初めましての方へ

バイナリーオプション【ブレイクアウト】トレンドとレンジ

バイナリーオプション【ブレイクアウト】トレンドとレンジ

バイナリーオプション情報を取得したい人へ【網羅情報まとめ】
バイナリーオプションというジャンルで情報をまとめた記事をまとめた記事が下記になります。「記事が多すぎてたどり着けないよ」って方は下記の記事から探すと見つけやすいかもなので、興味がある人限定でためし読みしてみてくださいね!
BOまとめ記事はこちら(こちらの記事から、すべてのBO記事情報にたどり着けるようになっています)

【無料手法公開中】バイナリーオプションを始める方へ【初心者向け】
初心者の人は何から始めたらいいのか分からず、どれが正解かもわからいですよね。なので、過去の僕のように悩んでいた人に情報が届いたら嬉しいなと思い公開。単純に過去の僕のように本気の方に読んで欲しいだけなので、参考程度にどうぞ。楽ではないが汎用性が高い方法です。
» 【無料公開】バイナリーオプションBO・FX手法【テクニカル分析】

バイナリーオプション【ブレイクアウト】トレンドとレンジ

バイナリーオプションのブレイクアウトにはトレンドとレンジの2つの種類があります。

そこで今回は、トレンドとレンジに分けていき、バイナリーオプションのブレイクアウトについて説明していきます。

基本的には抵抗ラインをブレイクアウトした後、戻り売りや戻り買いをメインに狙っていく方法になります。

実際の例はこちら

こちらは下記でも解説していきますが、三角持ち合いのブレイクアウトです。

その後に、戻ってきたところを狙い撃ちというイメージです。

もしも、このまま加工してしまうときはすかさず損切りを入れていきます。

こういった手法で取引すると損小利大になるので、おすすめです。

こういう取引をする上でも、バイナリーオプションに限らず、FXでも重要になってきます。

もちろん株も同じです。

そのため、初心者はここだけ理解するだけでも、ガラリと変わる取引ができるかと思いますので、ぜひここで学習してみてください。

始めに行っておきます。難しくなく「超簡単」です。

バイナリーオプション【トレンドブレイクアウト】について

バイナリーオプションのトレンドブレイクアウトはずばり言うと、斜め線(ライン)を超えたらブレイクアウトになります。

これだけです。

上記のように、ブレイクしたた上にエントリーを考えるパターンです。

このように簡単に分析することができます。

また、トレンドラインが上昇と下降を繰り返しどんどん狭まる場合もあり、そういった場合は高い確率でどちらかにブレイクします。

それ例が下記の画像です。

上記のようにトレンドラインを活用することで、ブレイクするタイミングをある程度履かれます。

また、この形のことを三角持ち合いと呼ばれており、この形はレンジの仲間として認識されています。

レンジブブレイクにいては下記で改めて紹介します。

しかし、それだけでは正しい取引ができないかと思いますので、かんたんな条件を設けます。

  • 条件①【2つ以上の頂点を通るラインを引く&根拠足し】
  • 条件②【大きなトレンドの中に小さなトレンドを確認する】

上記のように、2つ以上の頂点を結ぶとトレンドラインが引けますが、その後、戻り買いをしたいわけですが、どこで買ったらいいか・・・。

そんなときに根拠を足します。

画像ではトレンドラインの他にも、根拠を足してみました。

  • 抵抗ライン(白色:横ライン)
  • チャネルライン(灰色:上昇の2つのライン)
  • 三角持ち合い(黄色:斜めのレンジから小さく)

このように根拠は足していけますが、多すぎても度のラインをメインに見ていけばいいのかわからなくなる場合があるので、引き過ぎには注意。

しかし、このように見ると三角持ち合いをブレイク後、チャネルラインの上昇に乗り、白いラインの抵抗をブレイク下辺りの戻り買いが良さそうだと判断できますよね。

つまり、この部分はネックラインのブレイクアウトエントリーと言えます。

また、ブレイクアウト後の戻ってきて上昇する値動きはエリオット波動の4波5波とも言えますよね。

これが、根拠足しですが、その逆の根拠も見つければ見つかるので、どちらのほうが確率が高いかという視点で分析できるようになると利益もスキルも積み上がるようになります。

こちらは、1つの画面ですが、マルチタイムフレーム分析というように複数の時間足で分析することを忘れないようにしましょう。

このように、いろんなしてから見るといろんな落とし穴が隠れているのを発見できます。

そういった落とし穴に気づけばかなり成長している証拠なので、それをPDCAサイクルを回しながらすすめるだけです。

ちなみにですが、先程の予想はこんなイメージに近いです。

この逆のパターンを下記のように考えられるのであらゆる可能性を考えて分析するのがベスト。

バイナリーオプション【レンジブレイクアウト】について

これがレンジのブレイクになります。

ギザギザしており最終的にうわ抜けるというイメージです。

ここでも、実は三角持ち合いが隠れていたりします。

また、下記の画像を見てもらえればわかるように、三角持ち合いと共に、トレンドのブレイクアウトも確認できますね。

もうこれ以上説明は同じなので、割愛しますが、上記の画像で見てもらった画像も下記のようにラインが引けます。

基本に僕が注目しているのは下記のとおり。

  • トレンドラインブレイクアウト
  • レンジラインブレイクアウト
  • 三角持ち合いブレイクアウト

上記の3つを意識すればほぼほぼOKです。

また、余裕がある人はチャネルラインという同じ感覚で横線が引け、斜めも確認できるラインを活用知ると更に相場が見える化できます。

具体的な見える化は下記の画像のとおりです。

実はこの連続なんですよね。

本当に相場はこれの繰り返しなんですよね。

こう見ると超簡単ですが、実際はなかなかうまく行かないのが投資です。

また、ダマシというのも、こういったいろんな波や抵抗体がひしめいている部分で派生しているので、騙された部分をよく観察すると三角持ち合いや強い抵抗ラインが隠されていたりするので要チェックです。

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

BO/FX/仮想通貨FXカテゴリの最新記事