ハーモニックパターンとは!?魅力と活用法!初心者からプロまで必見のトレードテクニック

ハーモニックパターンとは!?魅力と活用法!初心者からプロまで必見のトレードテクニック

2023年7月3日

ハーモニックパターンとは、チャート上の特定の形状を利用してトレードする手法です。ハーモニックパターンは、相場の反転や継続を予測するのに役立ちます。しかし、ハーモニックパターンを使っても、必ずしも成功するとは限りません。そこで、ハーモニックパターンを効果的に活用するためには、どのようなポイントに注意すべきでしょうか?

ハーモニックパターン入門!初心者でもわかる基礎知識と実践方法

ハーモニックパターンとは、チャート上に現れる特定の形を利用して、相場の転換点を予測する手法です。ハーモニックパターンは、フィボナッチ数列や幾何学的な比率に基づいています。ハーモニックパターンは、様々な通貨ペアや時間足に適用できるため、多くのトレーダーに人気があります。

ハーモニックパターンの種類は、大きく分けて2つあります。一つは、AB=CDパターンと呼ばれるもので、チャート上に4つのポイント(A,B,C,D)があり、ABとCDが同じ長さになるような形です。もう一つは、XABCDパターンと呼ばれるもので、チャート上に5つのポイント(X,A,B,C,D)があり、それぞれのポイント間の距離がフィボナッチ数列や幾何学的な比率に従うような形です。XABCDパターンには、さらにガートレー、バタフライ、クラブ、バット、シャークなどの細かい分類があります。

ハーモニックパターンをトレードする際の基本的な考え方は、Dポイントで反転することを期待して、エントリーやストップロス、テイクプロフィットを設定することです。Dポイントは、パターンの完成点であり、最も重要なポイントです。Dポイントで反転しない場合は、パターンが無効になります。Dポイントを見極めるためには、パターンの形や比率だけでなく、他のテクニカル分析やファンダメンタル分析も併用することがおすすめです。

ハーモニックパターンは、初心者でもわかりやすいように見えるかもしれませんが、実際にトレードするには高度なスキルや経験が必要です。ハーモニックパターンを正しく認識するためには、チャートをよく観察し、練習することが大切です。また、ハーモニックパターンだけに頼らずに、他の指標や分析法と組み合わせて使うことで、より効果的なトレードができるようになります。

また、CからDを狙う方法もあり、実はこちらが本当の使い方だったりします。

ハーモニックパターンとは何か?基本的な定義と種類

ハーモニックパターンとは、価格チャート上に現れる特定の形や比率を持つパターンのことです。これらのパターンは、市場の心理や供給・需要のバランスを反映しており、将来の価格の動きを予測するのに役立ちます。ハーモニックパターンは、フィボナッチ数列や幾何学的な比率に基づいています。フィボナッチ数列とは、前の2つの数を足すと次の数になる数列のことで、例えば1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, …というように続きます。幾何学的な比率とは、フィボナッチ数列から導かれる比率のことで、例えば0.618, 0.382, 0.236などがあります。

ハーモニックパターンには、さまざまな種類がありますが、ここでは代表的な4つのパターンを紹介します。それぞれのパターンは、XABCDという5つのポイントから構成されており、XからAまでが最初の波動、AからBまでが最初の反動、BからCまでが2番目の波動、CからDまでが2番目の反動となります。Dポイントが形成された後には、価格が反転する可能性が高くなります。各パターンでは、ポイント間の距離や角度に対して特定の比率や条件が設定されています。

パターン名特徴
バタフライXA波動が最も長く、DポイントがXポイントを超えることがある。BC波動はAB波動の0.382~0.886倍。CD波動はXA波動の1.618~2.618倍。
ガートレーXA波動に対してAB波動が0.618倍、BC波動が0.382倍、CD波動が0.786倍。DポイントはXA波動の延長線上にある。
バットXA波動に対してAB波動が0.382~0.5倍、BC波動が0.382~0.886倍、CD波動が0.886倍。DポイントはXA波動の延長線上にある。
クラブXA波動に対してAB波動が0.382~0.618倍、BC波動が0.382~0.886倍、CD波動が1.272~1.618倍。DポイントはXポイントを超えることがある。

