XMTradingで失敗しないおすすめ戦略【少額から最速戦略】

【15分取引はある!?】ザオプション【ペイアウト率・通貨ペア・スプレッドまで解説】《theoption》

【15分取引はある!?】ザオプション【ペイアウト率・通貨ペア・スプレッドまで解説】《theoption》

こんにちはdaito です。

今回は「ザオプション/theoption」について深堀りしていきます。

ザオプション/theoptionの「ペイアウト率」について詳しく見ていき、その途中で気になってしまう情報なんかもリンクで補助追記していくので、情報を網羅できるように設計しています。

本記事では上記の内容を深堀りしつつ、
関連情報のリンクも記載し情報のサポートをしていきますね。

まず、15分取引があるのかないのかを簡単に解説してから下記の内容で解説。

本記事の内容

  • ペイアウト率:【数字表】と【取引画面表】で確認
  • 他社との比較:上位3社のペイアウト率を比較
  • +〇〇が重要:約定力・分析力・先読み力

それでは書いて行きますね(`・ω・´)ゞ

【15分取引はある!?】ザオプション【ペイアウト率・通貨ペア・スプレッドまで解説】《theoption》

15分取引はあります。

とはいえ、変動型です。

変動型とは締切時間は固定ということです。

つまり、下記のような状態が変動型です。

13時が締め切り時間だった例締め切り時間
15分前にエントリー(12時45分)13時(1時)【利益損益確定時間】
9分前にエントリー(12時51分)13時(1時)【利益損益確定時間】
3分前にエントリー(12時57分)13時(1時)【利益損益確定時間】

15分前からの位置でもエントリーできるが、13分だったり、9分だったり、
3分だったりと自由にエントリーできます。

いつ飛び込んでも同じ時間で締め切られいます。

ザオプション/theoptionでは固定して15分はありませんが、変動型で15分があります。

【ザオプション】ペイアウト率《数字表》

【無料】ザオプションの登録・口座開設「手順②&画像で解説】 ザオプション(theoption)
High/Low:版短期:版
通常:版変動型:約5分取引:1.80倍(1.80%)
変動型:約15分取引:1.80倍(1.80%)
変動型:約1時間取引:1.80倍(1.80%)
変動型::06:00(約1日):1.90倍(1.90%)
固定型:30秒取引:1.96倍(1.96%)
固定型:60秒取引(1分):1.90倍(1.90%)
固定型:2分取引:1.77倍(1.77%)
固定型:3分取引:1.77倍(1.77%)
固定型:5分取引:1.77倍(1.77%)
スプレッド:版変動型:約5分取引:2.00倍(2.00%)
変動型:約10分取引:2.00倍(2.00%)
変動型:約15分取引:2.00倍(2.00%)
変動型:約1時間取引:2.00倍(2.00%)
固定型:30秒取引:2.00倍(2.00%)
固定型:60秒取引(1分):2.00倍(2.00%)
固定型:2分取引:2.00倍(2.00%)
固定型:3分取引:2.00倍(2.00%)
固定型:5分取引:2.00倍(2.00%)
こちらは過去のデータです。新しい方は通貨ペアの方で確認できます。

上記表を作りました。

パッと見てわかるペイアウト率表です。
また、このペイアウト率表は《期間限定》ザオプションのキャンペーン③:業界No.1最強ペイアウト率キャンペーンと組み合わせることで更にペイアウト倍率が+されます。

ザオプションでは、このようなペイアウト率になります。

ですが、キャンペーンなどの実施でペイアウト率が一時的に変動している場合や、年月を重ねるごとにペイアウト率の変更が行われているので、現在と過去では変わっている場合があります。

【ザオプション】通貨ペア+ペイアウト率《画像つき》

本来画像の文字は青色です。
※土日になると、このように薄いグレーになります。

HIGH/LOW

FX商品先物仮想通貨
USD/JPY90%
EUR/USD90%
EUR/JPY85%
AUD/JPY85%
GBP/JPY85%
AUD/USD85%
NZD/USD85%
GBP/USD90%
EUR/AUD85%
USD/CAD85%
EUR/CHF85%
USD/CHF85%
GBP/CAD85%
NZD/JPY85%
AUD/NZD85%
GOLD85%
SILVER85%
BITCOIN82%

スプレッドHIGH/LOW

FX商品先物仮想通貨
USD/JPY100%
EUR/USD100%
EUR/JPY100%
AUD/JPY100%
GBP/JPY100%
AUD/USD100%
NZD/USD100%
GBP/USD100%
EUR/AUD100%
USD/CAD100%
EUR/CHF100%
USD/CHF100%
GBP/CAD100%
AUD/NZD100%
GOLD100%
SILVER100%
取引できる銘柄がありません

