初めましての方へ

【重要】ザオプションの両建てとは!?リスクを最小限に!【戦略分析】《theoption》

【重要】ザオプションの両建てとは!?リスクを最小限に!【戦略分析】《theoption》

投資で両建てって聞くけど・・・。
実はあまり知らないんだよね。。

どういう意味?

重要だったりする?

はい、考え方はとても重要です。

実は、両建てを考えて取引してみると、意外と見えてこない内容が見えてきます。。

僕の場合は資金管理と損切り&利食いが重要だと気付かされました。

なので、個人差があるかと思いますが、僕が感じた重要だと思う内容を織り交ぜてザオプション/theoptionを軸に両建てを解説していきたいと思います。

良ければご自身の取引の参考にしてみてください。内容は下記の流れで解説していきます。

【重要】ザオプションの両建てとは?リスクを最小限に!【戦略分析】《theoption》

ザオプション(theoption)両建てとは?

両建てとは取引する時に上と下両方にエントリーするという意味です。

つまり、バイナリーオプションであるザオプション(theoption)でもFXと意味は同じです。

上と下に同時にエントリーして取引を行う意味。

FXでも同じ意味を持つので詳しくはこちら
» 両建て

ザオプション/theoptionの両建ての使い方3選

ザオプション/theoptionでは両建てを活用して取引することでお金が減るリスクを抑え、利益を積むリターンを安定UPの1つとして考えることができます。

両建ての本質として、リスクを最小限に抑える方法だと僕は思います。
そのため、両建てしつつ、そこで、保有しているポジションの根拠が高まった時に片方を損切り片方を利食い(利確までポジション保有)することがベスト。

とはいえ、初めは低リスクで行う両建てですが、やはり、利益を増やそうとすると高いリスクが伴ってきます。

しかし、エントリーの障壁(ハードル)は少しだがるので、練習にはもってこいかと思います。

資金を溶かすのが怖い方はザオプション/theoptionで両建て取引を行ってみてください。何度も両建てを行い経験を積むとドキドキ感が抑えられてきます。

取引が怖くなってしまっている人には最適な方法かと。

両建て方法①:金額の減りを最小限に抑える【難易度低め】

ザオプション/theoptionでの両建てで一番やりやすいのはこの方法です。確実に減らない方法で取引することができます。

具体的には上エントリーしたポイントで直ぐに下エントリーです。
これが、普通の取引なら難易度は低め。

でも、スプレッドありの200%だと話しは変わってくる

実は、現実問題ペイアウト率が1.80%であれば、1000円エントリーで-200円になってしまいます。

つまり、仕組みは簡単だから、多くのブログに攻略方法をして乗っていますが、これは落とし穴です。

なぜなら、ペイアウト率が高い通貨ペアとサービス内容に変更する事で、利益を出せると語っている人もいますが、現実問題困難かと。

理由はザオプション/theoptionの最大ペイアウト率は200%です。
しかし、スプレッドの取引がこの200%なので、エントリーした方に少し不利な位置で上下されて約定します。

つまり、この状態でもしも、値動きがない場合にどちらも負けてしまうということです。

画像で確認するとこのような画面になります。

※説明のため簡単にしていますが、相場はもっと複雑なので絶対に鵜呑みにせず自分で検証をしてから試しましょう。

スプレッド分の値幅が開いており、この中で締め切り時間を迎えるとどちらも負けてしまいます。

結論として、スプレッドなしの取引であれば、負けを最小限に抑えられます。
しかし、スプレッドあり、にしてしまうと、負けを最大化してしまうリスクがあるので注意しましょう。

もし、スプレッドで両建てする場合には、トレンドブレイクの直前のレンジ相場で押し目買い的な方法で戻って来ると仮定して、エントリーするのがベストかと。

その話を詳しく下記で解説します。

両建て方法②:片方保有し、片方転売する【難易度普通】

ずばり、トレンド狙いのエントリーを保有しつつ、短期的な逆張りでの戻りを狙う。
※もっと効率がいいのは戻り売りではありますが、両建て視点のないようなので、あくまでも両建てで解説しています。

