初めましての方へ

【まとめ】バイナリーオプションの逆張り情報

【まとめ】バイナリーオプションの逆張り情報

関連記事:【逆張り】勝てない理由と勝つ思考《バイナリーオプション版》

バイナリーオプション『逆張りとは』

値動きの逆に張ることです。

多くは順張りの方が勝ちやすいのが一般的ですが、順張りの流れを把握した場合には逆張り出会っても効果的に勝つことができます。

実際には、トレンド中には休憩地点がいくつか訪れますよね。

FXなどでは、その休憩地点を狙うと値幅が取れないので、あまり良い取引ではありませんが、バイナリーオプションは逆に良い方向に向かい場合があります。

それは、滞在率です。

つまり、上昇トレンドの場合の休憩地点を思い浮かべてください。

その時は休憩地点となる押し目地点がほぼほぼ重なり、場合によってはエリオット波動が数えられる波が起きているかと。

バイナリーオプションの逆張りイメージ説明
※他の記事での画像なので、エントリー金額やザオプション画面は関係ありません。

つまり、このエリオット波動が形成されたとき、かなりの確率で上昇トレンド内の下落トレンド滞在率た長くなります。

つまり、このとき下にかけておけば値動きが上下してハラハラしますが、高確率で時間がかかり下にいる滞在率が長くなるので、以外に勝ちやすいという場合があります。

とはいえ、初心者はこういった場所を見つけるのは難しいかと思いますよね。

練習を積み重ねてある程度理解できた人のみ試すと良さそうです。

バイナリーオプション『逆張り/時間帯』

そこで、バイナリーオプションでの逆張りでどの時間帯でエントリーすれば勝ちやすいか、というのがあれば知りたいですよね。

多くは相場の開始時間と終了時間を避けて、値動きが多くなる時間帯がベストと言われています。

でも僕は、性格上の違いで、時間帯に左右される投資は楽しくなと感じているので、個人的にはどこでも良いかと。

時間帯はどこでもいい。

では、その場合に「どこが逆張りの狙い目なのか?」と疑問が生まれますよね。

僕の場合ではありますが、トレンドの終了地点か、レンジかと。

先ほどお話したトレンドの休憩地点が一番わかり易いかと思います。

また、レンジと言われる横ばいや、横ばいの変化型として、三角持ち合いなども逆張り向きです。

三角持ち合いをブレイクしたあとはトレンドになります。

というように、どこにもチャンスがある分、分析難易度やセンスが問われてくるのでおそらくチャンスは増えますが、難しいかと。

バイナリーオプション『逆張り/インジケーター』

逆張りとして使うインジケーターは色々ありますが、一般的なものを上げると下記のようなインジケーターが多いかと。

  1. RSI
  2. ZigZag
  3. 移動平均線
  4. ボリンジャーバンド
  5. ストキャスティクス

すべて使ったことがあり、どれもいい感じですが、僕個人的にはかっこよさを重視しており、また、他の人とが使っていないようなインジケーターを使いたい思考の性格なので、少し、トリッキーではありますが、下記がおすすめです。

  • ハーモニックパターン
  • 自動表示抵抗ライン

この2つで、大体の動きは捉えられ、あとはテクニカル分析でメイン分析を行えばOKかと。

矢印は試験用に試しているインジケーターなので無視してください。
下降トレンドでの逆張りでも全く同じです。

ハーモニックパターンはあんまり使えないかもですが、このラインインジケーターはいい感じかと。

この画像を見てもらえれば、分かる通り、逆張りとして活用することができます。

こちらはかなり難しいので先ほど紹介した簡単なインジケーターを活用するほうが良いでしょう。

しかし、僕みたいにかっこいいなと感じた方は試してみるのもありかと。

バイナリーオプション『逆張り/手法』

逆張り手法は順張り手法を理解してから、手を出しましょう。

理由は難しいからです。

とはいえ、実際やってみて覚えていくのが一番早いので、失敗を恐れず挑戦していく決意がある方はガンガン練習しましょう!

基本的には、下記のテクニカル分析をマスターした人は自然と逆張り手法が作れますので、興味がある方はぜひ。

【無料公開】バイナリーオプションBO・FX手法【テクニカル分析】

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

BO/FX/仮想通貨FXカテゴリの最新記事