初めましての方へ

【よく聞く版】FXとバイナリーオプションの初心者が覚えておくべき用語集②

【よく聞く版】FXとバイナリーオプションの初心者が覚えておくべき用語集②

他の用語集記事を作りましたので、気になる方はご確認ください。

バイナリーオプション情報を取得したい人へ【網羅情報まとめ】
バイナリーオプションというジャンルで情報をまとめた記事をまとめた記事が下記になります。「記事が多すぎてたどり着けないよ」って方は下記の記事から探すと見つけやすいかもなので、興味がある人限定でためし読みしてみてくださいね!
BOまとめ記事はこちら(こちらの記事から、すべてのBO記事情報にたどり着けるようになっています)

【無料手法公開中】バイナリーオプションを始める方へ【初心者向け】
初心者の人は何から始めたらいいのか分からず、どれが正解かもわからいですよね。なので、過去の僕のように悩んでいた人に情報が届いたら嬉しいなと思い公開。単純に過去の僕のように本気の方に読んで欲しいだけなので、参考程度にどうぞ。楽ではないが汎用性が高い方法です。
» 【無料公開】バイナリーオプションBO・FX手法【テクニカル分析】

【よく聞く版】FXとバイナリーオプションの初心者が覚えておくべき用語集

  • RSI
  • RCI
  • 騙し
  • MACD
  • 三尊天井
  • ダウ理論
  • HLバンド
  • USD/JPY
  • GBP/JPY
  • EUR/JPY
  • EUR/USD
  • 一目均衡表
  • スクイーズ
  • 移動平均線
  • 移動平均乖離率
  • 単純移動平均線
  • バンドウォーク
  • エリオット波動
  • フィボナッチR/E
  • グランビルの法則
  • エクスパンション
  • ダイバージェンス
  • チャートパターン
  • ストキャスティクス
  • 指数平滑移動平均線
  • 三角保ち合い・フラッグ
  • バックテスト(過去検証)
  • ゴールデンクロス(GC)&デッドクロス(DC)
  • ボリンジャーバンド【1σ(シグマ)2σ(シグマ)3σ(シグマ)】

RSI

英語で「Relative Strength Index」の略語でRSI。
日本語では「相対力指数」と呼ばれています。
「買われすぎ売られすぎ」を確認するために使うインジケーターです。(※RCIとは計算が違う)

RCI

英語で「Rank Correlation Index」の略語でRCI。
日本語では「順位相関指数」と呼ばれています。
設定期間と値動きのパーセンテージで「買われすぎ売られすぎ」を確認するために使うインジケーターです。(※RSIとはアプローチが違う)

騙し

相場の転換サインやブレイクポイントなどで、いっときはその予測どおりに相場が進むが、
少しすると戻ってしまったり、逆方向に力が動く時に「騙し(ダマシ)にあった」と使われいます。

MACD

MACDとは、移動平均線を利用して、トレンドの分析ができるインジケーターです。
読み方はマックディーと言われています。
また、日本語では「移動平均収束乖離」や「移動平均収束拡散」とも呼ばれたりします。トレンドには強いが、レンジ相場には弱いといったインジケーター。
MACDの移動ラインとMACDシグナルをメインで分析します。

三尊天井

相場の転換点によく現れるのが三尊天井です。
別名「ヘッド・アンド・ショルダー」や「トリプルトップ・トリプルボトム」と言われたりします。

ダウ理論

「6つの基本法則」を主軸として構成された理論がダウ理論。
金融ジャーナリストの「チャールズ・ダウ」が構築したとされています。
元々は株で活用された理論でしたが、FXでも効果があるため、今では多くのトレーダーの基礎として知られています。

HLバンド

高値と安値のいちに2本のラインが引かれるインジケーターです。
レジスタンスラインとサポートラインの確認として活用されいます。

USD/JPY(GBP/JPY、EUR/JPY、EUR/USD)

通貨ペア。
国の通貨を2つ掛け合わせてペアを作ります。この通貨ペアの価格変動によりチャート上の値動きを作っています。
主軸通貨が前半の通貨で、決済通貨が後半の通貨になります。

一目均衡表

一目で相場の流れが崩れ動くかの優位性を判断することができるインジケーター。
7年かけて開発されたとされ、日本人が構築したテクニカル指標ですが、海外でも多くのトレーダーやファンドマネージャーに支持されるインジケーターです。
主に5本のラインを活用します。
「転換線(1本)」「基準線(1本)」「先行スパン(2本)」「遅行スパン(1本)」

スクイーズ

スクイーズとは「絞り出される」という意味で、簡単に言えばレンジ相場です。
エクスパンションする前に起きると言われています。
この現象のことをスクイーズといいます。また、ブレイクとも近い意味になります。
基本的にはボリンジャーバンドでの用語として活用されています。
また、下に大きく動く時の手前のレンジをショート・スクイーズとも呼ばれたりします。

