XMTradingで失敗しないおすすめ戦略【少額から最速戦略】

【金融庁公認?】ザオプション(theoption)の安全性【日本語サポートある!?】

【金融庁公認?】ザオプション(theoption)の安全性【日本語サポートある!?】

【金融庁公認?】ザオプション(theoption)の安全性【日本語サポートある!?】

ずばり、日本の金融庁指摘されています。

とはいえ、ザオプションだけではなく、海外バイナリーオプション全体です。

また、海外位のFXも大きなロット数を貼ることができる代わりに、日本の金融庁から良くない目で見られている保は確かですが、それは日本人の特有の思考です。

とはいえ、危ないと思っているのであれば、手を出さないほうが得策です。

そもそもそういったリスクを覚悟の上で取引するのが投資です。

また、仮想通貨なんてもっと掴みどころがなく安全とは言えませんが、多くの人が手を出しています。

つまり、自分がやりたいのであれば、止めませんが、基本的にリスクを取らないとリターンを永遠にありません。

本記事で理解できる内容

・ザオプションのセキュリティの前にサービス内容について

・ザオプションのサービス&セキュリティ

・ザオプションのセキュリティが安全な理由

ザオプションのセキュリティの前にサービス内容について

ザオプションのセキュリティの前にサービス内容について

ザオプション公式サイト:https://jp.theoption.com/ja-jp/service-guide

上記の記事を読みわかりやすく噛み砕いて説明していきます。

トレンドトレーディングとザオプションの公式サイトでは説明しています。

・「トレンドトレーディング」=「バイナリーオプション」

大まかなサービス内容はこちら

・約定の素早さ/高いペイアウト率

・登録無しでデモ取引が可能

・資金は分別管理しているので安心

・今後国内銀行での送金が可能に(現在準備中)

