【2022年版】ザオプション(theoption)【新30秒:個人論】

【2022年版】ザオプション(theoption)【新30秒:個人論】

ザオプションを始めようか悩んでいる人へ

「BO初心者だからなぁ……」という初心者向けがBOのザオプションです。理由は12,000円分の取引が実質無料なので、その金額分は安心して本番練習できます。詳しい内容はこちら記事をどうぞ。
» ザオプション:実質無料の1万2千円でリアル取引でスキルUP!【潜在意識を理解】

まとめとボーナス情報

実質無料の1万2千円でリアル取引でスキルUP!
ザオプションでは初回入金キャンペーンによる7,000円キャッシュバックがあるため、合計で12,000円が受け取れます。
» ザオプションの無料口座開設はこちら

【新30秒論】ザオプション(theoption)の【考え方と使い方】

  • 30秒取引の考え方:予測できないランダムが30秒
  • 30秒取引の使い方:勢いの初動を狙える人ならOK

上記の考え方と使い方が一番僕的にはしっくりきます。

結論は上記のとおりですが、細かい部分を深堀りしていくと認識がずれるかもなので個人的な意見を解説します。

以前はザオプション プロ(theoption PRO)が使えたので、10秒足で確認することができましたが、今は4月からはチャートのサービスが終了し、ブラウザ版に力を入れるということで、更に細かい値動きの分析が難しくなりました。

そこで、僕個人的には短期取引はかなり難しいと判断したので、少し時間を伸ばしFXと同じように取引できるルールを作りました。

難しいと判断した理由は上記の30秒取引の考え方でお話したとおり。

予測できないランダム相場が基本ですが、短期になることで更にランダム性がましてある程度の予測ができないようになってしまうという考え方です。

今僕のスキルを持つて本気で取り組めば勝てるかもですが、30秒となるとずっと張り付いていないといけないという時間のリスクが大きく。

僕の趣味であるブログがかけません……。

なので、個人的にですが、30秒取引は難しいので「手を出さないように」が今の所ベスト。

とはいえ、以前も言いましたが、練習では最適です。

  • 補足情報
    練習では最適ですが、そのエントリーの感覚で本番に挑んでしまうとポジポジ病を発症してしまうリスクが大きいので我慢できなくなる場合や、自分で遅くエントリーする練習ができない人は絶対に手を出さないでください!

ザオプション(theoption)【30秒取引はおすすめしません】

色々とお話してきましたが、上記でもお伝えしましたが30秒取引はおすすめしません。
※個人の見解です。

とはいえ、短期が面白くて仕方ないという方も多いかと思います。

僕もそうでしたので、正直短期取引を抜け出すのに時間がかかりました汗

なので、僕の独断と偏見ですが、30秒取引をおすすめしない理由を少しまとめました。

こちらをご覧ください。

ざっくりとですが、上記のように、30秒取引でのデメリットが個人的には大きかったので、作戦を変えて長期目線でのBO&FX持続可能なスタイルに変更。

勝てて利益が出ている人であれば全く問題ありません。

僕の話はそういう考え方もあるのんだな程度で軽く流してくださいね。

とはいえ、理解できるし賛同できるかもという人は下記も参考になるかもです。

ザオプション(theoption)では【30秒】よりも【1時間取引がおすすめです】

では、30秒取引がおすすめできないのであれば、15分取引ですか?と思いますよね。

以前の僕もそうですと、答えていたのですが、最近の僕は「う~ん」という感じです。

その理由として、損切りできない問題があるかです。

ザオプション(theoption)では30秒~1分までは転売機能が使えませんので、自然と損切りはできないですよね。

なので、通常であれば、3分からですが、ザオプション(theoption)は2分から転売が可能です。

そのため、利確として2分を活用するのはかなり良いかもですが、損切りとしては苦しい戦いになります。

理由は下記のとおりです。

値動きが急激に動いた瞬間に損切りしたいと思いますが、そのときは上記の表示のように弾かれてしまいます。

つまり、この表示が数回横に揺れるのですが、この時間で資金が0円になることもあります。

そのため、超難しい……。

こういった戦いを僕は数年くらい続けて、結果的に損切りを取り入れる方法としては難しいなという視点から短期を諦めました。

結果として、1日と1時間が残りましが、1日だとFXをやったほうがいいので、1日の選択肢を消すと15分と1時間取引が残ります。

そして、15分取引もいい感じでしたが、それでも僕の個人的な目安である損切り割合を満たせなかったので、消去法で1時間取引になりました。

結果として、1時間取引を活用するのが個人的にはベスト。(※数年の試行錯誤の末たどり着いた内容です)