XMTradingで失敗しないおすすめ戦略【少額から最速戦略】

【再登録不可】ザオプション(theoption)【退会・解約】について

【再登録不可】ザオプション(theoption)【退会・解約】について

どうしよぉ~全然勝てない・・・。


一旦解約して、心が落ち着いた頃にもう一回やりたいから、
今はメールも見たくありません。


解約して再登録したいので解約方法が知りたいです。

その質問に答えます。

その考えあるあるですが、注意が必要です。

結論から言うと、ザオプションで解約したあとに再登録しようと思う人も多いですが、原則できなません‼

なので、もしも、メールが届くのや嫌だと言う人であれば、迷惑メールに設定するなど、違った対策を取るのがおすすめです。

とはいえ、気になる情報かと思うので、下記にサッとまとめてみました。

参考にしてみてください。

【再登録不可】ザオプション(theoption)【退会・解約】について

  1. 手順①:ザオプション(theoption)の解約退会方法手順
  2. 手順②:マイページに移動
  3. 手順③:アカウント詳細を選択
  4. 手順④:パスワード変更の下に口座を解約ボタン
  5. 手順⑤:クリックすると解約「する」「しない」が表示
  6. 手順⑥:解約するで解約可能

上記の手順で解約手続きができます。

しかし、退会する前に口座の残高が残っている方が多いかと思います。その場合には、残高を引き出してから、退会手続きを行いましょう。

ザオプション(theoption)口座の解約で残高が残っている場合は?

口座残高が5,000円以上か以下かで手順が異なります

まず、出金申請は5,000円以上から可能です。つまり、残高が5,000円以上口座に残っている場合はそのまま出金申請を行うだけです。

出金申請ができない場合は、そのま退会申請を行います。
この申請をするとログインできなくなりますが、サポートに連絡はできます。

なので、サポートに連絡して出金申請をしましょう。

解約退会後の出金申請の宛先

  1. 宛先:accounts@theoption.com
  2. 件名:口座解約に伴う出金希望

上記の内容をメールにて伝えることでザオプション(theoption)側が出金処理を行ってくれます。

もし、登録している銀行以外に出金したい場合はメールにてその内容を追加記載しましょう。

もしも、5,000円以下で出金する場合の手数料

残高5,000円以下で解約を行い、出金を行う場合の手数料は以下となります。

  1. ビットウォレット:無料
  2. カードへの返金:1,000円(一律)
  3. 銀行口座振込:2,000円(一律)

上記のとおりです。

つまり、2,000円以下の残高であれば、出金は難しいことになります。詳しくは解約後の出金申請を経験したことがないのでわかりません。

とはいえ、2,000円以下の残高はうすればいいのかを問い合わせのメールの内容に記載しましょう。

しっかり、返答が帰ってくるので、その返答で今後の対応を決めましょう。

ザオプション(theoption)口座の退会/解約

解約し退会するメリット・デメリットについて

メリットデメリット
頭の中からBOをなくしスッキリできる再開したくなったときに登録のし直しが必要
お知らせメールが届かないのでスッキリハッピーアワー(STA)などのお得情報がわからない
確定申告の資料をダウンロードできる確定申告の資料がダウンロードできなくなる

解約し退会するときの注意ポイント

解約して退会してしまうと、再登録はできません。

なので、注意しましょう。

口座の再登録はできません【原則】

口座の再登録は原則できません。

とはいえ、1年以内でイレギュラーな理由があれば対応してくれると言う話ですが、基本的に無理だと思っておくと良いかと。

なので、退会/解約するメリットよりも、デメリットが大きい気がするので、基本的に方津で問題ありません。

もちろん解説しているだけで、取られる手数料などありませんので、ご安心ください。

なにか疑問に思うことがあれば、ザオプションに問い合わせましょう。

無料でテクニカル分析UPしませんか?

ザオプションの「theoption PRO」を活用してテクニカル分析のスキルUPに最適
なぜ、ザオプションの「theoption PRO」を使うことでスキル上達につながるのか?理由は最低1分のチャートローソク足と最低10秒足の高速分析の違いです。詳しくは下記の記事で解説。
» 【BO投資】ザオプションで【テクニカル分析をマスターしよう】

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

ザオプションカテゴリの最新記事