XMTradingで失敗しないおすすめ戦略【少額から最速戦略】

ザオプション(theoption)《税金》&《確定申告》について

ザオプション(theoption)《税金》&《確定申告》について

ここでは下記の内容が理解できます。

  1. 税金について
  2. 確定申告について

上記の内容をザオプション/theoptionの場合を想定し、解説していきます。

下記の内容で解説します。

ザオプション(theoption)《税金》確定申告について

ザオプション(theoption)は【雑所得】

ザオプション(theoption)は雑所得になります。

大きく分けて、「所得」と「雑所得」に分けることができ、ザオプション(theoption)に限らず、バイナリーオプション(BO)や投資全てが雑所得税に該当します。

他にどのような税が存在するのかは下記の表を御覧ください。

所得(10種類)

  1. 雑所得
  2. 利子所得
  3. 事業所得
  4. 給与所得
  5. 退職所得
  6. 配当所得
  7. 譲渡所得
  8. 一時所得
  9. 山林所得
  10. 不動産所得

このようにあらゆる所得があります。
この中の雑所得にtheoption/ザオプション(投資全般)は当てはまります。

雑所得(総合課税)

  1. 事業
  2. 利子
  3. 配当
  4. 給与
  5. 不動産
  6. 総合譲渡
  7. 一時の各所得

上記の項目ごとに計算され、所得税が決まります。これを総合課税と呼びます。

所得税一覧表

  1. 『所得195万円』➡【所得税率5%(控除額0円)】
  2. 『所得195万円~330万円未満』➡【所得税率10%(控除額97500円)】
  3. 『所得330万円~695万円未満』➡【所得税率20%(控除額427500円)】
  4. 『所得695万円~900万円未満』➡【所得税率23%(控除額636000円)】
  5. 『所得900万円~1800万円未満』➡【所得税率33%(控除額1536000円)】
  6. 『所得1800万円~4000万円未満』➡【所得税率40%(控除額2796000円)】
  7. 『所得4000万円以上税率』➡【所得税率45%(控除額4796000円)】

申告する期限【2月の頭から~3月の中半まで】

年によって日に違っ異なるので、正確な申請期限はわかりませんが、共通しているのは【2月の頭から~3月の中半まで】となります。

もしも、1月~12月までの収入が副業で20万円以上または、本業で、38万円以上収益が出た場合はこの期間に確定申告をいましょう。

上記がザオプションの税金と確定申告の概要です。

とはいえ、ここで、日本のBOと海外のBOでは何が変わるのか気になってきますよね。

そこで、日本と海外の税金にも触れていきます。

国内(日本)と海外のお得な使い分け方【税金を安くするには】

  • 日本(稼ぎが多い場合には日本)
  • 海外(稼ぐが少ない場合は海外)

簡単に説明するの上記のとおりです。

方法①:330万円未満であれば「海外」がお得(所得税10%)

これが最も簡単な考え方です。
海外BO業者で稼ぐラインは330万円以下がベストです。

それ以上の収入を得てしまうと20%に上がるので、日本の15%の方が、お得です。

 方法②:330万円以上になったら「日本」がお得(所得税15%)
※そのまま海外で利益を上げてしまうと20%の所得税がかかります。

ザオプションだけではなく、OB全体で税金のルールはほぼほぼ同じですが、日本と海外の税金が違うのでそれだけでも覚えてもらえたらと思います。

国内:利益に対して一律【20%】

個人口座の場合は3年間の繰越控除

今年損失を出してしまい今年払う今年分の税金が払えない場合は、繰越控除をうまく活用すべきです。

繰越の期限は3年が限界なので、3年以内に収入を安定させる必要があります。

海外:総合課税(変動)【5~45%】

海外は20万円の損失と20万円の損害が出た場合は実質0円になるので、確定申告が必要ありません。収入が発生した時はしっかり申告しないと脱税になってしまいます。気おつけましょう。

theoption/ザオプションはここに該当します。
また、『課税所得✕税率-控除額=所得税』の計算式から、所得税が変動。

確定申告前に知っておくこと

よく出金した額に対しての税がかかるから、取引口座で増えた金額に関しては課税対象にならないという人もいますが、それは違います。

正しくは、1年間の損益と利益を元計算されます。利益が出ていれば出金しても口座に残していても同じ額の税金がかかってくるので、注意しましょう!

また、日本国内の投資の税金制度では、3年間の繰越が認められていますが、海外には1年間で考えるので、繰越がありませんので、そこの部分でも注意しましょう!

【税金を払う】境界線【1年間(1月1日~12月31日)】

給料を得ている場合(メインの職業があり、サブ(副業)での場合)

・20万円以上で申告する必要がある

サラリーマンや普段アルバイトをしている人もこれに当てはまります。

給料を得ていない場合(主婦や、学生でメインの職業がない場合)

・38万円以上で申告する必要がある

税金の事が全くわからない人は【税理士さんに丸投げ】

誰しも自分で把握したいですが、
このようなややこしい税金のことを変わりに行ってくれる人が税理士さんになります。

本当に何もわからないよって方は税理士さんに頼みましょう。

税理士さんの相場は一回2万円~3万円ぐらいなので、
それ以上経費で浮くかも知れない人は、税理士さんにやってもらうのが得策ですね。

税金を収める方法【確定申告方法は3つです】

theoption/ザオプションもそうですが、
収入が発生して申告が必要になったときには3つの確定申告方法があります。

税務署での確定申告

直接税務署に行き確実に確定申告する方法です。こちらでは人と対面してやり取りできるので、確定申告をしっかりできた実感や安心感が得られますが、忙しい時期に言ってしまうと迷惑がられる事があるので周囲しましょう。

書類での確定申告

書類を自分で読んで把握して書くことができる方法です。これは自宅でできるので、じっくり時間をかけて確定申告ができます。自分のペースで進めていきたい人に向いている確定申告方法です。

ネットでの確定申告

少しむずかしい手続きになっていまいますが、マスターすると一番ラクな方法です。有名なのは『e-Tax』で確定申告する方法です。この方法では、専用の端末を使うことで、自宅のパソコンから手続きが完了できます。

ですが、手続き中に必要なものが増えてしまい中々進まないなん事があるので、準備した上で、確定申告をするとスムーズに手続きを完了できます。

無料でテクニカル分析UPしませんか?

ザオプションの「theoption PRO」を活用してテクニカル分析のスキルUPに最適
なぜ、ザオプションの「theoption PRO」を使うことでスキル上達につながるのか?理由は最低1分のチャートローソク足と最低10秒足の高速分析の違いです。詳しくは下記の記事で解説。
» 【BO投資】ザオプションで【テクニカル分析をマスターしよう】

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

ザオプションカテゴリの最新記事