初めましての方へ

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは何ですか?

その疑問に答えます。

バイナリーオプション情報を取得したい人へ【網羅情報まとめ】
バイナリーオプションというジャンルで情報をまとめた記事をまとめた記事が下記になります。「記事が多すぎてたどり着けないよ」って方は下記の記事から探すと見つけやすいかもなので、興味がある人限定でためし読みしてみてくださいね!
BOまとめ記事はこちら(こちらの記事から、すべてのBO記事情報にたどり着けるようになっています)

【無料手法公開中】バイナリーオプションを始める方へ【初心者向け】
初心者の人は何から始めたらいいのか分からず、どれが正解かもわからいですよね。なので、過去の僕のように悩んでいた人に情報が届いたら嬉しいなと思い公開。単純に過去の僕のように本気の方に読んで欲しいだけなので、参考程度にどうぞ。楽ではないが汎用性が高い方法です。
» 【無料公開】バイナリーオプションBO・FX手法【テクニカル分析】

バイナリーオプションとはで気にある「仕組み」を解説

詳しくはこちらの記事で解説しています。
バイナリーオプションとはで気にある「仕組み」を解説

上記の画像を見てもらえればしっかりとした金融商品の1つとして大手国内でも取り扱っています。

バイナリーオプションとは、投資の中にあるジャンルの1つです。

今いる地点から上か下かを当てる投資。

更に詳しくは金融庁から抜粋しました。御覧ください。

金融庁「投資を行っている方へ」

また、日本では金融庁に登録することである程度の安全線を保てるとして多くの金融サービスが登録していますが、海外業者は基本的には登録できません。

その理由としては、日本の制度の安全性よりもハイリスクという点にあります。

つまり、逆を言えばハイリターンが習えますが、リスクが高まるため、金融庁の登録をしているかどうかの判断は日本国内限定だと考えてください。

もちろん、海外FX証券会社で多くの日本人が使っているXMTradingも実は金融庁に登録していません。その一番の理由として、ハイレバである888倍がそもそも金融庁が公認できるリスクではないということが多いいということで、実はサービスのさじ加減だったります。

日本では確か25倍のレバレッジが限界だったかもです。

つまり、サービスの内容で金融庁の登録できるかどうかであり、安全性も含めてですが、多くはこの入ればで登録できない状態かと。

  • 補足情報
    金融庁とライセンスはまた別のもので、金融ライセンスを取得していない業者は営業できない決まりなので、バイナリーオプションもそうですが、FXなどの証券会社や取引業者の会社概要欄を確認しましょう。

関連記事:バイナリーオプションとFXの違いとは?【比較と共通点】

バイナリーオプション「注意内容」

金融庁「投資を行っている方へ」

また、最低知識として、金融庁の注意すべきポイントをご確認ください。

偽業者や勧誘や勝てるといった情報で搾取しようとする人がネット時用にはうじゃうじゃいるのも確かなので、始める際は自分でしっかり確かめたり、周りの人に相談したりしましょう。

金融庁「投資を行っている方へ」

僕は個人的には9割負けるが、1割の努力を積み上げた人だけが成功する投資だと考えています。

なので、楽だなんて言わず、楽しない投資をこのブログで解説しているので、楽せず努力を積み重ねられる人限定で僕のブログの内容を実践してもらえたら嬉しいです。

また、下記の画像のようなリスクがあるので「バイナリーオプションはFXよりも簡単だ」という思考は間違っているので気おつけましょう。

金融庁「投資を行っている方へ」

上記の通り、投資にはリスクが付きまのですが、理解して行っているかがとても重要だと思うので、こちらを掲載して皆さんに一度目を通してほしいと思いました。

金融庁「投資を行っている方へ」

つまり、金融サービスを行える業者は【金融取引業の登録】完了業者のみです。

上記のように、記載されていますが、海外業者はほぼ日本で登録をせずに運営しているのが現状で、僕個人的にもここははっきりしてほしいのですグレーのような気がしています。

「いや!だめでしょう!」と僕も思ったのですが、実は海外でいちばん有名な海外の投資業者ハイローオーストラリアが実際に警告されており、僕が個人的に活用しているザオプションも同じです。