以下は、それぞれのパターンの例を示したチャートです。

  • バタフライ
  • ガートレー
  • バット
  • クラブ

ハーモニックパターンは、テクニカル分析の一つの手法として、トレーダーや投資家によって広く利用されています。パターンの発生を見極めることで、エントリーやエグジットのタイミングを決めることができます。しかし、ハーモニックパターンだけに頼るのではなく、他の指標や要因と併せて分析することが重要です。また、パターンが完全に形成されるまで待つことや、ストップロスや利益確定のレベルを設定することも忘れないでください。

ハーモニックパターンのメリットとデメリット

ハーモニックパターンとは

  • 価格チャートに出る特別な形
  • その形に合わせて売り買いすると儲かるという考え方
  • 数字や図形の法則に基づいている
  • いろいろな種類がある

ハーモニックパターンの良い点

  • 価格の動きを冷静に見ることができる
  • 売り買いのタイミングや目標をはっきり決めることができる
  • 勝つ確率が高い

ハーモニックパターンの悪い点

  • 形を見分けるのが難しい場合がある
  • 形ができるのを待つのに時間がかかる場合がある
  • 他の分析方法と一緒に使う必要がある

ハーモニックパターンとは、価格チャート上に現れる特定の形状のことで、その形状に従ってトレードすることで利益を得ることができるという理論です。ハーモニックパターンは、フィボナッチ数列や幾何学的比率に基づいています。ハーモニックパターンには、バタフライ、ガートレー、バット、シャークなど、さまざまな種類があります。

ハーモニックパターンのメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 価格の動きを客観的に分析することができます。ハーモニックパターンは、数学的なロジックに基づいているため、感情や主観に左右されることなく、トレードの判断材料とすることができます。
  • トレードのエントリーとエグジットを明確に決めることができます。ハーモニックパターンは、形状が完成した時点でトレードの方向や目標値、ストップロスを決めることができます。これにより、迷いや損失を減らすことができます。
  • 高い勝率を期待することができます。ハーモニックパターンは、市場の反転点や継続点を捉えることができるため、高い確率で利益を得ることができます。特に、強いトレンドの中で形成されたハーモニックパターンは、大きな利益を狙うことができます。

一方、ハーモニックパターンのデメリットとしては、以下のようなものがあります。

  • 形状の判別が難しい場合があります。ハーモニックパターンは、細かいルールや条件が多く、形状の判別には経験やスキルが必要です。また、同じ形状でも時間軸や通貨ペアによって効果が異なる場合があります。
  • 形状の完成を待つ必要があります。ハーモニックパターンは、形状が完成するまではトレードしないことが原則です。しかし、形状が完成するまでに時間がかかったり、途中で形状が崩れたりする場合もあります。そのため、チャンスを逃したり、不要なストレスを感じたりする可能性があります。
  • 他の分析手法と併用する必要があります。ハーモニックパターンだけでは、市場の全体的な動向や流れを把握することは難しいです。そのため、トレンドラインやサポート・レジスタンスラインなどの他の分析手法と併用することで、より効果的なトレードを行うことができます。

以上のように、ハーモニックパターンにはメリットとデメリットがあります。ハーモニックパターンを使う場合は、自分のトレードスタイルや目的に合わせて、適切に利用することが重要です。

ハーモニックパターンの種類と特徴

ハーモニックパターンとは、相場の動きを幾何学的な図形に当てはめて、転換点や目標値を予測するテクニカル分析の手法です。ハーモニックパターンは、XABCDという5つのポイントで構成されており、それぞれのポイントが特定の比率で連動しています。ハーモニックパターンには、さまざまな種類がありますが、ここでは代表的な4つのパターンを紹介します。

