初めましての方へ

【勝ちパターン3選】バイナリーオプション版【FXでも本当に使えます】

【勝ちパターン3選】バイナリーオプション版【FXでも本当に使えます】

バイナリーオプションの勝ちパターンを教えて下さい!

その質問に答えます。

FXとBOは同じ分析で勝てます。
とはいえ、時間足を変える必要があり、バイナリーオプションに合わせた取引に変えなくてはいけません。

なので、バイナリーオプションに特化した手法なので取引している人もいますよね。

しかし、僕的には理にかなっていないと感じたので、FXでもBOでも使える勝ちパターンを紹介していきます。

今回は下落(ショート)目線で解説していきますね。

バイナリーオプション情報を取得したい人へ【網羅情報まとめ】
バイナリーオプションというジャンルで情報をまとめた記事をまとめた記事が下記になります。「記事が多すぎてたどり着けないよ」って方は下記の記事から探すと見つけやすいかもなので、興味がある人限定でためし読みしてみてくださいね!
BOまとめ記事はこちら(こちらの記事から、すべてのBO記事情報にたどり着けるようになっています)

【無料手法公開中】バイナリーオプションを始める方へ【初心者向け】
初心者の人は何から始めたらいいのか分からず、どれが正解かもわからいですよね。なので、過去の僕のように悩んでいた人に情報が届いたら嬉しいなと思い公開。単純に過去の僕のように本気の方に読んで欲しいだけなので、参考程度にどうぞ。楽ではないが汎用性が高い方法です。
» 【無料公開】バイナリーオプションBO・FX手法【テクニカル分析】

バイナリーオプションの【勝ちパターン①】 トリプルトップ✕エリオット波動

5分足

トリプルトップとエリオット波動の組み合わせは勝ちパターンです。

僕は個人的にトリプルトップとエリオット波動推進波と修正波をメインに分析しています。

理由としては、大きく分けて3つあります。

根拠の理由3つ。

  1. 理由①:エリット波動の推進波から相場の把握ができるから
  2. 理由②:エリオット波動推進波の終わりには必ずトリプルトップが出現
  3. 理由③:ついでに、ネックラインブレイク後の抵抗ラインで根拠UP

つまり、上記の通り、根拠が盛り沢山です。

5分足だとFXなので、ローソク足を1分足に落とします。

1分足

「理由①:エリット波動の推進波から相場の把握ができるから」は環境認識です。

つまり、よく初心者には難しいと言われていますが、相場の本質が簡単で理解できるユイツの波だと僕は思っています。

「N波動」など、言われて色々な波動を勉強していくと知識として入ってきますが、それらはガンダムのプラモで言うパーツに過ぎません。

つまり、完成したプラモですではなく、パーツを勉強したところで組みたれられません。

エリオット波動はトレンドの終了と、転換がわかる環境認識としても優秀だし、エントリータイピングとしても優秀。

なので、やはり、相場把握には欠かせないかと。

「理由②:エリオット波動推進波の終わりには必ずトリプルトップが出現」はそのままですよね。つまり、トリプルトップでトレンドの勢いが弱まっていることがわかります。

しかし、それだけで転換するというわけではないので、気おつけましょう。

転換サインとしては、直近の一番強い安値を抜けない限りトレンドは継続かレンジと見るのが普通です。

そんな相場では手を出さないか、レンジ相場の中で時間足を落とし、取引するのがベスト。

「理由③:ついでに、ネックラインブレイク後の抵抗ラインで根拠UP」は次のパートで説明する内容ですが、簡単に言うと、エリオット波動が終わり、トリプルトップが出現したあとの分析でネックラインブレイクと抵抗ラインブレイクで下に行く根拠がガッツリそろいます。

この内容を下記で深堀りしますね。

バイナリーオプションの【勝ちパターン②】 ネックライン抵抗ラインブレイク

5分足

ネックラインと抵抗ラインブレイクは勝ちパターンです。

このパターンも勝つことができる優位性が高い根拠になります。

基本的には、上位足に逆らわないのが基本ですが、BOではそんな上記のタイミングを待てない人がぞくぞくいるかと。

僕もそうだったので気持ちがわかりますが、やはり待たないと勝てません。

しかし、できる限り、待たずに同じ根拠で戦える勝ちパターンをこの記事でお話する3パターンかと。

少し話がずれてしまってすみません。

本題に戻ります。

勝ちパターン②の理由。

理由としては、大きく分けて3つ考えられます。

  • 理由①:ネックラインを抜ければ、修正波が高確率で発生
  • 理由②:ネックラインをブレイク後、抵抗ラインを更に下抜ければ高確率UP
  • 理由③:ついでに、トレンドブレイクからのレンジからの押し目待ちで根拠UP

