【PDCAサイクルに落とし込む方法】

» PDCAとは? 

PDCAとは、Plan(計画)Do(実行)Check(評価)Action(改善)の頭文字からつくられた語です。計画から改善、そしてまた計画から改善、というサイクルを何度も繰り返すことで、継続的に業務改善を行います。「PDCAサイクル」という言い方もします。

引用元:https://www.kaonavi.jp/dictionary/pdca/

上記の方法を活用して、バイナリーオプション初心者でも簡単に効率よく勝ち方の答えを導き出せます。

絶対勝てるはありえませんが、絶対根拠と法則と改善点が見つかります。

実は他の人が勝てている手法を使っても勝てないなんてことはほとんどです。

その理由がわかりますか?

その答えは計画が異なるからです。

この計画の中の一番異なっているのは「誰」というポイントです。

ここをおろそかにしているようでは勝ち目のない戦いに挑んでいるのと同じです。

なので、今回はかなり深くPDCAサイクルを活用したバイナリーオプション初心者でも勝ち方を導き出せるように分かりやすく解説していきます。

  • 手順①【手法準備と安定チャート】Plan(計画)
  • 手順②【用意した手法で過去検証】Do(実行)
  • 手順③【残高が減っていれば改善】Check(評価)
  • 手順④【改善されない場合は振出】Action(改善)

上記の内容を深堀りしていきますね。

では、早速見ていきましょう。

手順①:バイナリーオプション初心者の勝ち方【手法準備と安定チャート】Plan(計画)

結論、手法を用意しましょう。

また、その手法を使う際には安定したチャートを選ぶべきです。

チャートが安定しないと値動きはテクニカル分析で機能しなくなります。

なので、この2つの条件をまずは頭に入れておいてください。

この前提の上で下記の内容を計画します。

5W2Hでバイナリーオプション初心者の勝ち方を計画しよう

  1. 誰が(Who)
  2. いつ(When)
  3. どこで(Where)
  4. 何を(What)
  5. なぜ(Why)
  6. どのように(How)
  7. いくらで(How much)

上記の内容を計画しましょう。

5W2Hでバイナリーオプション初心者の勝ち方【例】

  1. 誰が(Who)【自分が】
  2. いつ(When)【午後に】
  3. どこで(Where)【仕事場で】
  4. 何を(What)【MT4・MT5とtheoptionで自分の手法を取引】
  5. なぜ(Why)【利益を積むため】
  6. どのように(How)【テクニカル分析して】
  7. いくらで(How much)【変動型:約1時間取引:1.80倍(1.80%)】

例でいうとこんな感じに設定します。

自分が午後にMT4・MT5とtheoptionで自分の手法を取引し、テクニカル分析して利益を積むため、変動型:約1時間取引:1.80倍(1.80%)をメインに取引する。

上記のようにつなげて意味が伝わる様になれば簡単な計画が立てられます。

本来はもっと細かい設定や手法の中でどの時間でエントリーすればいいのかなど、細かく設定し実行し、改善するために、また違う目標を建てると言ったループサイクルを作り自然と繰り返す状態が好ましいです。

マグロのように常に泳いでいて(検証取引し続けて)止まらず、続けることが成功の鍵。

※この設定でできるだけ細かく具体的にすると良いです。
例として記載した内容ですが、自分が目標にする内容によって内容が変わるので本質に注目。
例えばどこでは「仕事場」担っていますが、誰部分をMT5に帰ることでどこでは「手法の根拠が出て場所で」となります。

手順②:バイナリーオプション初心者の勝ち方【用意した手法で過去検証】Do(実行)

計画した内容を実行するフェイズです。

しかし「実行」に追加で「考えながらの思考」が追加されます。

つまり、思考停止して計画した内容を実行してはいけないと言うことになります。

ここで思考停止で行動すryればいいという考えだと、後々取り返しのつかないことになってしまいます。

計画が無駄になってしまわないように、慎重に行動し、しっかり考えて柔軟に対応していくべきです。

実際にどんな事を実行するかというと、下記の内容を実行します。

  1. 自分が考える目標の進捗状態を把握し、結果や過程を記録(ノートや画像)
  2. 数値で情報をまとめる事がとても重要(感情が入らない情報が必要)
  3. また、感情の動きもまとめるのも重要(感情ではどの様に行動するのかを客観視)
  4. 計画通りに進まない場合にもその内容をまとめておくのも重要(評価や改善に繋がる)

上記の内容にきおつけて実行すると良いです。

手順③:バイナリーオプション初心者の勝ち方【残高が減っていれば改善】Check(評価)

実際計画通り行動することができたか、もし行動がうまくいかず計画通りに進まなかった場合にはどこが原因だったのかを評価します。

つまりどこのアクションプラン(実行)でうまくいかなかったのかと言うアクションプラン(実行)を見つけ出すことが最重要になります。

またうまくいったアクションプラン(実行)も把握することで、うまくいった部分だけを責めるといった次につながる良い改善案も出てきます。

  • 実際の例で方法を紹介
    自分が午後にMT4・MT5とtheoptionで自分の手法を取引し、テクニカル分析して利益を積むため、変動型:約1時間取引:1.80倍(1.80%)をメインに取引する。
  • 評価例
    勝率55%:実際に取引してみると時間が長くて検証の練習にならない。本番であればいいのだが、練習の繰り返しがあまりにもスローすぎてそもそも検証に集中できない。