  1. バタフライパターン
    バタフライパターンは、ABがXAの0.786倍、BCがABの0.382~0.886倍、CDがBCの1.618~2.618倍、そしてDがXAの1.27~1.618倍になるようなパターンです。Dポイントは、XAの延長線上にあります。バタフライパターンは、強いトレンドの終わりに形成されることが多く、Dポイントで反転する可能性が高いです。
  2. ガートレーパターン
    ガートレーパターンは、ABがXAの0.618倍、BCがABの0.382倍、CDがXAの0.786倍になるようなパターンです。Dポイントは、XAと同じ方向にある水平線上にあります。ガートレーパターンは、トレンドの中期的な修正に形成されることが多く、Dポイントでトレンド再開する可能性が高いです。
  3. バットパターン
    バットパターンは、ABがXAの0.382~0.5倍、BCがABの0.382~0.886倍、CDがXAの0.886倍になるようなパターンです。Dポイントは、XAと同じ方向にある水平線上にあります。バットパターンは、トレンドの中期的な修正に形成されることが多く、Dポイントでトレンド再開する可能性が高いです。
  4. クラブパターン
    クラブパターンは、ABがXAの0.382~0.618倍、BCがABの0.382~0.886倍、CDがBCの2.24~3.618倍、そしてDがXAの1.13~1.618倍になるようなパターンです。Dポイントは、XAの延長線上にあります。クラブパターンは、強いトレンドの終わりに形成されることが多く、Dポイントで反転する可能性が高いです。

ハーモニックパターンは、相場の波動を数値化して分析することで、より精度の高いエントリーやエグジットを見つけることができます。しかし、ハーモニックパターンだけに頼るのではなく、他のテクニカル指標やファンダメンタルズ分析と併用することで、より効果的なトレード戦略を立てることができます。

ハーモニックパターンを見極めるための3つのポイント

ハーモニックパターンとは、相場の動きを幾何学的な図形に当てはめて、転換点や目標値を予測する手法です。ハーモニックパターンには、さまざまな種類がありますが、共通する特徴は、波動の比率がフィボナッチ数列に従っていることです。ハーモニックパターンを見極めるためには、以下の3つのポイントに注意する必要があります。

  1. 波動の長さを正確に測定する
    ハーモニックパターンを構成する波動の長さは、フィボナッチ数列の比率に基づいています。例えば、ABCDパターンでは、AB波とCD波が等しいか、もしくは0.618倍や1.618倍の関係にあることが条件です。波動の長さを測定する際には、ローソク足の始値や終値ではなく、高値や安値を使うことが推奨されます。また、測定ツールやチャートの設定によっても結果が異なる場合があるので、一貫性を持たせることが大切です。
  2. パターンの種類を判別する
    ハーモニックパターンには、バタフライ、バット、ガートレー、シャークなど、多くの種類があります。それぞれに異なる条件や特徴があるので、パターンの種類を正しく判別することが重要です。パターンの種類を判別する際には、波動の比率だけでなく、形状や方向性にも注目する必要があります。例えば、バタフライパターンでは、D点がX点を超えることが条件ですが、バットパターンでは、D点がX点よりも低いことが条件です。
  3. 転換点や目標値を確認する
    ハーモニックパターンを見極めたら、次に転換点や目標値を確認することが必要です。転換点とは、パターンが完成したポイントであり、そこから相場が反転する可能性が高いと考えられるポイントです。目標値とは、反転した相場が到達する可能性が高いと考えられるポイントです。転換点や目標値を確認する際には、フィボナッチ数列の比率や拡張を利用します。例えば、ABCDパターンでは、D点が転換点であり、そこからAB波の0.382倍や0.618倍の距離に目標値があると考えられます。

以上が、ハーモニックパターンを見極めるための3つのポイントです。ハーモニックパターンは、相場の動きを理解しやすくするだけでなく、エントリーやエグジットの判断材料にもなります。しかし、ハーモニックパターンだけに頼るのではなく、他のテクニカル分析やファンダメンタル分析と併用することが、より効果的なトレードにつながります。