また、あの有名なXMTradingですら、金融庁の登録がされていないというから驚きですよね。

なので、なんで今夏ことが現在起きているのか疑問だったので調べたところ、

登録するための条件があります。

その条件はいかに安全に取引できるのかというルールを守ることで登録できるようですが、この条件に当てはまらないというのが現状です。

つまり、日本の金融市場のルールと海外の金融市場ルールのキャパシティが違うわけです。

FXの場合は海外で安全装置とも言われるゼロカットシステムを採用すると何故から危険性があるとして登録できないみたいです。

おかしいですよね・・・。

国内の追加証拠金のほうが怖くて僕はできていないので、ここがなんかおかしなことになっているような気もしますね。

運用財産の運用として行つた取引により生じた権利者の損失の全部若しくは一部を補塡し、又は運用財産の運用として行つた取引により生じた権利者の利益に追加するため、当該権利者又は第三者に対し、財産上の利益を提供し、又は第三者に提供させること(事故による損失又は当該権利者と金融商品取引業者等との間で行われる有価証券の売買その他の取引に係る金銭の授受の用に供することを目的としてその受益権が取得され、若しくは保有されるものとして内閣府令で定める投資信託の元本に生じた損失の全部又は一部を補塡する場合を除く。)金融庁公式HP

かなり難しい言い回しをしているのでわかりにくいですが、

「口座残高がマイナスになったとしても、補填してあげてはいけません!」

という法律になっています。

「????」

そもそも、法律が矛盾しているような・・・。

逆に取引する側にとってはありがたい制度を行うことで会社ま登録できないという矛盾がここで生じていますよね。

これは、僕の理解が足りないのか法律が古いのかよくわかりませんが、少なくともそれでも海外業者が使われている以上かなりありがたい金融サービスなのは確かです。

利用者にとってはむしろかなりリスクが低くなるなのですがね。

もっと詳しく調べればなにかあるかもですが、このレベルまでしかわからなかったので、ご自身で調べてみてください。

また、先程話したら888倍レバレッジを行わないようにし、最大25倍にしなければ行かないというルールもあります。

これだけでも登録できないというわけです。

FXと同じようにBOでも同じようなことが言えますが、詳しく知りたい方は「ハイローオーストラリア 金融丁」と調べてみてください。

金融庁の規制内容には「過度な広告はだめだよ!」「取引する人には知識の確認をお願い!」というような内容が難しく書いてあるのですが、正直広告をバンバン出しているザオプションはこれだけで、規制に該当するみたいですね。

個人的にお話しているので詳しくはわかりませんが、ご自身でしっかり始める際は調べてください!

しかし、不安は残るので、実際に取引する際はご自身の責任でお願いします。

僕もいつ出金できなくなってもいいような気持ちで投資に取り組んでいるので少なくともリスクはつきものです。

なんか危ないからやめておきたい人は手を出さないようにしましょう!

僕はリスクよりおスキル上達にコミットしているのでそういった考えでリスクを許容できる範囲内だと感じている人限定で海外のFXとBOを始めるとよいかと思います。

あくまでも個人の意見でお話しているので、参考程度にして、ご自身の自己責任で投資を始めましょう。

バイナリーオプションとは 簡単に

ある程度バイナリーオプションが簡単理解できたかと思います。

しかし、簡単に儲かるのか疑問に思う人もいるかと。

そんな方には下記の記事をぞうぞ。

関連記事:【簡単版】バイナリーオプションとは【簡単に儲かる?難しい?】深堀りします

バイナリーオプションの疑問は知恵袋でも

いろんなプラットホームで情報が拡散されている現代では疑問に思うことがたくさんあります。

その疑問解決の手段として有名なプラットホームがヤフーの知恵袋かと。

そこで勝手に個人の見解で疑問の声を集めて回答してみました。

こういった悩みにはこんな会とをする人が書いているブログなので、共感できる内容出ればぜひっこれからも読んでもらい自分の投資の参考にしてもらえたらと思います。

関連記事:【独自の見解】バイナリーオプションとは?【知恵袋で質問に回答してみた】

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

BO/FX/仮想通貨FXカテゴリの最新記事