とても簡単ですが、こんな感じで実行した後に自分が感じたことを評価しましょう。
※この時数字で利益率や勝率を出しておくとかなり参考になります。

手順④:バイナリーオプション初心者の勝ち方【改善されない場合は振出】Action(改善)

ここでは評価した内容を元に改善していきます。

評価でも説明していますが、改善点が見つかったと思います。

この計画を継続して良いのか悪いのかといった根本的な問題をここで考えます。

もしこの計画に問題がなければ先ほど挙げた改善案をコツコツ修正しつつ、継続して試していく方法を選ぶのが良いですが、もし計画自体が微妙であれば新しく計画を作り直すと言う決断が必要です。

そしてPD CAサイクルと言う名の通り最後にはサイクルとついているのでこれを繰り返すと言う意味になります。

つまり計画から改善のプロセスを何回も何十戒も繰り返していくことで徐々にデータが溜まり自分の中に知識が溜まり新たなルートも出現したりします。

まだ手法が決まっていない人は手法をメインにPDCAサイクルを回します。

これだという手法が見つかった人は、自分の待てる時間帯や生活習慣であっているかなど、手法でどの取引時間をメインにしていくなどをPDCAサイクルを回します。

つぎに、時間帯や取引時間が決まった人は損切りするルールや利確条件(締め切り時間ではない手動で転売する事)を明確化し、ルールずける内容をPDCAサイクルを回します。

つまり、自分が今どの段階なのだ把握し、それを試していく実験がPDCAサイクル。

つまり、過去検証と言われているのはPDCAサイクルを簡単に説明したないようなので、初心者は過去検証と聞いたらPDCAサイクルを回せばいいのかと思えばOKです。

手順⑤:バイナリーオプション初心者の勝ち方【細かな設定にしないと失敗します】

結論、計画がしっかりしていないと後の実行、評価、改善をおこなっても振り出しに戻ってしまいます。

これを繰り返すとは言いましたが、この繰り返しの成功として、計画が良くなかった(つまり、この計画は失敗した)とわかることが前提です。

もし、なんとなく違うからもう一回試してみようという思考で計画から始める場合には計画が失敗している可能性があります。

これは、人それぞれでおこなってしまうので気づくことが難しく、実践している内容が高度なため、中々正しいPDCAサイクルができているのかがかなり難しいです。

なので、僕なりなのですが、PDCAサイクルのテンプレを作りました。

是非試してみてくださいね。

バイナリーオプション(BO)でのPDCAサイクルの具体的な例

【目標】BO利益の目標【計画】行動計画とスケジュール感
1日目標:3,000円
1ヶ月間:3,000円✕20日=60,000円
計画:負けを多くして、利益を詰める損切り徹底手法
スケジュール感:午後に取引

【実行】実行の内容【実績】結果
1日の取引は大体10回前後
マイナス金額が3,000円を超えたら
今日の取引はぜずに、なぜ負けたのかを冷静に一度考える
負ける回数が多いが損切りしているので、
少しのマイナスで位置も終わる

【検証】評価と検証【課題】悪かった点と良かった点
1分足と5分足の抵抗体を重視していたため、
弱い抵抗体は突破されやすいことに気づく
更に検証を重ねた結果、やはり、無駄な損切りが多い感覚
悪かった点:弱い抵抗体でのエントリー
良かった点:手法と考え方はあっている

【改善】悪かった点を改善し、良かった点を伸ばす【今後】今後の方向性
改善点:15分や30分などの時間足に抵抗体をずらす
伸ばす:今の手法が自分になっているので継続する
改善点がうまく行かない場合には、
更に1時間足と4時間足をメインにする

で、うまく行かなかった場合を想定して下記の内容になります。

【目標】エントリーの目標【計画】行動計画とスケジュール感
1日目標:1時間足と4時間足で確認できる抵抗体のみ
1日のエントリーがへるので、監視している通貨ペアを6➡20に増やす
計画:20通貨ペア全て分析し、
抵抗ライン付近にアラート設定
スケジュール感:午後に取引

という感じ。

ザックリですが、例でいうとこんな感じです。

無料でテクニカル分析UPしませんか?

ザオプションの「theoption PRO」はテクニカル分析スキルUPに最適です
なぜ、ザオプションの「theoption PRO」を使うことでスキル上達につながるのか?理由は最低1分のチャートローソク足と最低10秒足の高速分析の違いです。詳しくは下記の記事で解説。
» ザオプションの「theoption PRO」を活用してテクニカル分析スキルUP!

