初めましての方へ

バイナリーオプション【FXとBOのスプレッド】の『違い』について

バイナリーオプション【FXとBOのスプレッド】の『違い』について

バイナリーオプションのスプレッドってFXと同じですか?

結論から言うと違います。

しかし、同じ言葉なので、よく間違えるかもですが、そもそも論認識が違うのでその違いについて簡単に解説していきます。

バイナリーオプション【FXとBOのスプレッド】の『違い』について

FXとBOのスプレッドの認識は似ていますが、違います。

名前が同じなので、同じだと思いこむ方がいますが、個人的には違うと考えています。

そのスプレッドの違いについてはこちら

  • FX:エントリーしたポイントよりも不利な位置にずれる事(純粋な価格の差額)
  • BO:エントリーしたポイントよりも不利な位置にずれる事(取引タイプの差額)

ざっくりですが、違いを表すとこの取引タイプというのが違います。

つまり「購入時(エントリー)と売却時(転売、締切、利確)の差額(通貨ペア価格の差額)」です。

少し難しい言い回しをしましたが、とても簡単に行ってしまうとエントリーしたとき、不利な位置で約定するイメージでOKです。

これがスプレッドです。

簡単な例を出すと10という数字の価格でエントリーするとします。

普通の取引では、この10より上か下かで勝敗をつけますが、スプレッド取引では、上にエントリーしたら、10でエントリーしたのにも関わらず、8で約定するイメージです。

つまり、-2がスプレッドとして引かれ約定します。

逆に、10の位置で下にエントリーした場合に、12になります。

つまり、+2になります。

こんなイメージで、少し不利になるイメージです。

とはいえ、不利になる変わりにですが、ペイアウト率が少し増えます。

これがバイナリーオプションでのスプレッドの意味で、これをスプレッド取引といいます。

FXの場合にはスプレッドが常にあり、スプレッドが広いか狭いかや、時間帯やタイミングでスプレッドの乖離が大きく変動します。

ですが、バイナリーオプションは、どこでエントリーしても一定の差額のスプレッドとなっており、1分の場合は少しで、1時間の場合には1分よりも大きなスプレッド幅が開くという取引時間で変動するタイプのスプレッドになっています。

これが、FXとBOのざっくりとしたスプレッドの違いです。

また、今回は海外版でお話しましたが、国内と海外でもそもそもルールが違うので、また違ったスプレッド感覚になりますが、長くなるので割愛します。

こちらで、国内と海外の用語集を記載しているので、参考にどうぞ。
» バイナリーオプションの業者と国内/海外の特徴【用語集⑤】

参考記事:【15分取引はある!?】ザオプション【ペイアウト率・通貨ペア・スプレッドまで解説】《theoption》

バイナリーオプション【スプレッド】の『メリット・デメリット』

BO【スプレッド】の『メリット』BO【スプレッド】の『デメリット』
ペイアウト率が高いペイアウト率は高くなるが、勝率低下
取引のモチベーションが高まるチャンスが減りエントリーが難しくなる
スプレッド戦略を考え始める(新たな戦術)新たな戦術を生み出すのがめんどくさい
損小利大の「利大」を伸ばせる損率がUPしてしまう
高い確率で勝てそうなエントリーしかしなくなる今までギリギリ勝てていたポイントで敗北
根拠が高くリスクリワードが優秀なポイントが目に入るエントリーできなくて退屈で、楽しくなくなる
ワクワクするハラハラする

ざっくりいうと上記のようなメリットとデメリットが起こりえます。

つまり、これらはかなにスプレッドを行うことで得られるメリットと失うデメリットが相関関係に有るかと。

すべての人におすすめはしていませんが、ある程度投資の経験があり、損小利大を追求している人であれば、考える内容だったりしますが、少なくとも数年してから手を出したほうが良さそうな領域かと。

初心者は基本的に手を出さなくてOKです。

めちゃくちゃ戦略や戦術を考える人向けです。

ストイックな方なら向いているかと。

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

BO/FX/仮想通貨FXカテゴリの最新記事