ハーモニックパターンを描くためのツールと使い方

ハーモニックパターンとは、相場の動きを幾何学的な図形に当てはめて、転換点や目標値を予測するテクニカル分析の手法です。ハーモニックパターンには、さまざまな種類がありますが、共通しているのは、XABCDという5つのポイントからなる波動構造であることです。この波動構造を描くためには、ツールが必要です。今回は、ハーモニックパターンを描くためのツールと使い方について紹介します。

ハーモニックパターンを描くためのツールは、主に2種類あります。一つは、チャート上に直接図形を描くことができるツールです。これは、トレーダー自身がポイントを選択して、ハーモニックパターンを作成する方法です。もう一つは、チャート上に自動的にハーモニックパターンを表示するツールです。これは、プログラムがポイントを検出して、ハーモニックパターンを生成する方法です。

直接図形を描くツールの利点は、自分でポイントを選べることです。これにより、自分の判断や感覚に基づいて、ハーモニックパターンを作成できます。また、チャート上に図形が表示されるので、視覚的に分かりやすいです。直接図形を描くツールの欠点は、手間がかかることです。ポイントを選ぶのに時間がかかったり、間違えたりする可能性があります。また、チャート上に多くの図形が表示されると、見づらくなったり、混乱したりする可能性があります。

自動的にハーモニックパターンを表示するツールの利点は、手間がかからないことです。プログラムがポイントを検出してくれるので、トレーダーはチャートを見るだけで済みます。また、プログラムが計算してくれるので、精度が高いです。自動的にハーモニックパターンを表示するツールの欠点は、自分でポイントを選べないことです。これにより、プログラムの判断や設定に依存してしまいます。また、チャート上に表示されるハーモニックパターンは、必ずしも有効なものとは限りません。プログラムが誤検出したり、無視すべきものを表示したりする可能性があります。

どちらのツールもメリットとデメリットがありますが、どちらを使うかはトレーダーの好みや目的によって異なります。直接図形を描くツールは、自分でコントロールしたい人や創造性が高い人に向いています。自動的にハーモニックパターンを表示するツールは、手間を省きたい人や客観性が高い人に向いています。どちらの場合も、ハーモニックパターンはあくまで参考程度に使うべきであり、他のテクニカル分析やファンダメンタルズ分析と併用することが重要です。

ハーモニックパターンを分析するための指標と手法

ハーモニックパターンとは、価格チャート上に現れる特定の形状のことで、その形状に従ってトレードすることで利益を得ることができるとされるテクニカル分析の一種です。ハーモニックパターンは、フィボナッチ数列や幾何学的比率に基づいて構成されており、市場の心理や供給・需要のバランスを反映していると考えられています。ハーモニックパターンには、バタフライ、ガートレー、シャーク、サイファーなど、様々な種類があります。

ハーモニックパターンを分析するためには、まずその形状を正しく認識する必要があります。しかし、人間の目でチャートを見ても、パターンの判別は難しい場合が多くあります。そこで、ハーモニックパターンを自動的に検出する指標やソフトウェアが開発されています。これらのツールは、チャート上にパターンの名前やエントリー・エグジットポイントを表示してくれるので、トレーダーはそれに従って売買するだけでよくなります。

しかし、ハーモニックパターンを分析するための指標やソフトウェアにも欠点があります。一つは、パターンの検出精度が低いことです。市場は常に変動しており、パターンも完全には形成されないことが多いです。そのため、指標やソフトウェアが誤ってパターンを認識したり、逆に見逃したりする可能性があります。もう一つは、パターンだけではトレードの成功率が高くないことです。パターンはあくまで市場の傾向を示すものであり、他の要因や条件によって変化することがあります。そのため、パターンだけに頼らずに、トレンドやサポート・レジスタンスなどの分析も併用する必要があります。

