初めましての方へ

【厳選】バイナリーオプションの【取引タイミング(エントリーポイント)】

【厳選】バイナリーオプションの【取引タイミング(エントリーポイント)】

バイナリーオプションのエントリーポイントやタイミングってどうすればいいの?

その悩みに答えます。

  • エントリーポイントは波の頂点です
  • エントリータイミングは強い根拠を過ぎた後です

これで以上です。しかし、これではどんな感じで取引して行くのかわかりませんよね。

なので、僕個人的な見解を加えつつ、下記で紹介していきます。

バイナリーオプション情報を取得したい人へ【網羅情報まとめ】
バイナリーオプションというジャンルで情報をまとめた記事をまとめた記事が下記になります。「記事が多すぎてたどり着けないよ」って方は下記の記事から探すと見つけやすいかもなので、興味がある人限定でためし読みしてみてくださいね!
BOまとめ記事はこちら(こちらの記事から、すべてのBO記事情報にたどり着けるようになっています)

【無料手法公開中】バイナリーオプションを始める方へ【初心者向け】
初心者の人は何から始めたらいいのか分からず、どれが正解かもわからいですよね。なので、過去の僕のように悩んでいた人に情報が届いたら嬉しいなと思い公開。単純に過去の僕のように本気の方に読んで欲しいだけなので、参考程度にどうぞ。楽ではないが汎用性が高い方法です。
» 【無料公開】バイナリーオプションBO・FX手法【テクニカル分析】

【厳選】バイナリーオプションの【取引タイミング(エントリーポイント)】

まずは、個人的に良さそうなエントリーポイントを厳選しました。

今回は4つほど、下記の画像に書き込んでみました。

どうでしょうか?

納得いきますか?

どういう基準でのエントリータイミングなのかわからない人はこの記事でわかりやすく解説しているので、読んでみてください。

また、今回のエントリーポイントの1つを紹介するだけでも、かなり長くなってしまうので、かなり厳選し、割愛しています。

特にマルチタイムフレーム分析は割愛してできている前提で話しているのでMTF分析がまだ理解していないよって方はこちらのマルチタイムフレーム分析のリンクから確認してくださいね。

これが個人的に厳選したエントリーポイントです。

これで終わりですが、実際にエントリーポイントはわかったけど、取引するタイミングがわかりませんよね。

なので、今回はそのバイナリーオプションの【取引タイミング(エントリーポイント)】について深堀りしていきます。

その思考を下記で解説していきます。

【思考】バイナリーオプションの【取引タイミング(エントリーポイント)】

一番初めにあるエントリーポイントに絞り解説します。

ざっくりした分析内容は下記のとおりです。

根拠としてはこんな感じです。

チャート上に表示してあるハーモニックパターンは個人的に好んで使っているだけなので、使いたい人はどうぞというイメージで、サポート要員です。

なので、気にしないでください。

そして、上記のエントリーポイントを拡大してみるとこんなイメージです。

分析内容はほぼ同じで、ただ単にエントリーポイントを絞り、そのエントリーポイントの中で一番効率的なエントリータイミングを見つけてくイメージです。

なので、はじめのエントリーポイント絞りを見するとすべて間違ってしまい負けてしまうので、気おつけましょう。

また、正しく分析できても、相場がテクニカル分析の通りに動くことはなく、確率が少し上がる程度なので、損切りをする前提でエントリーしてください。

また、バイナリーオプションだから勝率重視でいいでしょという考えでの取引ではないので、リスクリワードは常に、1対2以上にしましょう。

こちらの画像ではフィボナッチ・リトレースメントを表示しており、その端に、 リスクリワード を見やすく表示しています。

参考程度に確認してみましょう。

本題に戻り、画像を確認してみてください。

前回の画像の三角持ち合いの中に、ミニ三角持ち合いを見つけました。

という感じで、実はただ小さくなっているだけです。

つまり、同じ分析で分析していきます。

とはいえ、こういった「エントリーポイントをどんな目安で探しているの?」とまだ難しく理解できていない人もいるかと。

そんな方にとてもわかりやすく説明するとレンジの頂点付近がエントリーポイントになります。

つまり、レンジでの折返しです。

実は、最終的に大きいのも小さいのも、レンジでの折返ししか見ていません。

その裏付けとして、下記の画像を用意しました。

違う例で見てみると下記のような画像がわかりやすいかと思い、ピックアップしました。

バイナリーオプション30秒取引攻略【エントリータイミング】

どうでしょうか?

青い部分がエントリーポイントになります。

そして、赤い矢印が利益の幅で、青い部分からはみ出て、赤い矢印に進めば利食いで、その方向と逆に行けば損切りというイメージです。

ざっくりとですが、僕の思考はこんなことをイメージしています。

この転換点を見つけるにはレンジかどうかを見ればOK。

ちなみに、三角持ち合いもレンジなので、チャネルラインか、三角持ち合い、平行ラインのどれかいずれで、必ず、ギザギザに価格が動いています。

こういうポイントでエントリーを検討しましょう。

また、先程の分析の解説以外にもこういった見方でも分析もできます。

つまり、分析方法は違うけど、同じような部分でエントリーポイントを見るけることができます。

この精度が上がれば、違う分析なのに、エントリーポイントが同じになります。

どんな分析でも、やっぱりこのポイントはエントリータイミングとして有効的だなと思えるポイントこそ、本当に良いエントリーポイントです。

他の分析も上記で説明した内容を活用し、応用するだけで、同じエントリーポイントになるかと思います。

すべてのエントリーポイントを解説していると、記事が長くなってしまうので、このへんで割愛しますね。

詳しい分析内容はこちらの記事【無料公開】バイナリーオプションBO・FX手法【テクニカル分析】で紹介しています。

【応用】バイナリーオプションの【取引タイミング(エントリーポイント)】

今回はフィボナッチ・リトレースメントを使っていますが、これが使えないや根拠が薄い場合には、他の、根拠を付け足さないとエントリー出ませんよね。

そこで、基本的にフィボナッチ・リトレースメントを活用するのが一番ラクなのですが、聞かない場合の代替案として、応用できる代わりのおすすめを紹介します。

フィボナッチ・リトレースメント

フィボナッチ・エクスパンション

ウォルフ波動

つまり、有効性がある分析であれば、何でもいい。

これが事実なので、手法というよりは考え方や適した場所で適したものを使うとしっかり活用できます。

こんなイメージで、いろんな有効性を応用していくことでスキルの上達が見込めます。

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

BO/FX/仮想通貨FXカテゴリの最新記事