短期

土日ではなく平日だとこの様に表示されいます。
また、時間帯で取引できない通貨ペアもあるので確認しておきましょう。
FX商品先物仮想通貨
USD/JPY96%
EUR/USD96%
EUR/JPY96%
AUD/JPY96%
GBP/JPY83%
AUD/USD96%
NZD/USD96%
GBP/USD83%
EUR/AUD83%
USD/CAD83%
EUR/CHF83%
EUR/GBP83%
USD/CHF83%
GBP/CAD83%
NZD/JPY83%
GOLD83%取引できる銘柄がありません

スプレッド短期

FX商品先物仮想通貨
USD/JPY100%
EUR/USD100%
EUR/JPY100%
AUD/JPY100%
GBP/JPY100%
AUD/USD100%
NZD/USD100%
GBP/USD100%
EUR/AUD100%
USD/CAD100%
EUR/CHF100%
EUR/GBP100%
USD/CHF100%
GBP/CAD100%
NZD/JPY100%
GOLD100%取引できる銘柄がありません

上記の仮想通貨は通貨ペアのことです。
※入金方法の仮想通貨とは違う意味になります。

その違いについてはこちらの記事【入金&銘柄】ザオプションのビットコイン取引は可能です【仮想通貨】2つの意味についてで解説しています。

ザオプションのペイアウト率と他を比較

ペイアウト率がわかってきたけど、正直他社のBO業者と比較すると実際どうなの⁉

言いにくいけど・・・。

他の業者の方がペイアウト率高いと思うんだけど。。

その通りです。

僕もはじめはそう思いペイアウト率が高い業者を選びました。。

ですが、今となってはザオプションから始めれば大損しなかったのになぁ・・・とかなり後悔した経験があります。

理由は、勝てないのにペイアウト率が高い難しい取引を進んでいたため、お金が飛んでいきました。。

これが、僕の後悔です。

ペイアウト率よりも大切なのは勝てるようになる事

ペイアウト率よりも大切なのは勝てるようになる事です。

勝ってから高いペイアウト率に挑むべき。

とはいえ、初心者のことは絶対にペイアウト率が高い取引で勝ってやる!と思うのもまた自然の流れです。

なので、実際にペイアウト率が高い業者を3つ選びました。

BO業者最低と最高ペイアウト率(倍率)
ザオプション1.77倍~2.00倍
ハイローオーストラリア1.85倍~2.30倍
ファイブスターズマーケッツ 1.66倍~1.8倍
合わせて読みたい:» 【取引所はどこがいいの!?】海外バイナリーオプションランキング【3位〆】

パット見た感じだとハイローオーストラリアがペイアウト率が高いですね。

基本的には固定となります。

ですが、ザオプションは定期的にキャンペーンをやっており、ペイアウト率が一定期間上がるキャンペーンを打ち出しています。

このキャンペーンはかなり長く続きますし、キャンペーンがなくてもBO業者の中では2番めに高い業者です。

つまり、あまり、ペイアウト率にこだわらないほうが良いのでは?という思考になるかと思います。

更に、下記のような独自性も業者ごとに変わってきます。

BO業者倍率特徴・長所
ザオプション1.77倍~2.00倍高機能デスクトップアプリチャート
ハイローオーストラリア1.85倍~2.30倍通常ペイアウト率が高い
ファイブスターズマーケッツ1.66倍~1.8倍アップダウン取引3.22倍

この様に実は、ペイアウト率だけで見るとファイブスターズマーケッツが軍を抜いて1位ですが、独自の5段階方式での場合です。

つまり、ペイアウト率は選ぶ基準にはなりますが、一番重視するポイントではありません
You Tubeで90%の勝率や月30万円稼げるといったキャッチコピーに過ぎません。

つまり、入り口の謳い文句であり、実際に開設して取引すると勝てないことに気づいてきます

その勝てないを勝てるにしてくれる独自性のサービスを提供しているのがザオプションと僕は考えています。

少なくとも、ザオプションの高機能デスクトップアプリチャートを使い始めてから投資の難しさと面白さに気付かされました。

僕の場合はペイアウト率よりも【1番負けない独自性】という意味ではザオプションが1番となります。

つまり、下記のように重視するポイントが違います。

BO業者重視するポイント
ザオプション【テクニカル分析で勝てるようになる】重視
ハイローオーストラリア【高ペイアウト率で収益率を高める】重視
ファイブスターズマーケッツ【チャレンジ一発逆転】重視

