初めましての方へ

【楽天カードは非対応】ザオプション(theoption)のVプリカ・バンドル・デビットカード情報

【楽天カードは非対応】ザオプション(theoption)のVプリカ・バンドル・デビットカード情報

【楽天カードは非対応】ザオプション(theoption)のVプリカ・デビット・バンドルカード情報

クレジットカード

楽天カードはザオプション(theoption)では使えません。

日本の金融庁に登録している業者への連携が制限されています。

つまり、海外の業者は日本と関係ないので、
日本の金融庁に登録していないことから楽天カードが使えません。

楽天カードは海外の業者に非対応。

そのため、他のカードを使うことをおすすめします。

基本的には、クレジットカードがおすすめですが、他のカードを使えるので、それらを下記で説明します。

紹介するのは下記の方法です。

  1. Vプリカ
  2. バンドルカード
  3. デビットカード

上記の内容を説明します。

Vプリカ

ザオプション(theoption)ではVプリカを推奨していません。

とはいえ、ビットウォレット(bitwallet)経由で使いことができます。

参考内容:» ネット専用Visaプリペイドカード

バンドルカード

同じく、ザオプション(theoption)ではバンドルカードを推奨していません。

こちらも試してはいませんが、ビットウォレット(bitwallet)経由で使うことができます。

事例:» bitwalletにVISAバンドルカードで入金してみた

上記の事例のようにザオプション(theoption)でビットウォレット(bitwallet)経由で可能。

ですが、ザオプション(theoption)では推奨していない方法です。

デビットカード

こちらも同じく、ザオプション(theoption)に入金する際にビットウォレット(bitwallet)を経由することでデビットカードでも入金できます。

こちらも同様にビットウォレット(bitwallet)経由でなら問題なくデビットカードを利用でき、一番使いやすいかと。

理由は、ビットウォレット(bitwallet)の公式サイトで推奨されているからです。

事例:» ウォレットへのご入金・お預かり方法【bitwallet公式】

とはいえ、やはりクレジットカードを持っている人はクレジットカードを使う方がスムーズですが、セキュリティのためにリスクヘッジ分散するのもありです。

無料でテクニカル分析UPしませんか?

ザオプションの「theoption PRO」はテクニカル分析スキルUPに最適です
なぜ、ザオプションの「theoption PRO」を使うことでスキル上達につながるのか?理由は最低1分のチャートローソク足と最低10秒足の高速分析の違いです。詳しくは下記の記事で解説。
» ザオプションの「theoption PRO」を活用してテクニカル分析スキルUP!

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

TheOption(ザオプション)カテゴリの最新記事