初めましての方へ

バイナリーオプション:ハイローオーストラリア以外で投資を始めるなら【ザオプション(theoption)】

バイナリーオプション:ハイローオーストラリア以外で投資を始めるなら【ザオプション(theoption)】

ハイローオーストラリア以外で投資を始めたいです!良い業者はありますか??

その疑問に答えます。

正直なところ、バイナリーオプションと聞いたら、

「ハイローオーストラリア以外で投資はしないほうがいい」という人が多いようですが、それは違います。

ちゃんとチャート分析ができる人であれば、こういうはずです「バイナリーオプションよりもFXのほうが簡単」だと。。

この発言に「そうだよね」と思う人は確実に勝てる思考を持っています。そのまま続けていれば結果は出ます。

ですが、もしも、バイナリーオプションがFXよりも簡単に稼げると思っている人は危ないので、絶対に手を出さないでくださ!

ですが、どうしてもハイローオーストラリア以外の投資を始めたい人はぼくと同じ思考の方だと思うので、お話します。

答えは「ザオプション(theoption)一択」です。

ハイローオーストラリア以外で難しいなと思って読んでいただけている場合は既にノウハウをお持ちだと思うので、稼いでいけるチャンスです。

全てこのブログのノウハウを使ってもらって問題ありません。

自分の人生は自分で切り開きましょう!(努力と裁量と少しの運)

参考記事:» バイナリーオプションは大損しやすいって本当??【10万円大損した人が解説!】

本記事で理解できる内容

・ハイローオーストラリア以外なら、ザオプション(theoption)が良い理由が分かる

無料でテクニカル分析UPしませんか?

ザオプションの「theoption PRO」はテクニカル分析スキルUPに最適です
なぜ、ザオプションの「theoption PRO」を使うことでスキル上達につながるのか?理由は最低1分のチャートローソク足と最低10秒足の高速分析の違いです。詳しくは下記の記事で解説。
» ザオプションの「theoption PRO」を活用してテクニカル分析スキルUP!

バイナリーオプション情報を取得したい人へ【網羅情報まとめ】
バイナリーオプションというジャンルで情報をまとめた記事をまとめた記事が下記になります。「記事が多すぎてたどり着けないよ」って方は下記の記事から探すと見つけやすいかもなので、興味がある人限定でためし読みしてみてくださいね!
BOまとめ記事はこちら(こちらの記事から、すべてのBO記事情報にたどり着けるようになっています)

【無料手法公開中】バイナリーオプションを始める方へ【初心者向け】
初心者の人は何から始めたらいいのか分からず、どれが正解かもわからいですよね。なので、過去の僕のように悩んでいた人に情報が届いたら嬉しいなと思い公開。単純に過去の僕のように本気の方に読んで欲しいだけなので、参考程度にどうぞ。楽ではないが汎用性が高い方法です。
» 【無料公開】バイナリーオプションBO・FX手法【テクニカル分析】

目次

バイナリーオプション:ハイローオーストラリア以外で投資を始めるなら【ザオプション(theoption)】

チャート分析

ハイローオーストラリア以外はザオプション(theoption)がおすすめ

ザオプション(theoption)のチャートなら勝ち目がある!?【学習手順】

まず、ザオプション(theoption)のチャートを活用する際には下記の手順を踏んでいただけばスムーズに理解できます。

ザオプション(theoption)攻略の学習手順

上記の順番で学習していけばOKです。

おまけで、どうしても自分で分析する裁量だけだと不安だという人はこちらの方法をおすすめします。

とはいえ、あくまでのサポート要員なので、過剰な期待せず自力で分析しましょう。

≫ 簡単だけど効果抜群!《D折返しチャート分析》FXでも使えます

上記の内容がすべて入っている記事をまとめましたんで、こちらからも学習できます。

上記の手順を全まとめマスター記事

≫【独学でBOマスター】学習方法のまとめ【初心者向け】

ハイローオーストラリア以外&なぜ他のチャートではないの?

ハイローオーストラリア以外でザオプション(theoption)にこだわる理由

恐らく始めにこの疑問が遅かれ早かれ出てくるかと思いますよね。

このなぜ「ザオプション(theoption)のチャート」を活用していくかという理由については結論から言ってしまうと下記の内容になります。

・エントリータイミングがズレにくい【有利エントリーが可能】

・ローソク足画面で連動したエントリーが可能【値動きの分析ズレが無い】

上記の内容に注目したためです。

また、下記の記事では、ザオプション(theoption)の実際のチャートを使ってどのように取引する方法を解説しています。

取引画面とともにザオプション(theoption)を選ぶ理由についても解説しています。

ザオプション(theoption)を選ぶ理由

≫ 【3位まで】【《チャート分析視点》ランキング】バイナリーオプション取引業者

取引画面の使い方

≫ ザオプション(theoption)【デモ】ブラウザ版/ダウンロード版のやり方

実際の取引チャート分析【過去の取引画像あり】

≫ 【ザオプション(theoption)攻略限定】30秒取引おすすめ!?【理想的な分析とは】

エントリータイミングがズレにくい【有利エントリーが可能】

エントリータイミングがズレにくいでは、そもそもエントリーした瞬間に現在のかかっくより無理な位置でエントリーしたことにされる事がバイナリーオプションではよくあります。

バイナリーオプション業者もまた、個人で稼ぐ人や投資家と同じようにバイナリーオプションを運営している以上ビジネス(利益上げ)のためにサービスを提供しているわけです。