勝つためのスキルを磨くのは確実にザオプションから初めてその後に参入していけばOKです。

業者➡

取引種類⇩

ハイローオーストラリア

【無料】ザオプションの登録・口座開設「手順②&画像で解説】

ザオプション(theoption)

ハイ)HighLow
ザ)High/Low
変動型:15分取引:1.85倍
変動型:1時間取引:1.90倍
変動型:23時間取引(1日):1.95倍
変動型:約5分取引:1.80倍(1.80%)
変動型:約15分取引:1.80倍(1.80%)
変動型:約1時間取引:1.80倍(1.80%)
変動型::06:00(約1日):1.90倍(1.90%)
ハイ)HighLow
スプレッド

ザ)スプレッド
High/Low
変動型:15分取引:2.00倍
変動型:1時間取引:2.00倍
変動型:23時間取引(1日):2.00倍
変動型:約5分取引:2.00倍(2.00%)
変動型:約10分取引:2.00倍(2.00%)
変動型:約15分取引:2.00倍(2.00%)
変動型:約1時間取引:2.00倍(2.00%)
ハイ)Turbo
ザ)短期
固定型:30秒取引:1.95倍
固定型:1分取引:1.90倍
固定型:3分取引:1.90倍
固定型:5分取引:1.85倍
固定型:30秒取引:1.96倍(1.96%)
固定型:60秒取引(1分):1.90倍(1.90%)
固定型:2分取引:1.77倍(1.77%)
固定型:3分取引:1.77倍(1.77%)
固定型:5分取引:1.77倍(1.77%)
ハイ)Turboスプレッド
ザ)スプレッド短期
固定型:30秒取引:2.30倍
固定型:1分取引:2.20倍
固定型:3分取引:2.05倍
固定型:5分取引:2.00倍
固定型:30秒取引:2.00倍(2.00%)
固定型:60秒取引(1分):2.00倍(2.00%)
固定型:2分取引:2.00倍(2.00%)
固定型:3分取引:2.00倍(2.00%)
固定型:5分取引:2.00倍(2.00%)

上記のように代表的な2業者を比較してみました。

とはいえ、大切なのは勝つことです。取引するときは本質的に自分の成長につながる方法をよく考えてから取引しましょう。

ペイアウト率を中心としていますが、こちらの【経験者が比較】ハイローオーストラリアとザオプションの真実【15分取引/転売/約定力など】の記事で更に深堀りした内容を記載しています。

ザオプション:ペイアウト率+〇〇が重要な理由

ペイアウト率の高さも重要ですが、ペイアウト率だけではギャンブル性が強まってしまいます。

そこで、ペイアウト率+安定性が必要です。

安定性の定義として下記の3つを考えています。

ザオプション:3つ

  • 約定力
  • 分析力
  • 先読み力

こんな感じです。

約定力とは

約定力で勝ったり負けたりするのが、実際には起こります。

FXならあまり、問題にならないのですが、バイナリーオプション取引においては命取りと言えます。

注目ポイントですね。

  • ズレ問題

1番問題なのが、バイナリーオプション業者の有利な位置でエントリーしたことにされる率がかなり、低いのが実際に問引きをしてみたザオプションが低いと感じました。

これは、どの業者もありますが、確実にずらしてくる業者も少なくありません。

その中でも比較的取引側に優しい使用になっていると僕は思いました。(※個人の感想)