この方法は相場心理をよく理解していないとかなり難しいかもですが、結局の所こういった値動きを見極めることができる人以外は稼げていない印象です。

つまり、ここさえマスターすればプラスに転じる可能性が高いということです。

具体的には下記の画像のようにエントリーをしていく両建て方法です。

※説明のため簡単にしていますが、相場はもっと複雑なので絶対に鵜呑みにせず自分で検証をしてから試しましょう。
※説明のため画像を作りましたが、個人的にはトレンド取引を推奨しています。

例として画像を紹介しましたが、これは少し時間が足りないですね。できれば3倍の長さでエントリーしたほうが。

このような方法でエントリーするとトレンドと戻りの値幅どちらとも取ることができます。理想論ではなりますが、しかし最終的にはこの方法に誰しも行き着くかと。

この画像だと、上のエントリーが転売で、下のエントリーが締め切り時間を想定しています。

FXは基本的にこのがんが得方で取引すると良いと多くの人が言っているし、僕も深く同意です。

取引の学習方法として、こちらの記事を書きましたので、参考にどうぞ。
» 【初心者向け】FX,BO学習/勉強の始め方【ロードマップ】

両建て方法③:時間差でどちらも勝ちをもぎ取る【難易度高め】

この取引方法での両建ては難易度高めです。

とはいえ、狙う部分はいつでも同じ。
しかし、難易度は鬼ムズなので、ザオプション/theoptionで繰り返し両建取引をして経験を積む必要があります。

具体的な両建て取引方法はこちら

上記のような取引が理想的です。

ちなみにこちらが普通のエントリーです。

時間足によっても難易度が変わりますが、固定ルールはこちら

  1. 戻り売りと戻り買いを想定しての短期保有
  2. トレンド発生を見込んでの長期保有

とはいえ、取引を試してみて、自分が苦痛で仕方がないと感じたら過ぎにやめて、違う取引を行いましょう。

勝てる手法とは、深堀りできる手法だけです。

つまり、苦痛すぎて繰り返し検証すらままならない両建て手法はそこですでに勝てない手法になります。

僕の場合は手法というよりも値動きとチャートパターンだけで取引するほうが自分になっていました。

長く続けられる方法を自分で編み出しましょう。

ザオプション/theoptionでの両建てでのコツと注意点2選

上記の内容ですでに、コツと注意点をお話していますが、改めて、深く情報を整理して記載したいと思います。

両建てのコツと注意点はすべての取引の基礎とも言える内容かと思いますので、参考にしてみてくださいね。

では、下記の順番て見ていきましょう。

  1. コツと注意点①:レンジ相場での両建て【短期の戦略重視】
  2. コツと注意点②:スプレッド【HIGH/LOW&短期】の値幅【難易度鬼ムズ】

ざっと大まかにではありますが、大きく3つに分けて、両建て取引のコツと注意点を解説していきます。

コツと注意点①:レンジ相場での両建て【短期の戦略重視】

レンジでの両建て取引では、短期取引をおすすめします。
※ですが、個人的にはトレンドがおすすめ。(あくまでも個人の感想です)

理由は、両建てとは、同じポイントで上と下にエントリーして、取引する事を言います。また、ここでは、転売戦略を取るため、少しの値動きでもペイアウト率の変動が大きいことが前提になります。

なぜなら、値動き少し動いてペイアウト率が変動しないと、プラスに持っていくことが難しいからです。

とはいえ、マイナスになるスピードも早いので、レンジ相場を中心に取引する際は短期が良いかと思います。

つまり、値動きが上下していなければ、成立しないわけです。(※この黄色いライン内)

具体的には、上記の画像の様な取引方法です。

転売で利益を生み出すことができれば、徐々にではありますが、利益の積み上げが可能。

とはいえ、上下を繰り返して、くれない場合はマイナスに転じやすい取引方法です。

確実にレンジ相場になる感じたときに良い取引ができるかと思います。

両建てのレンジ相場の参考として、チャートパターンに当てはめるとうまくいきやすいです。

具体的には「三角持ち合い(ペナント)」「ダブル/トリプルトップ・ボトム(ヘッド&ショルダー/三尊天井・逆三尊)」のチャートパターンなどが、レンジ相場になりえます。

