初めましての方へ

【手順解説】FX初心者の勉強方法教えます【完全ガイド】

【手順解説】FX初心者の勉強方法教えます【完全ガイド】

※XMTradingは海外FX会社で日本人が一番使っている証券会社【No.1】
XMTradingは1万円でも始められます。MT4・MT5で分析できるメリットはもちろんのこと、888倍のレバレッジを効かせてトレードできます。また、その一番の利点は8回負けても1回勝てばプラスに転じます。FXで勝ち始めた人は利点を活かし効率よく利益を増やすのが良いかと思っています。
» XMTradingの無料リアル口座開設はこちら

【手順解説】FX初心者の勉強方法教えます【完全ガイド】

  • 1. 【手順解説】FX初心者の勉強方法教えます【完全ガイド】
  • 2. 【手順①】FX初心者の勉強方法【基礎知識】
    • 2.1. 専門用語基礎知識
    • 2.2. 取引用語基礎知識
  • 3. 【手順②】FX初心者の勉強方法【デモ&本番】取引体感【デモとリアルの体験です】
  • 4. 【手順③】FX初心者の勉強方法【分析&注文】手法構築【デモでOK】
    • 4.1. 分析基礎知識
    • 4.2. 注文基礎知識
  • 5. 【手順④】FX初心者の勉強方法【実践&管理】継続実行【リアル本番です】

上記の順番で解説していきます。

【手順①】FX初心者の勉強方法【基礎知識】

  • 専門用語基礎知識
  • 取引用語基礎知識

上記の基礎知識について下記で解説します。

初心者にわかりやすいようにかんたんな言い回しで解説しますね。

専門用語基礎知識

上記の基礎知識がありますが、初心者が覚えるのはまずは下記だけでOKです。

「ヒゲ」「陽線」「陰線」「転売」「始値」「終値」

取引用語基礎知識

簡単な下記の内容だけは覚えておくとある程度立ち回れます。

「押し目(戻り目)」
「順張り」「逆張り」
「レンジ」「トレンド」「チャート」
「ロスカット」「スプレッド」「レバレッジ」
「ローソク足」「MT4・MT5」「インジケーター」「チャネルライン」

スキャルピングとは?

スキャル(スキャルピング)とは、短期取引のことです。
時間が短く、エントリーと決済を行う取引スタイルのことをスキャルピングといいます。

デイトレードとは?

デイトレ(デイトレード)とは、一日で取引をする中間的取引方法です。

スキャルピングでなれている人にとってはかなり、長いイメージの取引スタイルになります。

しかし、最後に紹介するスタイルのほうが長いトレードを行うので、真ん中の取引スタイルというイメージで問題ないかと。

スイングトレードとは?

週での取引期間をスイング(スイングトレード)と言います。

長い取引がこれに当たりますが、月の取引する長い取引もありますが、基本的にこの3つが一般的に言われる取引スタイルです。

基本的にはそれ以降は中期投資、長期投資、中長期投資と呼ばれます。

【手順②】FX初心者の勉強方法【デモ&本番】取引体感【デモとリアルの体験です】

  • デモ(環境操作把握)
  • 本番(実際資金増減)

次にFX初心者の勉強の「基礎知識」を確認したあとはいよいと実際にFXに触っていき、試していくフェーズになります。

まずはじめにデモ口座を開設します。

操作方法と取引を何回かしてみて、ある程度なれてきたり、一旦リアル口座を解説し、試しに取引してみてください。

デモとリアルは別物だと実感するはずです。

しかし、はじめは同じだからデモで勝てればリアルでも勝てると思っていたものです。

実はそれ間違いで、でもで勝ててもリアルで勝てないなんて99%起こります。(実体験済み)

すると「手法まで変えないと勝てなくね??」と気づくはず。

それが、過去の僕で、おそらくみんなが通る道かと。

つまり、デモの100万円口座に入っている安心感の状態で作った手法と、絶対に資金を降らせない少額からの取引は別物ということです。

それを理解するにもまずは体験してみないと本当にわかりませんので、実際にデモトレードでなれたあとは、リアルトレードを一旦して、こんな感覚の差があるのかと自覚したところから本当のスタートになります。

度は長いが避けては通れず、この工程を挟むか挟まないかで、学習成長スピードは別次元です。

知っているとやってみたは全然違います。

その後、再度デモに戻り特訓を重ねるイメージです。

まずは相手(リアルな取引)を知るところからです。

【手順③】FX初心者の勉強方法【分析&注文】手法構築【デモでOK】

  • 分析(手法改善構築)【デモ口座】
  • 注文(注文操作傾向)【デモ口座】

次にFX初心者の勉強の「デモ&本番」を確認した後は、分析や注文を行っていきます。

デモ口座で練習はしていると思いますが、ここで、分析内容と掛け合わせて注文していくフェーズに入ります。

分析方法はこちら:【無料公開】バイナリーオプションBO・FX手法【テクニカル分析】

分析基礎知識

テクニカル分析とは?

テクニカル分析はチャートを見てチャートの動きを中心に分析して行く方法をテクニカル分析といいます。

ファンダメンタル分析とは?

経済、つまり、社会の流れを分析して行く方法がファンダ(ファンダメンタル)分析と呼びます。

トレンドラインとは?

斜めのラインのことです。

並行ラインとは?

並行や水平線ラインと言う感じで横にラインのことです。

レンジとは?

斜めや横にギザギザ動いており、一定の値動き(大体平均)した動きを見せる値動きのことです。

これを横ばいやレンジといいますが、形が崩れたのをペナント(三角持ち合い)と呼び名が変わる場合があります。

ちなみにですが、テクニカル分析をメインにして、インジケーターはサポートとして活用することをおすすめします。

注文基礎知識

使い方はこちら:【MT5】メタトレーダー5(MetaTrader5)【まとめ】
※MT4でもMT5でも使い方はほぼほぼ同じです。

【手順④】FX初心者の勉強方法【実践&管理】継続実行【リアル本番です】

  • 実践(本番分析実践)【リアル口座】
  • 管理( 損利調整管理)【リアル口座】

次にFX初心者の勉強の「分析&注文」を確認した後は、実践&管理を行っていきます。

今までに紹介してきたノウハウ情報を元に実践するだけです。

また、管理もリスクリワードなどを意識しつつ、損切りに注意していけば問題ないかと。

なぜ、意識したほうがいいのかはこちらの記事【取引×損切りで効果UP】バイナリーオプションの【リスクリワードは重要です】で解説しています。

リスクリワード関連記事はこちらをご確認ください。

また、損切りについてはこちらの記事をどうぞ。

BOではありますが、参考程度になるかと思うので、よければ確認してみてくださいね。

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

BO/FX/仮想通貨FXカテゴリの最新記事