XMTradingで失敗しないおすすめ戦略【少額から最速戦略】

【回答/原因3つ】ザオプション:取引量が上限を超過しています《theoption》

【回答/原因3つ】ザオプション:取引量が上限を超過しています《theoption》

ザオプション/theoptionで取引していると、
たまに「取引量が上限を超過しています」と取引画面に表示されます。


どういうことでしょう?

その疑問に答えます。

無料で投資を学習して始めてみませんか?

この記事を読んでくれてる皆さんはFX/BO投資が気になるけど、投資が初めてだし……と悩んでいませんか?もし、悩んでいる場合には、このブログで投資の始め方手順とテクニカル分析方法を無料公開しています。テクニカル分析に有利なBO業者とそのスキルでFXに移行でき、少額から増やせる証券会社と取引所をおすすめしています。
詳しい詳細はこちら

【回答/原因3つ】ザオプション:取引量が上限を超過しています《theoption》

まず、原因は下記の通りです。

ザオプション:取引量が上限【原因3つ】

  1. 最大取引量を超えている場合
  2. 複数ポジションを同時保有している場合
  3. システムがダウンしている場合

上記の理由で「取引量が上限」している可能性が高いです。

なぜなら、ザオプション/theoptionの公式サイトに記載されているからです。

システムがダウンは僕の実体験なので、参考までに聞いてください。

では、上記の内容を解説していきます。

原因①:最大取引量を超えている場合

1回の取引の上限は10万円です。

つまり、一回の購入では10万円以上の取引はできないということです。

ザオプション/theoptionの公式サイトの「よくある質問」に記載されています。

上記は公式の情報になります。

詳しくは「よくある質問」をご確認ください。

原因②:複数ポジションを同時保有している場合

また、同時にエントリーしたポジションを保有(同時保有)している場合には、50万円の上限が設けられています。

同じ通貨ペアでの保有の場合には25万円です。

つまり、上限ルールは下記の通り。

同一取引同一取引での複数保有複数取引での複数保有
10万円まで25万円まで50万円まで

上記の通りです。

ざっくり把握するには上記の表を見れば一発で理解できます。
参考にしてください。

原因③:システムがダウンしている場合

同時保有していないのに「取引量が上限を超過しています」と表示される場合考えられるのが、システムがダウンしたときに起こる場合があります。

実は、僕も「取引量が上限を超過しています」の原因がわからなかった人です。

どういうことかと言うと、僕はダウンロードチャート(ディスクトップアプリ)を活用しています。

恐らく、ブラウザ版だと、常に通信しているので常に更新してくれますが、ダウンロード版だと更新がされない不具合がたまに起きます。

そうなると、値動きが動かず、固まったりします。それなら、気づけてまだいいのですが、本当に極稀に、値動きが動いているのにエントリーできないや、「取引量が上限を超過しています」と表示される場合があります。

僕的に取引が終了したのに、保有ポジションを持っているとシステムが誤認していると考えています。

もし、この原因が何なのか分かる人はお問い合わせホームから教えて下さい!
※ブログを更新し、読者により良い記事にしていきます。

【対策】ザオプション:取引量が上限を超過しています

  1. ネット環境を強くする
  2. ダウンロード版ではなく、ブラウザ版に切り替える
  3. 1日経過してから再度取引を始める

対策①:ネット環境を強くする(3GSからwifi)

対策としては、ネット回線が弱いときにシステムダウンなどで、誤作動表記される場合があると考えられます。

そのため、ネット回線を強化することを得策。

具体的には、これまた、公式ブログの方で解説してくれているので、読んでみてください。

つまり、ネット回線が弱いと他の不具合が起きるということになる場合があるので、メリットしかない対策方法です。

とはいえ、回線がすでにwifiの場合は問題ないかと。

対策②:ダウンロード版ではなく、ブラウザ版に切り替える

ダウンロード版からブラウザ版に切り替えることで、システムダウンの疑いを省くことができます。

上記でも説明したとおり、個人的にシステムの不具合だと感じていたので、通信が安定か、デバイスやダウンロードしているPCの問題だったりと理由は様々です。

なので、手っ取り早いのはダウンロード版(デスクトップアプリ)から、ブラウザに切り替えることで、通信が常にされていないとそもそも画面も表示されません。

つまり、システムの不具合をなるべく回避できるメリットがあります。

悩んでいた人はお試しあれ。

対策③:1日経過してから再度取引を始める(※または再起動)

これは、取引上限がリセットされた事を利用した方法です。

そもそも、上限は一回の取引や一日といった上限でシステムが組まれているので、一日立って取引する事が確実です。

なにかあれば、1日様子見をして見て取引ができるか確認しましょう。

また、デモ取引でも同じことが言えますので、ご参考にしてください。

また、取引できるようになったときと、できなかったときがあったので、メインにお話していませんが、再起動してみるのも効果ありです。

デスクトップアプリの再起動で直らない場合には、PCの再起動を試してみましょう。

ここで、もしかしたら、PCのバージョンが古く、更新したらエントリーできるようになったりもします。

とはいえ、最近デスクトップアプリのアップデートがあったので、すでにダウンロードして放置している人はアップデートしておきましょう。

無料でテクニカル分析UPしませんか?

ザオプションの「theoption PRO」を活用してテクニカル分析のスキルUPに最適
なぜ、ザオプションの「theoption PRO」を使うことでスキル上達につながるのか?理由は最低1分のチャートローソク足と最低10秒足の高速分析の違いです。詳しくは下記の記事で解説。
» 【BO投資】ザオプションで【テクニカル分析をマスターしよう】

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

ザオプションカテゴリの最新記事