ハーモニックパターンのバットとは?特徴と使い方や注意点

ハーモニックパターンのバットとは?特徴と使い方や注意点

2023年7月16日

ハーモニックパターンのバットとは?特徴

ハーモニックパターンのバットとは?

ハーモニックパターンとは、価格チャートに現れる特定の形状のことです。これらの形状は、フィボナッチ比率に基づいて構成されており、将来の価格変動を予測するのに役立ちます。ハーモニックパターンには、さまざまな種類がありますが、その中でも最も有名なものがバットです。

バットとは、XABCDという5つのポイントからなるハーモニックパターンです。このパターンは、以下のような条件を満たす必要があります。

  • XAは任意の長さの動きです。
  • ABはXAの38.2%から50%のリトレースです。
  • BCはABの38.2%から88.6%のリトレースです。
  • CDはBCの161.8%から261.8%のエクステンションです。
  • DはXAの88.6%のリトレースです。

バットパターンが完成したら、Dポイントで反転する可能性が高いと考えられます。したがって、Dポイントで買いまたは売りの注文を入れることで、利益を得ることができます。ただし、ストップロスや利益確定のレベルを設定することも重要です。一般的には、ストップロスはXポイントよりも少し下(または上)に置き、利益確定はADの38.2%または61.8%に置きます。

バットパターンは、テクニカル分析の有効なツールとして広く使われています。しかし、このパターンを使う際には、他の指標や要因と併用することが推奨されます。また、パターンが完全に形成されるまで待つことも重要です。早まってエントリーすると、失敗する可能性が高くなります。

以上が、ハーモニックパターンのバットについての説明です。このパターンを理解し、実践することで、トレードスキルを向上させることができるでしょう。

ハーモニックパターンバットの使い方

投資のハーモニックパターンのバットの使い方について、今回はフィボナッチ数値やCからDまでを取る取引や、Dからの折返しを狙う使い方を解説していきます。

ハーモニックパターンとは、相場の波動が一定の比率で繰り返されるという考え方に基づいて、チャート上に形成される特定のパターンを利用してトレードする手法です。ハーモニックパターンには様々な種類がありますが、その中でもバットと呼ばれるパターンは比較的よく出現すると言われています。

バットパターンは、XABCDという5つのポイントから構成されます。XからAまでの値幅を1とした場合、AからBまでは0.382倍、BからCまでは0.886倍、CからDまでは1.618倍の値幅で動くことが理想的な形です。DポイントはXからAまでの値幅の0.886倍の位置にあります。つまり、XからAまでの値幅が100円だったら、DポイントはXから88.6円離れた位置にあるということです。

バットパターンをトレードする方法は大きく分けて2つあります。一つはCからDまでの値幅を取る方法で、もう一つはDからの折返しを狙う方法です。

CからDまでを取る方法は、Cポイントでエントリーし、Dポイントで利益確定するというものです。この場合、ストップロスはBポイントより少し下(上)に置きます。この方法のメリットは、比較的高い確率で利益が得られることです。デメリットは、利益が小さくなりやすいことです。

Dからの折返しを狙う方法は、Dポイントでエントリーし、XポイントやAポイントなどに利益確定するというものです。この場合、ストップロスはDポイントより少し下(上)に置きます。この方法のメリットは、利益が大きくなりやすいことです。デメリットは、エントリーポイントが難しくなることです。

以上が投資のハーモニックパターンのバットの使い方についての解説でした。バットパターンは他のハーモニックパターンと同様に、単独で使うよりも他のテクニカル分析やファンダメンタルズ分析と併用することで効果的になります。また、自分に合ったトレードスタイルやリスク許容度に応じてエントリーや利益確定のポイントを決めることも重要です。

ハーモニックパターンバットの注意点

投資のハーモニックパターンでのバッドパターンとは、FXなどのトレードで使用されるチャートパターンのことです。このパターンは、価格の動きが音楽のハーモニーに似た波形を描くという考えに基づいています。このパターンを利用することで、エントリーやエグジットのタイミングを見極めることができます。しかし、このパターンを使う際には、いくつかの注意点があります。ここでは、投資のハーモニックパターンでのバッドパターンの注意点について紹介します。

  1. パターンの形成条件に注意する
    ハーモニックパターンでのバッドパターンは、一定の形成条件を満たす必要があります。例えば、バッドパターンは、XABCDという5つのポイントから構成されますが、それぞれのポイント間には特定の比率が存在します。また、バッドパターンは、上昇トレンドや下降トレンドの終わりに現れる逆転パターンです。これらの条件を無視して、適当なポイントを選んだり、トレンドに沿った方向に取引したりすると、失敗する可能性が高くなります。そのため、パターンの形成条件をしっかりと理解して、正確に判断することが重要です。
  2. パターンの確認方法に注意する
    ハーモニックパターンでのバッドパターンは、単独で使用するよりも、他のテクニカル分析やファンダメンタル分析と併用する方が効果的です。例えば、バッドパターンが現れた場合には、そのポイントにおけるサポートやレジスタンス、移動平均線やオシレーターなどのインジケーターを確認してみると良いでしょう。また、バッドパターンが現れた場合には、その時点での経済指標やニュースなどの影響も考慮する必要があります。これらの要素を無視して、バッドパターンだけに頼って取引すると、思わぬ損失を被る可能性があります。そのため、パターンの確認方法に注意することが必要です。
  3. パターンのリスク管理に注意する
    ハーモニックパターンでのバッドパターンは、高い利益率を期待できる反面、高いリスクも伴います。例えば、バッドパターンは、逆転パターンであるために、トレンドが継続する可能性もあります。また、バッドパターンは、比率や波形が複雑であるために、判断ミスや見逃しも起こりやすいです。これらのリスクを無視して、過剰なレバレッジや過信などで取引すると、大きな損失を被る可能性があります。そのため、パターンのリスク管理に注意することが必要です。

損失は会社負担で80%以上の利益

少額資金の人必見!