以上のことから、ハーモニックパターンを分析するための指標や手法は、あくまで補助的なものであると言えます。トレーダーは、自分の目でチャートを見て判断する力を養うとともに、他の分析方法と組み合わせて使うことが重要です。

ハーモニックパターンで作る効果的なエントリーとエグジット

ハーモニックパターンで作る効果的なエントリーとエグジット

ハーモニックパターンとは、相場の波動を幾何学的な図形に当てはめることで、転換点や目標値を予測する手法です。ハーモニックパターンには、ガートレー、バタフライ、クラブ、シャークなど、さまざまな種類がありますが、共通する特徴は、特定の比率で動く波動を見つけることです。この比率は、フィボナッチ数列や黄金比に基づいています。

ハーモニックパターンを使って効果的なエントリーとエグジットを作るには、以下のステップに従います。

  1. パターンの形成を確認する。ハーモニックパターンは、XABCDという5つのポイントから構成されます。Xは始点であり、Dは終点です。ABCDの各波動は、XからDまでの距離に対して一定の比率で動きます。例えば、ガートレーの場合は、ABがXAの0.618倍、BCがABの0.382倍、CDがXAの0.786倍になります。このようにして、パターンが完成したかどうかを判断します。
  2. エントリーポイントを決める。ハーモニックパターンでは、Dポイントがエントリーポイントになります。Dポイントは、パターンの反転点であり、そこから相場が逆方向に動き始めます。Dポイントに近づくときには、注文を準備します。Dポイントを超えたら、成行注文か指値注文でエントリーします。
  3. ストップロスを設定する。ハーモニックパターンでは、ストップロスはDポイントの反対側に置きます。つまり、買いの場合はDポイントより下に、売りの場合はDポイントより上に設定します。ストップロスは、パターンが無効になるポイントを意味します。例えば、ガートレーの場合は、DポイントがXAの0.786倍の位置にあるので、ストップロスはXAの1.13倍の位置に置きます。
  4. 利益確定ポイントを決める。ハーモニックパターンでは、利益確定ポイントはAポイントとCポイントにあります。AポイントとCポイントは、パターンの中間点であり、そこから相場が反発する可能性が高いです。利益確定ポイントに到達したら、一部または全てのポジションを決済します。例えば、ガートレーの場合は、AポイントがXAの0.618倍の位置にあるので、そこで一部利益確定を行い、CポイントがXAの0.382倍の位置にあるので、そこで全て利益確定を行います。

以上がハーモニックパターンで作る効果的なエントリーとエグジットの方法です。ハーモニックパターンは複雑な手法ですが、練習すれば自分で見つけられるようになります。また、ハーモニックパターンだけでなく、他のテクニカル分析やファンダメンタル分析とも併用することで、より確実なトレードができるようになります。

ハーモニックパターンを習得するためのアドバイス

ハーモニックパターンとは、音楽理論において、特定の比率で構成された音程の組み合わせのことです。ハーモニックパターンは、美しい和音やメロディを作るための有効なツールとなります。しかし、ハーモニックパターンを習得するには、多くの練習と理解が必要です。そこで、この記事では、ハーモニックパターンを習得するためのアドバイスをいくつか紹介します。

  1. ハーモニックパターンの種類を学ぶ
    ハーモニックパターンには、様々な種類があります。例えば、メジャースケールに基づくハーモニックパターンや、マイナースケールに基づくハーモニックパターンなどです。また、ハーモニックパターンは、その形や位置によっても異なります。例えば、三角形や菱形などの形をしたハーモニックパターンや、根音や第五音などの位置によって変わるハーモニックパターンなどです。これらのハーモニックパターンの種類を学ぶことで、音楽の幅が広がります。
  2. ハーモニックパターンの理論を理解する
    ハーモニックパターンを習得するには、単に覚えるだけでは不十分です。ハーモニックパターンがどのように構成されているか、どのような効果を持つか、どのように応用できるかなど、その理論を理解することが重要です。理論を理解することで、ハーモニックパターンを自在に使いこなすことができます。
  3. ハーモニックパターンを実践する
    ハーモニックパターンを習得するには、実践が欠かせません。実際に楽器を演奏してみたり、曲を作ってみたり、聴き取りや分析をしてみたりすることで、ハーモニックパターンの感覚や応用力を養うことができます。実践する際には、自分の好きなジャンルやスタイルに合わせて、ハーモニックパターンを選んだり変えたりしてみると良いでしょう。

