ザオプション(theoption)レート操作【気にする?】

ザオプション(theoption)レート操作【気にする?】

2022年3月27日

ザオプション(theoption)のレート操作についてお話します。

結論から言うと、ザオプション(theoption)レート操作は「ある」か「ない」かは正直わかりません。

また、レート操作されているかについて気になっていた時期もありますが、今僕は全く気にしていません。

理由はそれより先に気にすることがあるからです。

なので、気になる気持ちはわかりますが、個人的に調べてくださいとしか言えません。

とはいえ、僕が分かる範囲ですが、調べてみたので参考にしてください。

また、それ以外にも似たような事例があったので、そちらも個人的に調べてみました。

【回答/原因3つ】ザオプション:取引量が上限を超過しています《theoption》

ザオプション(theoption)のレート操作は【配信元が違うからの可能性が高い】

レートがズレたり操作されていると感じるのは恐らく配信元が複数あるからも1つの可能性的には大きい要因なのかなと感じです。

そもそも、ザオプション(theoption)のレート元はどこなのでしょうか?

調べてみるとザオプションのよくある質問に記載がありました。

レート元「配信会社」

  • FXCM
  • LMAX

つまり上記の2社の配信会社を元に、ザオプション(theoption)のレートが決まっています。

上記の2社について軽く調べてみました。

FXCMについて
LMAXについて

つまり、ざっくりいうと、

  • 「FXCM」=「ブローカー」
  • 「LMAX」=「マーケットメーカー」

上記の2つの違ったレートを取得し参考にしてザオプション(theoption)のレートが決まっています。

ざっくりとザオプション(theoption)のレート操作はあるかな?考えて調べてもたのですが、正直レート元が複数存在して掛け合わせている時点で、もはやブラックボックスなので、中身がわからないことには仕方ないかと。

ちなみにGoogleの検索のアルゴリズムのSEOもブラックボックスですし。

Googleの検索アルゴリズムは今やAIを活用しているらしく、社員でもわからないそうです。

それとは違うにしても近い部分があるかと。

なので、想定して対策するしかないかと思います。

ザオプション(theoption)のレート操作は【僕は気にしません】

調べた内容で理解できる範囲は調べられましたが、あとは調べようがないので、ここまで。

また、ここから先を考えるよりも自分のスキルをUPして次ぎにつなげる方が個人的には生産性が高いと判断したので、僕の場合にはテクニカル分析(値動きの本質を調べられるなら何でもいいですが僕の場合はという意味で)を特化して学習するべきかと。

もしも、ザオプション(theoption)のレート操作が不正に行われてた場合には他の業者に乗り換えればOKです。

また、その乗り換えた先でもテクニカル分析をマスターしているので(本質的な分析のことです)困りません。

つまり、分析マスターするプラットホームとして活用するだけのことなので、あまりレート操作されているかどうかは気にしません。

レート操作やエラー、値動きが激しくてキャンセルされているなどの内容はすべて個人の推測ですが配信元とザオプション側のズレによるものかなと。※ブラックボックスなので僕もわかりません。

本当のところはわかりませんが、僕はそういうものだと割り切って考えており、数分取引の短期メインだと気になるかもですが、できるだけ眺めの取引にすると少し気になりにくくなります。

僕の個人的な対策としてザオプションのHighLow取引を活用することで対策しています。
※また、値動きの激しさが収まったときにエントリーするや値動きが激しくなる前にエントリーすることで対策しています。

また、最近では1時間以内の取引時間を活用しているので、もしも不正レート操作が行われているとしても、時間が長いので、すぐに損切りや利確ができ、多くく動いても金額の上下が少ないので安心して判断ができます。

また、取引時間を眺めにしているので、転売エラーしても短期のように資金な0円に近づくこともなく安心。

更にいうと、1時間取引なので、かなりFXよりの取引戦略を活用でき、その戦略のままでもFXに移行できます。

個人的にはこういったつながりで積み上げられる戦略を取り入れて始めることで、どんな失敗でも大した問題にならないかと思います。

1つの考え方として参考にしてみてください。

まとめとボーナス情報