ザオプション(theoption)でのシグナル/サインツールについて

ザオプション(theoption)でのシグナル/サインツールについて

2022年1月26日

ザオプションを始めようか悩んでいる人へ

「BO初心者だからなぁ……」という初心者向けがBOのザオプションです。理由は12,000円分の取引が実質無料なので、その金額分は安心して本番練習できます。詳しい内容はこちら記事をどうぞ。
» ザオプション:実質無料の1万2千円でリアル取引でスキルUP!【潜在意識を理解】

まとめとボーナス情報

実質無料の1万2千円でリアル取引でスキルUP!
ザオプションでは初回入金キャンペーンによる7,000円キャッシュバックがあるため、合計で12,000円が受け取れます。
» ザオプションの無料口座開設はこちら

ザオプション(theoption)でのシグナル/サインツールとは

ザオプション(theoption)でのシグナル/サインツールとは、ザオプション(theoption)の画面にシグナル/サインを出すのは禁止ですぐに凍結されます。

また、この決済を自動化すると自動売買ツールになり、凍結一択です。

つまり、禁止です。

ですが、オプション(theoption)画面ではなく、MT4や他のチャートの表示してそれを確認することはOKです。

というか、それで勝てるようになったら苦労しないですが、参考になる人には参考になるのも事実。

またシグナル/サイン配信という上か下か配信してそれを見てトレードするというのもあるみたいですが、それももちろん禁止です。

即凍結でしょう。

結局のとろこ、ロジックが見えないシグナル/サインツールを使うメリットはないと思っており、ロジックが分かるものだけにしましょう。

そうなると、もはやシグナル/サインツールではなく、裁量やテクニカル分析の矢印が出るバージョンとなるので、何も問題なく、それはただのインジケーターです。

なので、インジケーターで、ただ単に矢印などのシグナル/サインをくっつけたロジックがわかるものだけを活用するべきかと。

極論は使わなくてもOKです。

ザオプション(theoption)でのシグナル/サインツールの実際の例「MT4画面」

とはいえ、僕も実際にMT4に実験で表示していた時期があるので、参考までに紹介します。

こちらの画面にはRSIを表示しており、2つ表示しています。

このRSIの根拠にシグナル/サインをつけました。

するとただのインジケーターが、シグナル/サインツールになります。

この場合にはロジックがわかるのでOKですが、このようにロジックを明かさないシグナル/サインツールが有料で販売されていたりするので絶対に買わないでくださいね。

僕は無料で自分のスキルを上げたほうが将来的にはコスパがいいと考えている思考なので、人それぞれかもですが、自分のスキルを上げてきましょう。

この矢印は薄くて見えにくいですがチャート上にも表示できるシグナル/サインツールです。

次に紹介するのがこちら、のシグナル/サインツールです。

パって見聞いていないように見えますが、先ほど紹介したシグナル/サインツールよりも、実践的で、実際に僕がトレードするときに参考にしていた矢印(シグナル/サインツール)になります。

では、どんなロジックで表示されているのか気になりますよね。

ズバリ、三尊天井の最後の値動きに矢印が出るように設定されています。

つまり、よくい使われるチャートパターンの1つですね。

なので、ロジックも理解できるし、実際に自分で数えて確認するよりも視覚的にシグナル/サインツールの矢印や、その前のラインでわかりやすく初心者向きです。

とはいえ、これだけでの根拠でトレードすると負けます。

大切なのはもう一つあり、これと抵抗ラインが強い部分でのシグナル/サインツールのみ有効としてエントリーの材料とするということです。

つまり、実際の例で説明すると下記のとおりです。

1時間足の抵抗ラインを背にしてシグナル/サインツールの矢印サインが出ており、また、シグナル/サインツールでなくても、みて三尊天井というのがわかりますよね。

これが、ロジックが分かっていることで安心してシグナル/サインツールの根拠があり、また、適切な位置であれば、活用できるのがわかりましたか?

基本的にはこうやって活用していけばよいかと個人的には考えています。

ちなみに名前は上記のとおり。

詳細はこんな感じです。

とはいえ、僕はいまテクニカル分析がメインで基本的にインジケーターはサポートなので、使わなくても問題ないです。

現在僕はシグナル/サインツールを表示していません。

なので、普通にスキルアップする方法を選択したほうが良いかと個人的には思っています。
» 【無料公開】バイナリーオプションBO・FX手法【テクニカル分析】