【ザオプションの転売】スプレッド1時間取引損小利大・戦略手法

【ザオプションの転売】スプレッド1時間取引損小利大・戦略手法

2022年6月27日

ザオプションを始めようか悩んでいる人へ

「BO初心者だからなぁ……」という初心者向けがBOのザオプションです。理由は12,000円分の取引が実質無料なので、その金額分は安心して本番練習できます。詳しい内容はこちら記事をどうぞ。
» ザオプション:実質無料の1万2千円でリアル取引でスキルUP!【潜在意識を理解】

まとめとボーナス情報

実質無料の1万2千円でリアル取引でスキルUP!
ザオプションでは初回入金キャンペーンによる7,000円キャッシュバックがあるため、合計で12,000円が受け取れます。
» ザオプションの無料口座開設はこちら

この記事は下記のInstagramの投稿を深掘りした内容になります。

バイナリーオプションのザオプションでの損小利大テクニカル分析方法

上記の内容を深掘りします。(※あくまでも近寄った内容というイメージなのでご了承ください)

ザオプションの転売について

結論として、転売機能を活用することで勝ちやすくなります。(※個人的な意見です)

理由としては転売をうまく利用することで損小利大が実現可能だからです。

つまり、FXの取引を再現できます。

実はバイナリーオプションはFXよりも難しいとされており、その難易度は経験者であれば相当理解できる難しさなのですが、初心者はその難易度に気づくことすらできないため負けづつけます。

もちろん投資全般が難しいですが、FXよりも株式投資のほうが安定しているというイメージがありますよね。

そのイメージの理由は色んな要素がありますが、僕個人的な意見としては長期的になればなるほど勝ちやすいということです。

つまり株は数年持っえいるのが当たり前ですよね。

一方FXは1週間や長くても数ヶ月かと。

そして、バイナリーオプションは数秒だったり、数十分だったりします。

これが、難易度が高い理由です。

※あくまでも個人の意見です。

そこで、色々考えたのですが、将来的にFXに移行できるように手法を考えたので紹介します。

何度もこのブログの記事で出てくる方法ですが、改めて転売を軸にした解説をしていきます。

ザオプションの転売を活用して1時間取引の事例を紹介

僕が考えた手法を解説します。

スプレッド1時間取引損小利大戦略手法です。

方法を解説します。

基本的なテクニカル分析はこちらの記事の内容になります。

【BO/FX/CryptoFX】テクニカル分析マスター【独学トレーダー】

ハーモニックパターン一覧

【ザオプションの転売手法0⃣】損小利大の手法です

  • スプレットで利益大
  • 1時間取引で転売損切り変動を弱める
  • 良い方向でコツコツドカンにする(損小利大)

まず、上記の手法だということをはずは理解してください。

この目的で今回の手法を構築しています。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

まず、ザオプションの画面とMT4の画面をダブルチャートにし、画面を2つ表示させます。

次に、分析したい通貨ペアを表示して、チャンスを待ちます。

【ザオプションの転売手法1⃣】スプレッドで1時間を選択

下記の内容を実行します。

  • スプレッド取引を選択
  • 1時間以内の取引を選択
  • 分析してサインを確認(僕はハーモニックを目安にしています。なんでもOK)

僕の画面はこんな感じです。

同じような設定方法にしたい方はこちらで解説しています。
MT4でザオプションのスプレッド通貨ペア設定する方法

ザオプションはこんな感じですが、目がつかれる方は下記のように黒くしても良いかもです。

実際には下記のように2画面に分けるのが個人的にはおすすめです。

つまり、左画面には、複数チャートを表示し、右の画面では、いつでも1時間以内の通貨ペアを選択できるようにスタンバイ。

画面を黒からもとの白画面に戻しますね。

僕の場合はですが、ハーモニックパターンのサインが出たらエントリーするかどうか分析し、優位性があればエントリーし、優位性が薄いなら見送ります。

実際の1通貨ペアを選び解説していきます。

【ザオプションの転売手法2⃣】トレンド発生または折り返しを狙う

1通貨選んだので、転売取引の対象解説として活用していきます。

※ただ、個人的な方法なので、優位性や使えるかどうかが難関も検証してから活用してくださいね。

説明がいらないかもなので、いつもの解説は割愛します。

分析を細かく行いエントリーチャンスを見極める方法として簡単にまとめると下記のとおり。

基本的に目安にする内容

  • 抵抗ラインの強さ
  • トレンドと転換点の折り返し
  • フィボナッチを引いて有効性とハーモの名前を確認し抵抗ラインを3つほど確認

僕の場合はですが、トレンドラインと平行ラインを中心に分析し、マルチタイムフレーム分析も意識しつつ、大きな流れと小さな流れと中くらいの流れを確認します。

この、流れのサポートとして移動平均線を活用します。

あまりにも流れと逆行していればエントリーをしない場合もあります。

自分が軸としているパターンが確認できて、この3本くらいのラインで一番聞きそうなところでエントリーします。

もし外れたら、損切りをして次のラインを待ちます。

エントリーし、利益が出始めても、トレンドラインと移動平均線と抵抗ラインを良く分析し、トレンド終了の場合には、早めに利益確定の損切りを行います。

ざっくり戸ですが、こんな感じで転売取引を活用しています。

【ザオプションの転売手法3⃣】損切り中心の利食い手法を繰り返す

  • 損小利大を目指す
  • 損切りが軸
  • 利確は優位性が消えたら(または締め切り時間)

この流れが王道ですが、この分析方法をメインに色々派生してエントリーポイントを編み出していくイメージです。

計算はこちらの記事で解説しています。
【無料/計算表付き】ザオプション(theoption)転売で学べる攻略スキル【勝率が低くても利益は増えます】

実質無料の1万2千円でリアル取引でスキルUP!
ザオプションでは初回入金キャンペーンによる7,000円キャッシュバックがあるため、合計で12,000円が受け取れます。
» ザオプションの無料口座開設はこちら