こればかりは取引してみないとわかりませんが、約定しにくいは、有利に取引できる証拠にもなります。

その分ペイアウト率が下がっていると認識するほうが良い考え方だと感じました。

分析力とは

  • 裁量技術

この分析力とはチャートを分析する力のことを意味しています。

つまり、ペイアウト率だけに目がくらんでいては、本質である「勝てる技術」に思考が向けられません。

「ペイアウト率が高ければたかほど良い」という考えは捨てましょう。

なぜなら、ペイアウト率が高いということは、負ける可能背も高まることになります。

理由は、バイナリーオプション業者が儲かるから高くしていると考えたほうが得策です。

逆にどうすれば負けるリスクを減らせるかと思った方は、確実にその業者の一番ペイアウト率が低い部分を狙ってくことが得策でしょう。

なぜなら、その部分が余り、負けない部分になり、勝つ量が増えることがわかっているので、ペイアウト率は自然と下がり、エントリープレイヤー数を減らそうとするのです。

これが企業の戦略であり、生き残る知恵です。

ただ、サービスでペイアウト率を上げているのではありません。

提供側もビジネスですし、それを活用するプレイヤーもまたビジネス思考で戦わなくては生き残れません。

実際にどんな戦い方があるのか2つざっくりと紹介

※マーンゲール(お金を倍にしてかけている手法)
» 【BO全般】ザオプションのマーチンゲールは【資金を溶かします】

個人的にはおすすめはしていません。

おすすめはこちらの【無料/計算表付き】ザオプション転売で学べる攻略スキル【勝率が低くても利益は増えます】で記載している転売の方法で手法を固めていくのがベスト。
※ほとんどのトレーダーはこれで勝てている(損切りマスター戦略がおすすめ)

ちなみにではありますが、引き分けで資金が溶ける業者は多いですが、
ザ・オプションでは全額返金される引き分けがあります。

詳しくはこちらの記事2021年版【同じ価格は返金】ザオプションの引き分け/ドローはお得です【他社だと例外なく0円です】で解説。

とはいえ、安全な取引を優先する人にはこちら【重要】ザオプションの両建てとは!?リスクを最小限に!【戦略分析】《theoption》をおすすめします。

【イメージ】実際の分析方法イメージはこちらのザオプション(theoption)とMT4のテクニカル分析《ダブルチャート活用法》をご確認ください。
【実践】本格的な分析の実例はこちらの記事【攻略のコツ③】バイナリーオプション:初心者向けの初め方/勝ち方【ザオプション版】で紹介しています。

先読み力とは

  • 先行投資

先行投資とはFXやBOや株の投資の意味もありますが、ここで言う先行投資は別の意味になります。

・先に伸びる分野を始めていること

これが、ビジネスの先行投資です。

どういうことかというと下記にいくつか例を出します。

  • これからYou Tubeが流行る➡なら先に始めたほうが有利
  • これから音声の時代だ➡なら先に始めたほうが有利
  • これから投資の波が来るな➡なら先に始めたほうが有利

ざっくり過ぎますが、こんな感じ。

今の段階では早くて3年~遅くても5年後くらいには波が来ると思って先行投資をしています。

ザオプションの力が入っている事がわかる《つまり、将来性あり》

・キャンペーンが豊富

・メールなどの対応が親切

他の業者はわかりませんが、少なくとも、これから、もっとビジネスを拡大したいという熱はキャンペーンや対応の速さで感じています。

これから伸びる業者の1つとして考えています。

「キャンペーンや対応のスピードが素晴らしい」のはビジネスをする上でとても重要です。

この継続が成長の鍵となります。

とはいえ、偽物も存在するので注意‼
» ザオプション(theoption)【偽物と本物】の見極め方
※こちらで、本物か偽物かを判別できます。

最後にザオプションを選ぶ理由のまとめ

ザオプションを選ぶ理由

・実はペイアウト率が高い

・約定力(デスクトッアプリツールの約定力安定性)

・分析力(デスクトッアプリツールを使いチャート分析)

・先読み力(これから個人投資家ビジネスの波が来るから先行投資)

・【安定チャート分析】重視(デスクトップアプリツールを使いチャート分析)

・キャンペーンが豊富

・メールなどの対応が親切

今後もザオプションやそれ以外の投資系分野の記事を毎日更新していくので、お時間がある時にご確認していただければ嬉しいです。

ザオプション/theoptionの評判についてはこちらのザオプション(theoption)の評判と口コミ【全て紐解きます】記事で解説しています。

【ザオプション攻略】する前に知っておきたい情報

ザオプション(theoption)《攻略》について

ザオプション(theoption)の攻略については下記の記事で学べます。

  1. 学習/手順:» 【独学でBOマスター】学習方法のまとめ【初心者向け】
  2. 操作ガイド:» ザオプション(theoption)【デモ】ブラウザ版/ダウンロード版のやり方
  3. イメージ例:» ザオプション(theoption)とMT4のテクニカル分析《ダブルチャート活用法》
  4. 実践/攻略:» 《実践/分析UP特化》バイナリーオプション《勝ち方》勝てない時の対策【theoption版:攻略】

ざっくりとですが、他にもしっかり書き込んだ記事が多数あるので、御覧ください。(日々見やすいように改善しています)