つまり、上記の通り。

1分足

「理由①:ネックラインを抜ければ、修正波が高確率で発生」は高確率です。

しかし、先程お話したとおり、上位足に逆らっての修正波が出る確率は激減するので、はやまなないでくださいね。

上位足に逆らっている場合にはかなり慎重にエントリーする必要があります。

このことだけは絶対に頭に入れておいてください。

「理由②:ネックラインをブレイク後、抵抗ラインを更に下抜ければ高確率UP」はかなり良いエントリーポイントです。

しかし、ネックラインがそのまま抵抗ライン担っていれば最高ですが、ネックラインから離れていたり、更に強い抵抗ラインが下で待ち構えている場合があります。

つまり、その抵抗ラインが強ければ強いほど、そのポイントを抜けるまで待つか、そのラインまで短く持ち決済するという思考が良いかと。

このばかりは実際のリアルな取引で経験して理解していくしかないですね。

「理由③:ついでに、トレンドブレイクからのレンジからの押し目待ちで根拠UP」は強い抵抗ラインをブレイクしたあとに値動きが戻ってくる場合があります。

これも下記の見出し(勝ちパターン③)で解説しますが、個人的な見解を先にお話します。

もし、戻っていて抵抗ラインにタッチしたら様子を見るのが良いかと。

なぜなら、タッチしたあとの下落します。

もし下落しなくても、うわ抜けて上さと見せかけて下落します。

たまに、そのまま上昇に転じてしまうときがありますが、迷わず、損切りです。

つまり、この思考が大事なんですけど、勝率にこだわりすぎてみんな保有するから大損します。

個人的な経験から紹介しているので、初心者にはためになる情報かと。

  • ※補足情報
    優位性と高い利益が見込めるポイントでのみエントリーするのが重要です。そうでないと損切り貧乏になります。注意しましょう。

バイナリーオプションの【勝ちパターン③】 トレンドブレイクレンジ押し目

5分足

トレンドブレイクからのレンジからの押し目待ちは勝ちパターンです。

僕はこれが一番楽で、一番地良い根拠だと考えています。

本来は最初に説明したほうが良いかと思いますたが、あえて、最後に持ってきました。

理由は上記の根拠を踏まえた上でこのトレンドブレイクとレンジからの押し目待ち(売り)を実行してほしいと思ったからです。

理由はこれだけ覚えて使う人が多く、それ以外の方法は難しくて手を出さないという人が多すぎです。

なので、あえて後ろに持ってきました。

ここまで考えて記事を書いている人は多分いないかもなので、真剣に参考にしてもらえたら嬉しいです。

単純にエリオット波動5波(推進波)できざんだあとに斜めの上昇トレンドを高確率で下抜けます。

  • 補足情報
    理由としては、大衆心理から見て上昇の根拠が減ってきたのと同時に、下落の仕込みが始まったことが原因なのですが、こういった心理戦の知識を説明しても初心者には難しいかと思いうので、その後どんなパターンが生まれるのかで解説しています。

トレンドラインを下向けた後、レンジ相場になります。そのレンジ相場のブレイク後にやっとエントリーポイントかなと気づくくらいが普通。

なので、その前にプロトレーダーは先に仕掛けるのですが、ここも難しいので割愛しますね。

簡単にパターンで説明すると……。

実は、トリプルトップの中には三角持ち合いが潜んでいます。

三角持ち合いは有名なので、わかるかと思いますが、どちらかにブレイクする問いうのが簡単な使い方・見方ですよね。

このブレイクについていくのですが、このブレイクしているポイントがエリオット波動のどのポイントなのかを考えれば、騙しの回避もできます。

つまり、三角持ち合いのブレイク押し目を狙えば勝ちパターンというわけです。

注意ポイント
ここで、多くの人が「三角持ち合いからのブレイク押し目狙いで勝てる!」と思いトレードしますが、負けます。その理由は先程この項目を一番下に持ってきたという理由と同じなので、この記事を読んでくれ方かはそのことを理解し、先の「勝ちパターン①」と「勝ちパターン②」を理解してから「勝ちパターン③」を使いましょう!

実は勝っているトレーダーは同じエントリータイミングになりがち

結論、よくよく考えれば、エントリーポイントはすべて似通ってくるです。

これに気づけば勝っているトレーダーの分析はみんな違いますが、狙っているポイントはほぼほぼ同じです。

1分足

以上。

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

テクニカル分析カテゴリの最新記事