プロップトレーダーの【募集と求人】情報まとめ

プロップトレーダーの【募集と求人】情報まとめ

2024年1月17日

損失は会社負担で80%以上の利益

少額資金の人必見!

プロップトレーダーの【募集と求人】情報

プロップトレーダー募集で検索してみました。

スポンサーというのが始めに来ますが、こちらは広告料を払って上位表示しているのでお金を出しても募集している会社になります。

ビズリーチは転職で元々トレーダーだよって言うスキルがある人向けです。また、その下は教育する情報を提供しつつプロップトレーダーになるためのサイトになります。

個人的にいはこのサイトがおすすめです。

後で紹介します。

その前に、株式会社コトラも転職なのですでにトレーダーの人やプロップトレーダーである人向けです。

その下に進むと求人が2つほどありました。

更に深く見ていくと

このように詳しい内容は書いていないですが、短大以上ということなので、マネージャーの立ち位置可と思います。

もう一つは下記の内容で、投資の知識無しでエクセル・ワードを使える人ということで、雑用などの業務が中心。

なので、プロップトレーダーになるのではなく、支える人の募集。

ここから下記がやっと通常の検索になります。

プロップトレーダー募集と検索しても求人というワードが多いのでおそらく同じワードとして検索エンジンが認識しているようです。

求人ボックスは先ほど紹介した2つの求人が募集として掲載されていました。

Indeedは超有名FX会社の雇用形態ということなのでかなり敷居が高いです。

スタンバイも同じく大手のFX証券会社による募集。

そして、どちらもトレーダーということで給料が固定されています。

稼げれば稼げるほど利益になることはなく、損失が出てもその損失を埋めることもしないのでメンタル眼底する部分もありますが、会社のお金を扱っていたら顧客の資金を運用するという状況なのでそっちのプレッシャーが負担になる仕事。

エンゲージは現在求人がないです。

そして最後は講師やスクールの教える人のようです。

最後のくちぐせはFXスクールの独立社員募集や講師デビューする人なら正社員として雇用したいという喜寿人です。

まず、アルバイトで試してみて良ければ正社員という流れのようです。

調べた限りすべて個人的には求めていた内容ではなかったので先程おすすめと言っていなパターンの募集・求人を紹介します。

こちらは完全歩合制で、利益が出たら出ただけ増えていく仕組みです。

つまり、家で在宅トレードでき、資金は少額用意すれば何倍のお金を運用できるテストを受けられます。(誰でも)

これにより、テストに合格すれば数十万円の資金が数千万円になり、トレード資金として使えます。

また、負けても会社の負担なので安心。

利益はその分80%の利益を得られる仕組みで、20%は会社がもらう感じですが、その利益を上げる資金を提供しているのは会社なので、お互いWin-Winの仕組みになっています。

【評判と調査】Fintokei(フィントケイ)は最大5000万円の資金提供【損を会社が負担し利益を80%得られる】プロップトレーダー【AXIORY】