以上、ハーモニックパターンを習得するためのアドバイスでした。ハーモニックパターンは、音楽の魅力や表現力を高めるための素晴らしい技術です。ぜひ、この記事を参考にして、ハーモニックパターンに挑戦してみてください。

ハーモニックパターンを使ったトレード例と注意点

ハーモニックパターンとは、相場の波動を幾何学的な図形に当てはめて、転換点や目標値を予測するテクニカル分析の手法です。ハーモニックパターンには、ガートレー、バタフライ、バット、シャークなど、様々な種類があります。これらのパターンは、特定の比率や角度で形成されることが多く、フィボナッチ数列や黄金比に基づいています。

ハーモニックパターンを使ったトレード例を見てみましょう。以下のチャートは、ドル円の日足です。ここでは、バットパターンが形成されていることが分かります。バットパターンは、XABCDという5つのポイントから構成されます。XからAまでの上昇波動が始まりとなり、AからBまでが0.382倍の下落波動、BからCまでが0.886倍の上昇波動、CからDまでが1.618倍の下落波動となります。Dポイントが完成すると、反転する可能性が高くなります。

この場合、Dポイントは108.50付近でした。ここで売りエントリーをすると、利益を得ることができました。目標値は、AポイントやBポイントなどの前回の高値や安値を参考にします。ストップロスは、Dポイントよりも少し上に置きます。

ハーモニックパターンを使う際の注意点としては、以下のことが挙げられます。

  • パターンが完全に形成されるまで待つこと。途中でエントリーすると、失敗する可能性が高くなります。
  • パターンだけに頼らずに、他のテクニカル指標やファンダメンタルズも併用すること。パターンはあくまで予測であり、確実ではありません。
  • パターンの種類や時間足によって、信頼性や有効期間が異なることを理解すること。一般的には、時間足が長いほど信頼性が高くなります。

ハーモニックパターンでトレードする際のコツと注意点

ハーモニックパターンとは、相場の波動を幾何学的な図形に分析する手法です。この手法を使うと、相場の反転ポイントや目標値を予測することができます。しかし、ハーモニックパターンでトレードする際には、いくつかのコツと注意点があります。ここでは、そのポイントを紹介します。

コツ1: パターンの形成を確認する
ハーモニックパターンは、一定の比率で構成される波動が連続することで形成されます。しかし、相場は常に変動しており、パターンが完全に揃うことは稀です。そのため、パターンの形成を確認することが重要です。パターンの形成を確認する方法は、以下のようなものがあります。

  • パターンの各ポイントにおける値動きの強さや方向性をチェックする
  • パターンの各ポイントにおける出来高やオシレーターなどのテクニカル指標をチェックする
  • パターンの形成に影響する可能性のあるファンダメンタルズやニュースなどをチェックする

コツ2: リスクリワード比を考慮する
ハーモニックパターンでトレードする際には、リスクリワード比を考慮することが大切です。リスクリワード比とは、損失を抑えるための損切りラインと利益を確定するための利確ラインの比率のことです。一般的には、リスクリワード比が2以上であれば、トレードに有利な状況と言えます。リスクリワード比を計算する方法は、以下のようなものがあります。

  • パターンの反転ポイントや目標値を利用する
  • パターンのサポートラインやレジスタンスラインを利用する
  • パターンの前後に形成された高値や安値を利用する

