【FX】プロップトレーダーになるには?【調べました】

【FX】プロップトレーダーになるには?【調べました】

2024年1月10日

損失は会社負担で80%以上の利益

少額資金の人必見!

【FX】プロップトレーダーになるには?

プロップトレーダーとは、金融機関や証券会社などの自己資金を使って、為替や株式、債券などの金融商品を売買するトレーダーのことです。プロップトレーダーは、自分の判断で取引を行い、利益を上げることが目的です。プロップトレーダーになるには、どのようなスキルや資格が必要なのでしょうか?

プロップトレーダーになるには、まずは金融市場に関する知識や経験が必要です。金融商品の特徴や動向、経済や政治の影響などを把握し、分析する能力が求められます。また、リスク管理や資金管理の方法も重要です。プロップトレーダーは、自己資金を使って取引をするため、損失を最小限に抑えることができるかどうかが成否を分けます。

プロップトレーダーになるためには、資格も有利です。特に、証券アナリストやファイナンシャル・プランナーなどの金融関連の資格は、金融市場に関する知識や分析力を証明することができます。また、為替や株式などの取引に関する資格も役立ちます。例えば、外国為替証拠金取引業者協会(FSAJ)の外国為替証拠金取引適正化試験(FX検定)や日本証券業協会(JSDA)の証券外務員試験などです。

プロップトレーダーになるには、スキルや資格だけではなく、精神的な強さも必要です。プロップトレーダーは、常に市場の変動に対応しなければなりません。利益を出すこともあれば、損失を出すこともあります。そのため、冷静さや判断力、ストレス耐性などのメンタル面も重要です。プロップトレーダーは、自分の責任で取引を行うため、自信や責任感も必要です。

プロップトレーダーになるには、以上のようなスキルや資格、メンタル面が必要です。しかし、それだけでは十分ではありません。プロップトレーダーになるためには、実際に取引を行って経験を積むことが最も重要です。実践でしか学べないことも多くあります。また、自分の取引スタイルや戦略を確立することも大切です。プロップトレーダーになるためには、長期的な視点で努力し続けることが必要です。

【FX】プロップトレーダーになるには?【調べました】

プロップトレーダーになるには募集している会社に応募する必要があるので、求人や募集といった文言で調べる人も多いかと思います。

しかし、おそらく会社に務めるのではなく、自宅でトレードするが、会社の資金を使ってトレードし、損失は会社に負担してもらい利益は貰え、その資金提供の対価としてインセンティブを会社が得られるという仕組みのほうがいいですよね。

少なくとも私は個人のトレーダーなので、こういった自分のお金で大損することなく、会社のお金で効率よく利益を出せる方法が良いなと感じプロップファームのプロップトレーダーが気になったので調べました。

そこで、個人的に日本と海外のプロップファームで良いと感じたトップ2を選定しました。この2つであれば、すぐにでもプロップファームトレーダー(プロップトレーダー)になることができます。

もちろん在宅トレードで稼ぐことができるので気になったかはぜひ。

日本ではfintokei(フィントケイ)

  • fintokei(フィントケイ)は日本初のプロップファームです。fintokeiでは、自分の資金を使わずに最大5000万円までの資金を提供してもらえます。その代わりに、利益の一部をfintokeiに還元する必要があります。fintokeiでは、FXや株式、仮想通貨など様々な市場でトレードすることができます。fintokeiに参加するには、まずオンラインテストを受けて合格する必要があります。テストでは、fintokeiが用意したデモ口座で一定期間トレードし、指定された条件をクリアする必要があります。条件は、最低利益額や最大ドローダウン額などです。テストに合格すれば、本番口座でトレードを開始することができます。

海外ではFTMO(エフティーエムオー)

  • FTMO(エフティーエムオー)はチェコに本拠地を置く国際的なプロップファームです。FTMOでは、自分の資金を使わずに最大20万ドルまでの資金を提供してもらえます。その代わりに、利益の7割を自分で受け取り、3割をFTMOに還元する必要があります。FTMOでは、FXやCFDなど様々な市場でトレードすることができます。FTMOに参加するには、まずチャレンジと呼ばれる試験を受けて合格する必要があります。チャレンジでは、FTMOが用意したデモ口座で一定期間トレードし、指定された条件をクリアする必要があります。条件は、最低利益額や最大ドローダウン額などです。チャレンジに合格すれば、検証と呼ばれる最終試験に進むことができます。検証では、チャレンジと同じ条件でトレードし、合格すれば本番口座でトレードを開始することができます。

それぞれの個人的に特徴はこちら

  • 日本ではfintokei(フィントケイ)最大5000万円を資金提供(80%利益として受け取れる)
  • 海外ではFTMO(エフティーエムオー)【最大90%利益】FTMOとは:4ヶ月毎に25%UP

それぞれ良い点があるので、自分が好きな方を選ぶのが良いかと思います。

※FTMOでは日本語対応がされていないのでご自身で翻訳して利用してください。

プロップトレーダーになるには?【最も重要な内容とは】

プロップトレーダーとは、自分の資金やプロップファームと呼ばれる会社の資金を使って、株式や為替などの金融商品を売買するトレーダーのことです。プロップトレーダーになるには、どんなスキルや条件が必要なのでしょうか。

まず、最も重要なスキルは、損失額を下回らずに利益を上げる力です。これは、自分の資金や会社の資金を管理する能力とも言えます。例えば、自分の資金が100万円だとしたら、損失額は10万円以下に抑えて、利益額は10万円以上にすることが目標です。これを1ヶ月間続けることができれば、プロップトレーダーとして認められる可能性が高くなります。

しかし、このようなルールは簡単そうに見えても、実際には非常に難しいです。市場の動きは予測できないことが多く、損切りや利確のタイミングを見極めることは熟練した技術が必要です。また、自分の感情や心理状態にも影響されやすいです。プロップファームに応募する人の中で、このルールをクリアできる人は9割以下だと言われています。

しかし、これはプロップトレーダーだけではなく、どんな職業でも同じではないでしょうか。高いスキルや経験が求められる職業は多くありますが、それだけにやりがいや魅力もあります。プロップトレーダーになりたいという夢があるなら、その夢に向かって時間を費やすべきだと思います。

以上が、プロップトレーダーになるために最も重要な内容とスキルについての説明でした。プロップトレーダーに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。