【バックテスト(過去検証)の実践ルール:PDCAサイクルの回し方】

簡単ではありますが、PDCAサイクルのやり方についてはこの記事【保存版】バイナリーオプション初心者の勝ち方【PDCAサイクルに落とし込む方法】をご確認ください。

  1. P【質より量】ザオプションデスクトップアプリでエントリー(この時、質より量)
  2. D【質より量】量エントリーを続けていくと、データや経験が溜まってくる
  3. C【量より質】自分が勝ちやすい内容と、負けやすい内容を見つけ出す
  4. A【量より質】負けやすい内容は修正や改善、勝ちやすい内容は更に伸ばす
  5. P【量より質】ザオプションデスクトップアプリでエントリー(この時、量より質)

上記の流れをひたすら繰り返していく。
PDCAサイクルを回す。

P【質より量】ザオプションデスクトップアプリでエントリー(この時、質より量)

【保存版】ザオプション/デスクトップアプリデモ【取引画面操作&インジケーター】の使い方!

いちばん重要なのは自分が楽しく退屈にならないスタイルを見つける事です。
※今の僕はどの時間でも取引できる状態で、なおかつ15分以下で何回もエントリーできるようなスタイルが楽しい。

本来は長期投資の方が良いのですが、僕の気持ちが楽しくないので楽しい方を優先。
※負け続けていても、楽しい方を優先しましょう。

何故楽しいことだけするかと言うと、その後に楽しい方法から見えてくる自分の中の勝てるポイントを見つけ出すために初めは取引するので勝ててなくてOKです。

僕の場合には2分~15分ぐらいで損切りしまくり、たまに勝てる手法が楽しいのでそれをひたすら行いう。

※僕は勝率をあげようとしたのですが、かなり難しいと感じたので低勝率手法である損切り利食い手法に切り替えました。

D【質より量】量エントリーを続けていくと、データや経験が溜まってくる

取引量を増やしていくことで自分の傾向データがたまります。

この経験とデータの蓄積がここでは重要です。

理由は、自分の癖や特性、傾向を知ることで今後自分がスキャルピングかデイトレードかスイングトレードかという判断が付きます。
※または、オールマイティーで取引したいのかを絞るために量をこなします。

ここで注意点
量をこなすのが目的だからといって自分が有利だと思うエントリーポイントでしかエントリーしないこと。
ここで適当にエントリーしてしまうと、自分が向いている取引期間がわからなくなってしまいます。

なので、まずは質より自分の根拠のシナリオを作り量エントリーをこなす。
※デモトレードでも過去検証でもOK。

ここでは自分が好きなスタイルと傾向・特徴を明確化させるための「D」です。

C【量より質】自分が勝ちやすい内容と、負けやすい内容を見つけ出す

【本気版】バイナリーオプション攻略必勝法【正直に言います】

結論ここで量より質を上げるための準備をしていきます。

スタイルと傾向・特徴が分かった所で利点を伸ばしていきます。

しかし、伸ばしたい自分の有利な内容を知る必要があります。
データや経験が溜まってきたと思うので、質を上げる内容を見つけ出します。
※その時自分が弱い(負けてしまう)内容も一緒に割り出していきましょう。

しかし、めんどくさいのも確か。

なので、ある程度PDCAサイクルを繰り返してからでも遅くはないので、まずはハードルを下げつつ継続していくことを目的にしましょう。

※補足:継続のコツ
ガッツリとデータを分析して解析しなくても画像だけ取ることでハードルも下り、データの蓄積が習慣づきます。

A【量より質】負けやすい内容は修正や改善、勝ちやすい内容は更に伸ばす

ここで、やっと質を上げていきましょう。

ここが一番難しいんですよね。

しかも答えが人それぞれ違うから真似できず、参考程度に情報を沢山取得して、そこからヒントを見つけ出す地道かつ退屈な作業になります。

ここで、瞑想してしまい「投資をやめてしまう」や「やる気が失せる」フェーズに入ります。

結局ここでがんばれたからで今後の結果が変わってきます。

P【量より質】ザオプションデスクトップアプリでエントリー(この時、量より質)

ここで大切なことは、負け続けたらすぐに辞め、
勝ち続けたら行けるところまで伸ばし続ける精神で取り組むのがおすすめです。

毎日のノルマ的に目標を決めてしまうとその目標ありきで取引してしまいます。

そうなった時には自分の思考で判断できないくらい没頭して負け続けます。

【損したら取り返す思考】から【損したらすぐに辞めて次に活かす思考】に切り替える力をを養いましょう。

精神論と言ってしまえばそれだけですが、精神にダメージが少なくなる手法に切り替える事が僕なりの近道かと。

※補足ルール
結論BOでエントリーできない長い時間の場合には朝6時にしてもいいのですが、損切りラインが置けないのでチャートを定期的に確認しないといけません。

そういった場合にはFXに移行すればOKです。

このような見解がいま時点での僕の最適解です。

個人的な視点で選びぬいた業者/証券会社/取引所を活用しています。また、選んだ理由はこちらで確認できます。
» 【ステップ3最速】本質的なテクニカル分析視点でのプラットホーム3選

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

BO/FX/仮想通貨FXカテゴリの最新記事