【金融庁の警告】ハイローオーストラリア【海外と日本の視点別】

【金融庁の警告】ハイローオーストラリア【海外と日本の視点別】

ハイローオーストラリアまとめ

ハイローオーストラリアは、オーストラリアの金融庁(Australian Securities and Investments Commission, ASIC)が運営する機関で、消費者に対して金融詐欺や不正な商法などから保護するために活動を行っています。そのため、ハイローオーストラリア自体は安全な機関と言えます。

ただし、ハイローオーストラリアが警告を発している金融サービスや投資には、リスクが伴うことがあります。消費者は、ハイローオーストラリアから発表される警告を参考に、自己のリスク評価を行い、慎重に投資や金融サービスの選択をすることが重要です。また、ハイローオーストラリアの情報以外にも、他の情報源からの情報も参考にすることで、より正確な判断をすることができます。

日本と海外の金融庁について【ASICとFSA】

ハイローオーストラリアは、オーストラリアの金融庁(Australian Securities and Investments Commission, ASIC)が運営する機関であり、日本にはありません。そのため、日本においてハイローオーストラリアから発表される警告についての情報は、オーストラリアの大使館や領事館などを通じて入手することができます。また、インターネット上の情報も参考にすることができますが、正確性を確認することが重要です。

日本においては、金融庁(Financial Services Agency, FSA)が、消費者に対して金融詐欺や不正な商法などから保護するために活動を行っています。金融庁は、金融詐欺や不正な商法についての情報を提供し、消費者に対して警告を発することで、消費者が詐欺にあっても早期に気づくことができるようにするなどの活動を行っています。

上記のようにどちらも金融庁です。

海外のラインセンスを取得しているため、海外では金融庁に問題がないとされていますが、日本のルールでは警告されているようです。

その理由として、ギャンブル性が高いFXや仮想通貨はどんなに頑張っても日本ルールに当てはまらないので警告されていますが、安全に使っている人も多いです。

金融庁に登録があるかないかというメリット・デメリットでいうと、個人的いはトラブルが合ったときは対応してくれるかくれないかという視点かと。

しかし、多くの場合は対応してくれると言ってもそこまで大掛かりな対応はしてくれるわけではないかと思うので安心材料として考えるというのが現実的かと思います。