注意点1: パターンが失敗する可能性もある
ハーモニックパターンは、相場の反転ポイントや目標値を予測する有効な手法ですが、必ずしも正しいとは限りません。相場は多くの要因によって動くため、パターンが失敗する可能性もあります。そのため、注意点として以下のようなことを心がける必要があります。

  • 損切りラインや利確ラインを明確に設定し、守る
  • パターンが失敗した場合に備えて、別のエントリーやエグジットのシグナルを探す
  • パターンが失敗した原因や教訓を分析し、次回のトレードに活かす

注意点2: パターンだけに頼らない
ハーモニックパターンは、相場の波動を幾何学的な図形に分析する手法ですが、それだけに頼るのは危険です。相場は常に変化しており、パターンだけでは捉えきれない動きもあります。そのため、注意点として以下のようなことを意識する必要があります。

  • パターン以外のテクニカル分析やファンダメンタルズ分析も併用する
  • パターンの時間足や通貨ペアを変えて、相場の全体像を把握する
  • パターンの信頼度や確率を検証する

まとめ
ハーモニックパターンでトレードする際には、コツと注意点があります。コツとしては、パターンの形成を確認することと、リスクリワード比を考慮することです。注意点としては、パターンが失敗する可能性もあることと、パターンだけに頼らないことです。これらのポイントを押さえて、ハーモニックパターンでトレードに成功しましょう。

ハーモニックパターンを学ぶためのおすすめの書籍とサイト

ハーモニックパターンとは、音楽理論において、特定の比率で構成された幾何学的な図形を用いて、価格の動きを予測する手法です。この手法は、トレードのエントリーやエグジットのタイミングを見極めるのに役立ちます。しかし、ハーモニックパターンを学ぶには、高度な数学や音楽の知識が必要なのでしょうか?答えはノーです。実は、ハーモニックパターンを学ぶためには、基本的な図形や比率の理解と、忍耐力と練習があれば十分です。そこで、この記事では、ハーモニックパターンを学ぶためのおすすめの書籍とサイトを紹介します。

まず、ハーモニックパターンの基礎を学ぶには、スコット・カーニーの『ハーモニック・トレーディング』がおすすめです。この書籍では、ハーモニックパターンの歴史や理論、主要なパターンの特徴や描き方、トレードの実践例などが詳しく解説されています。また、図形や比率の計算に便利なツールも紹介されています。この書籍は、ハーモニックパターンの入門書として最適です。

次に、ハーモニックパターンの応用を学ぶには、ラリー・ペソヴェントとスティーブン・シャピロの『ファイブウェイブ・トレード』がおすすめです。この書籍では、ハーモニックパターンとエリオット波動理論を組み合わせたトレード手法が紹介されています。エリオット波動理論とは、価格の動きは5つの波と3つの波からなるサイクルで繰り返されるという考え方です。この書籍では、ハーモニックパターンとエリオット波動理論の相互作用や相補性を示す多数のチャートが示されています。また、実際にトレードした例も豊富に掲載されています。この書籍は、ハーモニックパターンの応用書として最適です。

最後に、ハーモニックパターンを練習するには、インターネット上のサイトがおすすめです。例えば、TradingViewやHarmonic Pattern Collectionなどのサイトでは、リアルタイムでハーモニックパターンを検出して表示する機能があります。これらのサイトを利用すれば、自分でチャートを分析する必要がありません。また、他のトレーダーや専門家と交流することもできます。これらのサイトは、ハーモニックパターンを練習するには最適です。

以上が、ハーモニックパターンを学ぶためのおすすめの書籍とサイトです。ハーモニックパターンは難しそうに見えますが、実際にはそうではありません。基本的な図形や比率の理解と、忍耐力と練習があれば、誰でもハーモニックパターンをマスターすることができます。ぜひ、この記事で紹介した書籍やサイトを参考にして、ハーモニックパターンの魅力に触れてみてください。

損失は会社負担で80%以上の利益

少額資金の人必見!