時間足を大きくしてしまうと、こういった値動きだとしてもトレンドになっている可能性が高まるので時間足を下げてのレンジ相場がおすすめです。

とはいえ、観点というわけではないので、あしからず。

合わせて読みたい
» 【本当に効く!?】バイナリーオプションの《チャートパターン》

コツと注意点②:スプレッド【HIGH/LOW&短期】の値幅【難易度鬼ムズ】

鬼ムズではありますが、これを長期に変換するとFXの取引になります。
つまり、これを攻略できれば、かなり技術がUPし、どのプラットホームでも収益を積み上げていく力が付きます。

ほぼほぼFX的な内容ですが、先ほど度何も変わりません。変わるのは下記の2つ。

スプレッドハンデが追加

ハンデをカバーするために時間軸を長くする

これだけです。

とはいえ、取引は両建てとして、解説してきたので、同じ取引になります。

変更点は難易度が上がるため、時間軸を長期にすることで確立をUPする作戦です。

※個人的には長期目線をメインにして、その視点から短期に深堀りしていくという思考がおすすめです。

あくまでも、長期には差からはない取引がベスト。

ザオプション/theoptionでの両建てでの疑問点を解消3選

ザオプション/theoptionの両建て取引を解説してきましたが、ここで、ザオプション/theoptionの疑問点がいくつか出てくるかと思います。

なので、それらをまとめて簡単に解説します。

それでは、見ていきましょう。

疑問点を解消①:両建てで口座凍結される事例は連打が原因

結論から行ってしまっていますが、ザオプション/theoptionで口座凍結される事例がありますよね。その原因として、両建てをしているからだと考える人も多いかと思います。

ですが、両建て取引ではなく、口座凍結される理由としてはスキャルピング連打が原因です。

つまり、短期でのスキャルピング両建てで何度も取引をしてしまうと両建ては連打に近い取引に変わってしまいます。

結果として、両建てで凍結したのでは?と感じる場合があるということです。

こういった理由から、両建てしても連打しなければ口座凍結されないので、問題ないという結論になります。

疑問点を解消②:両建てで+にするには損切り、利確、戦略

ここが一番重要です。

ザオプション/theoptionでの両建て取引で解説していますが、そうではない、普通の取引であっても、損切り、利確、戦略がとても重要です。

この3つを重視して一言でまとめた言葉がリスク管理。

つまり、投資で絶対にマスターすないといけない要素です。

この話をしてしまうと、かなり長い記事にり、本題とズレてしまうので、ここでは割愛します。

疑問点を解消③:リスクヘッジとして戦略的な利用がベスト

いうなれば、勝つためには損小利大の思考で取り組むのが良いかと。
※損小は損切りで実現し、利大は利益転売ではなく、締切まで待つ

色々と、ザオプション/theoptionでの両建て取引方法を解説してきましたが、最終的には、これらをすぐに取引に取り入れるのはNGです。

しっかり、自分が納得行くまで、過去の相場で聞いているのか、取引しても大丈夫なのか、検証してから使いましょう。

どんな取引方法でも同じですが、自分が長く継続できる手法を活用するべ。
(※そうでないと、いくらつ使える手法であれ、ひつこいぐらいデータを集めないと戦えないから)

普通の取引をするときも、こういった思考でリスクヘッジを交えながら、自分の取引に落とし込む作業が、自信に繋がります。

無料でテクニカル分析UPしませんか?

ザオプションの「theoption PRO」はテクニカル分析スキルUPに最適です
なぜ、ザオプションの「theoption PRO」を使うことでスキル上達につながるのか?理由は最低1分のチャートローソク足と最低10秒足の高速分析の違いです。詳しくは下記の記事で解説。
» ザオプションの「theoption PRO」を活用してテクニカル分析スキルUP!

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

TheOption(ザオプション)カテゴリの最新記事