移動平均線

移動期間を設定することで、相場の平均値を表す事ができます。
その点のように出てきた数値を毎日のように相場に表示され、その過去の過去の位置と現在の位置をひたすら取得するので、その位置を結ぶと折れ線ぐらむになります。
これが移動する様に平均値を取得して表示するので、移動平均の線のように見えることから移動平均線と言われます。
また、移動平均線を活用してインジケーターが新たに作られていることから基礎のインジケーターとして活用する人が多い。
また、単純移動平均線とも呼ばれます。

移動平均乖離率

移動平均線との離れぐわいを計算し%で表記できるインジケーターです。
移動平均線から離れた値動きはまた、移動平均線に戻る傾向があるとされており、その戻る確率を確認できるのが移動平均乖離率。
主に、逆張りで活用されやすい。

バンドウォーク

バンドのように表示らグラフに沿ってチャートが進む様子がボンドを歩いているように見えるため、バンドウォークと呼ばれています。
主にボリンジャーバンドで使われる用語です。

エリオット波動

米国:経済哲学者「ラルフ・ネルソン・エリオット」が確立した分析理論。
エリオット波動(Elliott Wave)は推進波と修正波の2つの波から理論だてた分析理論で、推進5波と修正3波で説明できます。
理論と言ってもダウ理論のように分かりやすいものではなく、人それぞれ見方や使い方がことなります。なので、チャートパターンの1つとして活用する事が良いかと。

フィボナッチR/E

イタリアの数学者「レオナルド・フィボナッチ」が確立した数。
複数ありますが、ここでは「フィボナッチ・リトレースメント(R)」と「フィボナッチ・エクスパンション(E)」がメインで多くのトレーダーに活用されています。
負数の数値に抵抗を判断できるのがフィボナッチ数ですが、その中でも一番聞くとされているのが「38.2%」と「61.8%」です。
分析したい高値と安値にラインを引くことでフィボナッチ数が表示され、その部分が抵抗体として機能するといった使い方になります。

グランビルの法則

米国のチャート分析家「ジョゼフ・E・グランビル」が考案。
移動平均線と値動きの広がり(乖離)の割合を確認することで、判断する法則。
買い4と売り4で相場は成り立つという法則。

エクスパンション

スクイーズの後に起きる大きな上昇や下降。
この時、ボリンジャーバンドの上下のバンド幅が大きく開くサインが出ればエクスパンションしている状態です。

ダイバージェンス

逆の動きをしていることをダイバージェンスといいます。
FXなどで使われていますが、これが使われる例としては、オシレーター系のインジケーターと値動きが本来同じ方向を向くのですが、極稀に逆行する場合があります。
こういった例がな逆行した動きはトレンドの転換でよく見られるとされ、トレンド転換を見極めるのに適しています。

チャートパターン

チャートパターンとは、チャートの形のことです。
チャートパターンと知っても何種類もあるのでチャートパターンを覚えるとかなり有利な取引ができます。

ストキャスティクス

RSIと同じく買われすぎ売られ過ぎを確認できるインジケーターです。
主に2本のラインを活用して情報を読み取ります。

指数平滑移動平均線

指数平滑移動平均(EMA)とは英語で(Exponential Moving Average)の略。
その名の通り、滑らかに移動するという意味。

三角保ち合い・フラッグ

三角持ち合いはチャートパターンの1つ。
三角持ち合いの中でレンジになり、そこから外れすとブレイクすると言われているのが三角持ち合いです。
三角持ち合いはペナントとも言われています。
また、三角持ち合いの変形型として、アセトラ・ディセトラと言うチャートパターンにも派生。

バックテスト(過去検証)

バックテスト(過去検証)とは、過去のチャートを眺めて、分析して、データを取ったりして過去の値動きを分析して検証していくことを意味します。

ゴールデンクロス(GC)&デッドクロス(DC)

2本の移動平均線が上昇方向にクロスすればゴールデンクロス(GC)と呼びます。
2本の移動平均線が下降方向にクロスすればデッドデンクロス(DC)と呼びます。

ボリンジャーバンド【1σ(シグマ)2σ(シグマ)3σ(シグマ)】

ボリンジャーバンドは上下にラインを持ってきてその動きで、
スクイーズやエクスパンションなどを分析できるインジケーター。
シグマと現在価格の上に位置するラインのことを1シグマと呼びます。
更に上にあるラインを2シグマその上が3シグマです。
また、下にあるラインをマイナスシグマと呼びます。

無料でテクニカル分析UPしませんか?

ザオプションの「theoption PRO」はテクニカル分析スキルUPに最適です
なぜ、ザオプションの「theoption PRO」を使うことでスキル上達につながるのか?理由は最低1分のチャートローソク足と最低10秒足の高速分析の違いです。詳しくは下記の記事で解説。
»【ザオプション プロ/theoption PRO】を活用して【テクニカル分析スキルUP】

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

BO/FX/仮想通貨FXカテゴリの最新記事