その事実を理解した上で取引をするわけですから、その微妙な不利な位置を受け入れるしかありません。

その影響は取引期間が短時間になればなるほど負けやすくなるというわけです。

ですが、個人的な見解ということも承知してきいてもらいたいのですが、不利な位置にされにくいといったっ感覚があります。

個人差があるかもなので、実際に気になれば試してみてください。

ローソク足画面で連動したエントリーが可能【値動きの分析ズレが無い】

値動きの分析ズレがないということは先程お話した内容もそうですが、意外に初心者が見逃しなポイントがあります。

それがバイナリーオプション業者が参考にしているチャートはどれなのかです。

実のところ、バイナリーオプション業者で1番有名なのがハイローオーストラリアですが、ハイローオーストラリアのエントリー画面のチャートは3つの会社のチャートを参考にしています。

つまり、3つの異なるチャートをかけ合わせることで、独自のチャートとして使用しています。つまり、どういうことかというと、分析していくチャートによっては同じ分析と同じエントリータイミングでも勝敗が変わってくることになります。

こちらも同じように短期間になればなるほどその誤差が強く影響してきます。

このそもそも「分析用のチャート」と「エントリー用のチャート」ではズレが生じるのが、普通です。

ですが、ザオプション(theoption)はそういった「分析用のチャート」と「エントリー用のチャート」のズレがない一体型(ローソク足表示可能)な画面で取引することが出来るのです。

これがどれだけ揺れしいことなのかは言うまでもないかもですが、控えめに言って神ツールですね。

とはいえ、本当⁉?
と思いますよね。

実際に問い合わせてもいました。
その質問とか回答がこちら

質問

いつもお世話になっております。

フリーでのチャートツールを使いましたが、エントリー時、市場変動でのキャンセルが出てしまうのですが、これと転売時にもエラーが出てしまい、押したいタイミングで押せない時があります。

このエントリー時と転売時の攻略法がありましたら教えていただきたく思っております。

ご回答よろしくお願いいたします。

回答

ご返信遅くなり申し訳ございません。

弊社のツールのご利用、まことにありがとうございます。

お問い合わせの件、下記にご回答いたしますのでご確認くださいませ。

①チャートの件

弊社での転売に関する仕様としまして、ユーザー様が転売時にプラットフォーム上で確認した価格と、

転売支持を出した時点でのサーバーの実際の価格に1%以上の乖離が生じた場合には転売が拒否される仕様となっております。


また、お客様の通信環境やお使いの端末のスペックにより誤差が生じる場合もございます。

より快適な環境にてお取引いただければと存じます。

いくつか質問して上記の内容が返ってきました。

正直ここまで丁寧に対応してくれる業者はありません。

他の業者は日本語翻訳や同じ文章が2行もあったり、返事すら返って来なかったり……。

なにか後ろめたいことがあるのでしょうか?

つまり、このように親切に日本語で回答してくれるので安心です。

早めに稼ぎたいけど、、、バックテスト(検証)や練習を積むのが先決

チャートが良くてもしっかり、過去の値動きを見て練習しなくては勝てません。

そのため日々練習を積んでいくのが最重要となります。

この練習を積んでいくという考え方ができない人は相場では生き残ることができないと思ってください。

そんな人は思考をチェンジして行くか投資の世界から退場したほうが得策です。

実際にバックテスト(検証)を行っている実例を御覧ください。下記のような取引を目標として学習しましょう。

目標例として:簡単だけど効果抜群!《D折返しチャート分析》FXでも使えます

大丈夫ここまで学習できればあとは超簡単です。応用していくだけですから、内容短めです。

ハイローオーストラリア以外で投資を始めるなら【ザオプション(theoption)】勝つ方法を解説【独学】

ザオプション攻略【ザオプションのチャート分析】する意味とは【勝つ方法】

では実際にザオプション(theoption)攻略での良い点だけではなく客観視した時の要素も踏まえながら冷静になり、メリット&デメリットを確認しいきましょう。

ハイローオーストラリア以外での投資:ザオプション(theoption)のチャートを活用するメリット

・約定されにくい(ズレにくい)

・ローソク足チャートで取引できる

10秒足チャートが使える

こんな感じです。

メリットがある要素は先ほど説明したと思うので、再確認として記載しています。

この条件を頭に入れた上で、デメリットを見ていきましょう。

ハイローオーストラリア以外での投資:ザオプション(theoption)のチャートを活用するデメリット

・4時間足が見れない

フィボナッチが使えない

・インジケーターが追加できない(用意されているインジケーターのみ

時間足がFXで使われる通常のチャートより短めの設定になっています。ですがその分10秒足が確認できるメリットに変わっている感じです。

ハイローオーストラリア以外での投資:ザオプション(theoption)のチャートを活用する【デメリット解消】

MT4を同時に活用することでデメリットを解消

こんな感じです。

実は、このようにMT4で分析して10秒足だけをザオプション(theoption)チャートにすることで、分析の精度が上がるのは勿論エントリー時の不利な約定エントリーの可能性を抑えることができ、精度が1番高い状態に持っていくことが可能です。

つまり、ある程度エントリーポイントをMT4で決めてエントリータイミングをザオプション(theoption)チャートで見定めていく感じですね。

これが、今回おすすめする方法になります。

学習方法についてはこちらの記事をご覧ください。

学習:【独学でBOマスター】学習方法のまとめ【初心者向け】


無料 【本質重視】テクニカル分析視点TOP3厳選【見てみる】

楽しない本気の人向け:BO、FX、仮想通貨FX1業者ずつ厳選【全3選】

無料口座開設で¥5,000~¥10,000相当のビットコインをプレゼント!詳細はこちら!

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

TheOption(ザオプション)カテゴリの最新記事