XMTradingで失敗しないおすすめ戦略【少額から最速戦略】

バイナリーオプションの転売デメリットから紐解く【損切り・利益確定】方法

バイナリーオプションの転売デメリットから紐解く【損切り・利益確定】方法

バイナリーオプションの転売ってデメリット多くない?


転売していいことってあるのかな?

その疑問に答えます。

正直FXでは転売(損切り・利確)は当たり前ですよね。
そこで、バイナリーオプションも同じことが言えるのかという疑問かと思います。

はい。転売のメリットはあります。
しかし、やり方を間違えるとデメリットにしかならないので要注意です。

その内容を下記で解説していきますので、興味がある方はぜひ読んでみたくださいね。

では下記の項目順に解説していきます。

バイナリーオプションの転売デメリットから紐解く【損切り・利益確定】方法

結論:バイナリーオプションの転売デメリットは下記の通り。

  1. 利益が出るはずだったのにマイナスになる
  2. 締め切り時間まで待てば、ペイアウト率まるごともらえたのに

上記の内容がバイナリーオプション転売のデメリットかと。

バイナリーオプションの転売デメリットは他にも探せばあるかもですが、すぐに思いつくのはこの2つかなと。

つまり、転売(利確)すると利益が減るし、転売(損切り)すると利益が出る場面でも損をしてしまうというのが転売の最大のデメリット。

厄介ですよね。

しかし、この転売のデメリットから深堀りしていくと逆転の考え方をすることでメリットに転じることができます。

  1. 【損切り】利益が出るはずだったのに損切り転売をしてマイナスになる

    【※自信がないから途中で諦め損切り】

  2. 【利確】締め切り時間まで待てば、ペイアウト率なのに微益で利確転売

    【※持っているとマイナスに転じるのではという恐怖】

おそらく上記の考え方をしているため、転売が悪い方向に進んでいるのだと個人的には推測します。

その考え方を変えて転売を味方につけてメリットにしていく方法を下記で解説します。

バイナリーオプションの転売デメリットから紐解く【損切り】方法

「【損切り】利益が出るはずだったのに損切り転売をしてマイナスになる」についての対策方法を教えます。

実は、損切りしなかったらの「たら」「れば」が起きるのは自分の取引に自身がないからです。

もしも、自分の取引を信頼していればタラレバがなくなるとは言いませんが、後悔が薄まるかと。

その対策として、自分が納得できるエントリーしかしないのが超重要です。

これだけですが、これができない人が「たら」「れば」を繰り返し成長が止まります。

なので、もしも自分が損切りして利益が上がっていってしまっても「この重要なラインで自分は損切りできたんだ!」と自信を持ってください。

実はこれを淡々とこなすことで、いつか来る大幅なマイナスに転じるリスクを回避できます。

本当に自分が納得できる損切りを決めてからエントリーすること。

また、それに加えて、できる限り長い時間でエントリーするのがおすすめです。
長い時間とはバイナリーオプションでいうと1時間や15分という取引時間が良いかと。

時間は確定ではなく、だいたいでOK。

そこで、維持版重要視するポイントは1分以内に今エントリーするポイントまで逆に戻ってきてしまうかどうかです。

つまり、2分だと一分間上昇して残り一分間で下降してちょうどもとに戻り負けてしまいます。(※ザオプションは同じ価格だと返金されます)

つまり、5分取引で4分間上昇していれば、残りの1分で仮構しても4かけて上昇している値幅があるので負けにくいということです。

おすすめはトレンド相場のみ。
ここで周囲があり、レンジ相場だとあまり良くない取引になるのでもしもレンジ相場で取引する場合には長期足のレンジ相場に乗っかる形で短期取引をしましょう。※必然的にはこれで短期はトレンド相場になっています。

バイナリーオプションの転売デメリットから紐解く【利益確定】方法

「【利確】締め切り時間まで待てば、ペイアウト率なのに微益で利確転売」についての対策方法を教えます。

これは簡単で、転売しないです。

「あれ!?」転売すればいいのでは?と感じるかもですが、利益は利食いするべきです。

つまり、バイナリーオプションの利益はペイアウト率を越さないように設定されています。

ある程度の金額に達したら自動的に変動しなくなります。
それが、ペイアウト率よりも低いので単純に利益確定(締め切り時間)を待ったほうがお得。

残り一分でほぼほぼ負けない値幅があれば残り1分で上に行っても同じです。

また、利益が減っても上か下かを当てるゲームなので当たればペイアウト率がゲットできます。

でも、もし、利益が出たからと言って転売してしまうとペイアウト率よりも低い金額しか得られません。

問題ないのではと思うかもですが、これを続けているとコツコツ(5時間)利益を出して、ドカン(1時間)ぐらいで全部失うリスクを自分で望んで高めているのと同じです。

これができるのはFXではできないBO/バイナリーオプションの特権かと。

僕の考え方なので、参考になる人は是非転売の内容を自分の取引に取り入れてみてはいかがでしょうか?

今回はこれで以上になります。

読んで下さりありがとうございました。

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

テクニカル分析カテゴリの最新記事