XMTradingで失敗しないおすすめ戦略【少額から最速戦略】

バイナリーオプション30秒取引攻略【エントリータイミング】

バイナリーオプション30秒取引攻略【エントリータイミング】

バイナリーオプションの30秒取引・・・。
攻略したいなぁ・・・。

エントリータイミングはどこなんだろうかぁ?

その悩みに答えます。

  • 僕も以前はインジケーターを自分で組み合わせて30秒取引で勝てる手法を開発しましたが、正直トレンドでは機能したが、レンジでは機能せず、かなり良かったのですが結論「コツコツドカン!」と資金が消えた・・・。
    そこで、30秒取引以外の手法がないことに気づき「これじゃだめだ!」とマルチ手法を試行錯誤しながら考えました。なので、30秒というよりはどんな取引時間でも活用できる方法を基準に解説したいと思います。
    ※個人の見解なので、参考程度にしてくださいね。

バイナリーオプション30秒取引攻略【エントリータイミング】

結論、エントリータイミングはブレイク&レンジ内ブレイクのみです。

理由は、ブレイク以外だと負ける確率が上がるからです。

実際に負ける確率はこんな感じになるかと。

これは、レンジ内ブレイクの例です。赤い矢印部分がエントリーしたあとこれは1時間のチャートですが、この方向に沿ってエントリーしていくのがおすすめ。これは、レンジ内ブレイクの例です。
画像は1分足:違うチャートですが、原理原則は同じなので例として紹介します。

上記の画像の水色ラインが上の画像で見せた水色の四角い部分に当たります。
ブレイクしたあとでもいいのですが、もっと安心して取引できるのは抜けてからの戻り売り(上の場合には戻り買い)です。

細かく見ずらいかもですが、赤い矢印がレンジを形成してからグレーの抵抗ラインをブレイクしているのがおわかりでしょうか?

エントリータイミングは黄色い部分です。

こんな感じで細かくしていくことでエントリータイミングを図ることができます。

つまり、ボク個人がおすすめする30秒取引でのエントリータイミングはブレイク直後と押し目(戻り売り・買い)です。

とはいえ、実は僕個人的には30秒取引をおすすめしていません。

理由は、勝ちにくいからです。
※勝てる根拠があるが安心して取引を続けられないのが理由です。

そいうのも、おそらくBO投資では1番難しいのが30秒取引ナノではないでしょうか?

逆に3分の方が難しいや5分のほうが難しいという人はおそらく時間軸をかなり意識して取引したほうが良いかと。

実は時間軸で負けたかったり知るのでその時間に合わせてエントリータイミングを図っていきます。
これができないとおそらく30秒取引のほうがわかりやすくて勝ちやすいと感じてしまうかと。
※個人の意見です。参考に程度でお願いします。

また、何回も勝てる状況があった場合には30秒取引が簡単や勝ちやすいと錯覚を起こすのも難易度が高い特徴です。

買っていたのは実は運なんだと理解し、自分の現状を受け止めることが30秒攻略の鍵になるかと。
※僕は上級者向けだと考えてきます。

バイナリーオプション30秒取引攻略【エントリータイミングの見極め方】

おすすめしない取引時間なのでの乗り気ではありませんが、僕なりのエントリータイミングを紹介します。

画像を見てもらえれば分かる通り、こういったブレイクアウト手法が良いかと。

三角持ち合いの例ですが、レンジ相場からのトレンド初動を狙うのが王道かと。

とはいえ、今まで解説していた方法でももちろんOK。

※なぜなら、ブレイクアウト手法の根っこにはこの考え方が必要不可欠だからです。

【楽しない手法】値動きベースでFX&BO両方OK手法

詳しくは上記のリンクから記事を御覧ください。

基本的にはブレイクアウトのあとに何どもこの取引ポイントが来るイメージです。

つまり、2回エントリーチャンスがあるということ。

こんな取引が良いかなと考えています。

また、個人的には30秒のスキャルピングも1日や1週間の取引でも同じような考え方で分析できる方法を考えています。

なので、BOしか使えないやFX限定の取引という縛りはありません。

そんな取引方法を公開していますが、今もより良いものにしていこうと改善して続けています。

なので、興味があればぜひ、真似して自分の中に落とし込み活用してみてくださいね。

どうせやるなら、蓄積できるスキルを獲得したほうが一石二鳥ではないでしょうか?
僕はそんな人のサポートとなる情報をブログで日々届けています。

【初心者注目】バイナリーオプション30秒取引攻略【抵抗体を超えたらブレイクアウト】

上記のようにいろんなチャートパターンからブレイクアウトを狙うことができます。

難しく考える人が多いかもですが、抵抗体の壁を見つけてその壁を抜けたことがわかればそれはブレイクとみなされ、その後更に注文がブレイクした方向に集まります。

※つまり、みんなが見ていてブレイクと思わないポイントはブレイクしないで戻ってしまう(だまし)ということです。

ここにきおつけないといつまでも騙されたままになってしまいます。

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

テクニカル分析カテゴリの最新記事