【FX本】投資での大衆心理系のまとめ紹介

【FX本】投資での大衆心理系のまとめ紹介

2022年2月23日

相場心理を学びたい方はこちら、ゾーン — 相場心理学入門

※落ち着いて読書が難しい人はこんなサービスもあります。

  • 忙しい方
  • 短時間で読書をしたい方
  • 要約読み放題は2,600冊以上

評価 :5/5。
一冊10分で読める本の要約サービスflier(フライヤー)

何冊も本を読みたい方はこちらのサービスも目を通しておくと良いかもしれません。多くの本を読む人はお得です。flierは、本を読む時間がないビジネスパーソンにぴったりの読書ツールで超時短も可能。
一冊10分で読める本の要約サービスflier(フライヤー)です。

【FX本】投資での大衆心理系のまとめ紹介

よく紹介されている本が上記の本です。

こちらは、上記の本の人と同じ人が書いています。

ザ・トレーディング──心理分析・トレード戦略・リスク管理・記録管理

上記の本はAmazonの方が値段が安いので、購入する際はアマゾンがおすすめです。

こちらは、大衆心理とは書いていないですが、心理学系の内容です。

【FX本:大衆心理】について個人的な解説

大衆心理とは、多くの人が賛同する方が正しいのではと思いこむ現象です。

つまり、FXでも同じことが言えます。

上昇すると、多くのトレーダーが上にエントリーした場合には、相場の多く人が上にエントリーしているため、自分も上にエントリーすることが正しいと思う状態です。

ここで、多くの人が勘違いしがちなことがあります。

それは、大衆心理に従いトレードすることが勝てる方法ではないということです。

また、その逆も同じです。

「??」

と感じましたようね。

その疑問を解決したいと思います。

実は大衆心理には2つの大衆心理があります。

  • 上級者トレーダーの大衆心理
  • 初心者トレーダーの大衆心理

つまり、多くはこの2つをごちゃまぜにしているから、大衆心理を意識しても勝てません。

勝つ方法としては、上級者トレーダーの大衆心理を読むことです。

初心者トレーダーの大衆心理がわかれば、上級者トレーダーの大衆心理がわかります。

なぜなら、基本的にこの2つの大衆心理は逆になっている事が多いです。

しかし、あくまでも個人の感覚的な思考も含まれているので「なるほど!」と納得せず、自分で確かめる必要があります。

個人的な内容ではありますが、ある程度大衆心理にも触れている記事があるのでどうぞ。

もしも「そんな高度な心理状況を読み取ることなんて無理だよ!」と思った人は安心してください。

実は、それを簡単にわかる入門的内容がまだあります。

それが、ダウ理論です。

おそらく、大衆心理を読み解くよりもダウ理論を理解するほうが簡単で早いかと。

【FX本なしでの【大衆心理】や【投資】関連本

深い内容ではなく、未経験者を対象としている本らしいので、超初心者には楽しんで読める内容みたいです。

また、FXというよりは投資という全体図というイメージで、読む本かと思います。

あとはFXにに関係ないかもですが、大衆心理系の本を集めてみました。

他に上記のような大衆心理系の本もありますが、FXに特化していない文ただの情報にしかならないので、おすすめしません。

とはいえ、ただの知識欲や探究心として深堀りしたい人はいるかと思うので、そういった方には気になるほうかもです。

※落ち着いて読書が難しい人はこんなサービスもあります。

  • 忙しい方
  • 短時間で読書をしたい方
  • 要約読み放題は2,600冊以上

評価 :5/5。
一冊10分で読める本の要約サービスflier(フライヤー)

何冊も本を読みたい方はこちらのサービスも目を通しておくと良いかもしれません。多くの本を読む人はお得です。flierは、本を読む時間がないビジネスパーソンにぴったりの読書ツールで超時短も可能。
一冊10分で読める本の要約サービスflier(フライヤー)です。