因みにですが、デモ取引が無限にできるので、練習してから安心して取引ができます。

ただし、金額の上限があります。
詳しくはこちら【回答/原因3つ】ザオプション:取引量が上限を超過しています《theoption》のをお読みください。

また、ザオプションのスマホアプリはAndroidだけですが、正直PCで取引したほうが分析も成績もUPします。

スマホの詳細はこちらのザオプション:アイフォン/iPhone版は??【バイナリーオプションのスマホアプリ】につての記事から確認できます。

PCの詳細はこちらの【保存版】ザオプション/デスクトップアプリデモ【取引画面操作&インジケーター】の使い方!に書きましたので眺めてみてください。読みたいところをサクッと読みでOK。
※この記事は長いので無理せず流し読みしてください。

ザオプション(theoption)《凍結 稼ぎすぎ》などについて

でも始めるにあたって稼ぎすぎでなにか問題が出てくるのではと思うのは当然のことです。

ですが、稼いでから考えても僕は遅くはないと思っています。

理由は、普通のサラリーマンやパート程度の収入であれば心配するようなことはなにもないからです。

そんなこと言っても気になるよう!という方のために下記に「稼ぎすぎ」の問題をまとめました。

稼ぎすぎで『凍結の理由』

・自動売買ソフトを使用した場合は凍結

・不正な取引や不自然なお金の入出金で凍結

※ちなみにですが、自動売買とシグナルツールは別です。
違いにつては【禁止です】ザオプションで自動売買ツールは使えません【シグナルツールはOKです】の記事で解説しています。

まずは、このような凍結のリスクがあります。

上記以外で凍結された場合は「凍結される」=「稼ぐ力が身についた」という意味と同じなので、逆に自信を持ってもいいかも知れません。

勿論不正な項目に引っかかることを行えば例外なく凍結されるものの、マイナスになるという掛けではなく、入金した軍資金は帰ってくるので問題ありません。

凍結の詳細はこちらの【出金拒否って本当!?】ザオプションで稼ぎすぎると口座凍結するって話は本当!?《theoption》に記載しました。

この記事は短いのでサッと読み進められます。

入出金の記事はこちらの【完全版】ザオプション(theoption)【入出金のまとめ】に記載。
※こちらも比較的長いので無理せず知りたい部分だけ読んでいただければと思います。

カード系で特殊な入金についてはこちらの【楽天カードは非対応】ザオプションのVプリカ・バンドル・デビットカード情報で解説。

ザオプション/theoptionで推量されている入金方法は、こちらのザオプション(theoption)のマイビットウォレットをシンプルに解説!で紹介。

税金や確定申告につて

また、利益が出始めている方はこちらのザオプション(theoption)《税金》&《確定申告》についてを確定申告の知識としてどうぞ。

安全性も問題なし【ライセンス取得済み】

その安心理由として、公式サイトの最後の項目には「運営ライセンス取得」の記載があります。

(上記は日本語翻訳で変換した内容になります。)

ザオプションの【安全性/セキュリティ】【年齢制限】【解約/退会】の情報

  1. 安全性についてはこちらの記事【金融庁公認?】ザオプション(theoption)の安全性【日本語サポートある!?】をご確認ください。
  2. セキュリティ面を気にしている方で、年齢制限などの情報も知りたいですよね。
    年齢の情報はこちらの記事【海外】ザオプションの年齢は18歳/20歳!?制限についてを参考にしてください。
  3. 休みの予定はこちら【年末年始の休みは?】ザオプション(theoption)の営業時間
  4. ※もしも、すでに登録しており、退会を考えている人は再登録ができないので注意しましょう。
    その情報はこちらの【再登録不可】ザオプション(theoption)【退会・解約】についてで解説しています。

ザオプション(theoption)にはデメリットがほぼ無い

デメリットは何度も表示される広告だけです。

他のデメリットを知りたい方は下記の記事をご覧ください。

詳しいメリットデメリットはこちら:バイナリーオプション取引業者:第1位『ザオプション』

また、デメリットがあまりない上に他の業者よりも一番オトクなポイントプログラムなんてものもあり。

キャンペーンにプラスαでオトクな情報はこちらのザオプション(theoption)のポイントプログラムを【徹底解説します】記事に記載。

《画像つきで手順を解説》口座開設方法はこちら:» 【無料】ザオプション(theoption)の登録・口座開設方法《簡単手順》

無料でテクニカル分析UPしませんか?

ザオプションの「theoption PRO」を活用してテクニカル分析のスキルUPに最適
なぜ、ザオプションの「theoption PRO」を使うことでスキル上達につながるのか?理由は最低1分のチャートローソク足と最低10秒足の高速分析の違いです。詳しくは下記の記事で解説。
» 【BO投資】ザオプションで【テクニカル分析をマスターしよう】

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

ザオプションカテゴリの最新記事