バイナリーオプション【グラフの見方】

バイナリーオプション【グラフの見方】

2021年11月18日

バイナリーオプション情報を取得したい人へ【網羅情報まとめ】
バイナリーオプションというジャンルで情報をまとめた記事をまとめた記事が下記になります。「記事が多すぎてたどり着けないよ」って方は下記の記事から探すと見つけやすいかもなので、興味がある人限定でためし読みしてみてくださいね!
BOまとめ記事はこちら(こちらの記事から、すべてのBO記事情報にたどり着けるようになっています)

【無料手法公開中】バイナリーオプションを始める方へ【初心者向け】
初心者の人は何から始めたらいいのか分からず、どれが正解かもわからいですよね。なので、過去の僕のように悩んでいた人に情報が届いたら嬉しいなと思い公開。単純に過去の僕のように本気の方に読んで欲しいだけなので、参考程度にどうぞ。楽ではないが汎用性が高い方法です。
» 【無料公開】バイナリーオプションBO・FX手法【テクニカル分析】

おそらく、バイナリーオプションでのグラフの見方を気になっている人がこの記事にたどり着いたかと思います。

そのため、バイナリーオプションでのグラフの見方について解説します。

バイナリーオプション【グラフの見方】

バイナリーオプションでのグラフの見方についてはおそらく「グラフ」=「チャート」だと思います。

また、さらに、細かいことを言うと「チャート」は基本的に「ローソク足」ですよね。

しかし、バイナリーオプションの画面にはチャートはありません。

もちろん、ザオプションや数少ないBO業者しか確認することができません。

なので「グラフ」=「BO取引画面」というのが正しい認識です。

おそらく、このバイナリーオプションのグラフ(BO取引画面)の見方を知りたくてこの記事を読んでいるのではないでしょうか?

もしそうであれば、見方も教えますが、もっと深堀りしてより良くグラフを見ていく方法も教えます。

では、早速見ていきましょう!

バイナリーオプション【グラフ】=【BO取引画面】か【ローソク足】です

厳密に言うと、全部チャートというのですが、それだと分かりにくいですよね。

なので、ここではグラフのことを「BO取引画面」意味で統一します。

では、バイナリーオプションのグラフの見方をかんたんに説明しますが、基本的にローソク足チャートで分析するときと同じ分析をします。

ただ、折れ線グラフの下に色が塗られているかと、ローソク足で形成されているかの違いです。

分析方法の違いで見方が変わっていますが、もとは同じ価格の過去から現在にかけて集まったレートがグラフになります。

なので上が価格の上昇で、下が価格の下落です。

味方はこれで終わりです。

「いや・・・見方ってそういう見方もそうだけど、分析する際の見方が知りたいのだけれど・・・」という方いますよね。

そう思ったので、下記でグラフの見方(分析方法)を解説します。

バイナリーオプション【グラフの見方】の分析方法について

操作方法の解説はこちら

操作方法については、上記の記事から学べますが、グラフの見方であれば、サクッと解説できるので、こちらでお話しますね。

グラフの左にある赤と緑のバーのようなものは取引の量がどれだけあるのかというバーになります。

そして、本題のチャートは、水色の部分ですよね。このグラフの動きが上に行ったり下に行ったりするのですが、エントリーしたポイントから下がると予想をし、Lowエントリーで下がれば勝利です。

上のエントリーでも同じイメージです。

あとは、グラフ画面内にインジケーターを追加したり、ズームやズームアウトをして、画面を調整したりします。

これぐらいですね。

とはいえ、やはり個人的にはチャート(ローソク足)で分析したほうが良いかと考えています。

BOはFX入門として最適です

BOはFXのレバレッジ計算や、資金管理など、難しい内容を省き、すぐにテクニカル分析を上達するためにはとても最適です。独学情報もあるので気になる方は気軽に学習できます。
» 【独断と偏見】バイナリーオプションは【独学が最強です】

まとめとボーナス情報

バイナリーオプションおすすめ業者は?
お得に始めたい初心者はザオプション。利益を出せるようになった中級者はハイローオーストラリアという使い分けが良いのかなと思います。下記の記事でもとても簡単に解説しています。
» 【厳選2社限定】バイナリーオプションのおすすめ海外業者【初心者・中級者向け】