・出金が素早く行える

上記ののような内容がザオプションの主なサービス内容になります。

では、本題セキュリティ面について見ていきましょう。

ザオプションのサービス&セキュリティ

ザオプションのセキュリティの前にサービス内容について

今回はこの4つの要素を初心者にもわかりやすく噛み砕いて行きます。

・最新型プラットフォーム

・高いサービス水準

・国際的な規制に準拠

・迅速な出金対応

最新型プラットフォーム

バイナリーオプションの中でも取引画面のデザインやシステムが際立っているのがザオプションです。

単純にデザイン性が他のバイナリーオプションよりも際立っている用に感じます。

また、日々サイトの見え方やデザイン性にもこだわっており、どんどん進化している用に感じました。

理由は、度々ザオプションのサイトを見に行くとデザインが少し変わっていたりと、日々進化しています。

現在ではビットウォレット(bitwallet)という海外の安全性が高いネットの中の財布というイメージのサービスを就寝としています。

このサービス以外にも国内銀行が「準備中」となっているので、日本国内の銀行も使えるようになるので、ザオプションの人口はここでかなり増えることでしょう。

ビジネスの先行投資という観点から見てもとてもメリットが大きい最新型プラットフォームだと僕は思っています。

高いサービス水準

基本的にはビジネスなので、営業などのメールが来てもおかしくないですが、最新のキャンペーン情報くらいで、営業メールは来ません。

これは、とてもサービスを快適に活用するための要素としてあえてしていないと言っています。

底代わりではありますが、サイトに訪れた時に広告が表示されますよね。

それでバランスを取っている事もあり、サービス提供をする上で快適を追求しています。

勿論、不当な手数料など一切取りません。

記載されているので、しっかりと運用していく人には心強い内容だと思います。

言葉約束だけではなく、次の項目ではしっかりとしたくに「国際的な規制に準拠」についてお話します。

国際的な規制に準拠

はず、上記でもお話した「分別管理」という言葉がありましたが、2つの管理方法がります。

・一括管理

・分別管理

資金を個人のお金で管理するか、まとめて資金を管理するかの2つの方法があります。

ザオプションでは、業者側の裏管理システムが個人のお金を他の人のお金と一緒にしない管理方法です。

これにより、資金管理の安全性が保たれます。

迅速な出金対応

ペンディングタイムなどの土日では手数ようが上がります。といった内容や不正な出金太陽はしないという記載があります。

つまり、いつでも素早く出金ができるので安心して取引できる事がわかります。

他に知りたい情報があれば公式サイトのよくある質問で確認ください。

公式サイトの「よくある質問」はこちら:https://jp.theoption.com/ja-jp/trading-faqs

ザオプションのセキュリティが安全な理由

『theoption(ザオプション)』安心&信頼性

『theoption(ザオプション)』は安全と信頼度が高いと言われています。その理由を解説していきます。

やはり、自分の大事な資金を使って取引していくに当たり、安全性は一番大事なことだと思います。

一番安全性が理解できる理由としてライセンスの取得済みという点にあります。

つまり、金融機関が許可した公認業者が『theoption(ザオプション)』です。

それを証明するのが、営業ライセンス番号になります。この番号は『theoption(ザオプション)』のホームページの下記に記載されています。

ライセンス取得済み

ザオプションのセキュリティの前にサービス内容について

上記の記載通り、ライセンスを取り承認を受けているのでセキュリティがしっかりされています。

Finantsinspektsioon (Estonian Financial Supervision and Resolution Authorit:エストニアの金融監督庁) により金融機関として認可されています。

※最新追記情報2021/01/20にザオプションから、金融機関ライセンス番号が変更されたので追記しました。

ライセンス発行元:エストニア金融情報機関(EFIU) 

運営ライセンス番号:FFA000397

こちらが最新の情報です。

有効性の開始期間が2020年なので、新しいサービスですよね。ですが、新しいサービスには成長する気持ちや勢いがあります。

今のうちに参入しておくことで、投資の入り口としては最高のプラットホームといっても個人的には問題ないかと思います。

勿論、ザオプションの利用契約に書いてある通り、投資資金を溶かしても自分の責任なので、決意が決まった人だけ取引していきましょう。

サービス&セキュリティ面の詳しい詳細公式サイトをご確認ください。

取引する環境ができている方は口座開設しましょう。

開設のやり方

» theoption(ザオプション)の無料口座開設【時間かかりません】

ザオプション公式HP

» ザオプション公式ホームページへ

ザオプション《安全性》のまとめ

【安全】➡【金融ライセンス取得済み+知名度】
  • 有名なバイナリーオプション(BO)業者
  • 本部はマーシャル諸島
  • 金融ライセンスを取得

ザオプション(theoption)公式HPへ【会社概要】

上記がザオプション(theoption)の会社概要です。

バイナリーオプション業者ではザオプションかハイローオーストラリアを選ぶという人が多いです。

【ザオプション】分別管理&日本語サポート対応【安全性&サポートサービスも充実】

ザオプション【分別管理】

分別管理とは、「投資家のお金」と「企業のお金(証券会社や信託銀行)」を「分けて管理」することです。

この2つの管理パターンを導入することで、企業のお金が破綻してしっ多場合でも、投資家にしっかりと全額返還することが可能という内容です。

証券会社では、法律上義務付けがされています。

つまり、取引が発生した額はしっかり変換される保証があるに等しく、投資家をしっかりサポートしてくれている裏付けですね。

ザオプション【日本語サポート対応】

「海外業者は難しそうだし英語読めないから参入障壁が高そう…」と思っている人は安心してください。日本語で取引が可能です。

また、わからないことがあれば日本語で問い合わせも返答してくれます。親切なサポート体制で投資を始めることが可能ですね。

最後に

投資の経験は1年以上ですが、個人ビジネス経験は2年以上です。

いろいろな個人ビジネスを試して「違うな」と感じてきますが、ですが、投資ジャンルに足をひみ入れたときから、確実にスキルさえ身につければ稼いでいけると感じた分野です。

そんな努力をこの記事で公開していますので、自分の中に落とし込み理解できるレベルに持っていきましょう!

無料でテクニカル分析UPしませんか?

ザオプションの「theoption PRO」を活用してテクニカル分析のスキルUPに最適
なぜ、ザオプションの「theoption PRO」を使うことでスキル上達につながるのか?理由は最低1分のチャートローソク足と最低10秒足の高速分析の違いです。詳しくは下記の記事で解説。
» 【BO投資】ザオプションで【テクニカル分析をマスターしよう】

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

ザオプションカテゴリの最新記事