【4つの法則】バイナリーオプション:ハイローオーストラリア【グランビルの法則】

【4つの法則】バイナリーオプション:ハイローオーストラリア【グランビルの法則】

2023年1月18日

短い動画でサクッと知りたい人はこちらの動画がわかりやすいです。

ハイローオーストラリアまとめ

【4つの法則】バイナリーオプション:ハイローオーストラリア【グランビルの法則】

あえて、少し形が微妙なチャートを選びました。

エリオット波動が実は隠れています。

個人的にはエリオット波動の方を活用しています。

グランビルの法則の理解を深めればかなり強いですが少し初心者にはイメージしにくいかもです。

適当に書いたものなので間違っている場合があります。正しくは上記の動画か下記の動画を確認してください。

理由はきれいな相場よりも汚い相場のほうが多く、異本的に教科書のようなチャート出ないほうが実は利益が伸びたりするもですし、このぐらいのズレ相場はたくさんあります。

  • ①ゴールデンクロスで買い
  • ②上昇トレンドで押し目買い
  • ③ゴールデンクロス未遂の押し目買い
  • ④売られ過ぎのリバウンド狙い

上記が4つの法則ルールです。

この4つの法則はグランビルの法則から見つけることができます。

上昇の場合も下降の場合も同じ条件です。

  • ①デットクロスで売り
  • ②下降トレンドで押し目買い
  • ③デットクロス未遂の押し目買い
  • ④買われ過ぎのリバウンド狙い

下降は上記の通り。

買うでも売りでも4つの法則は同じなので、どちらか覚えられればいい感じです。

このルールで重要なんことはダウ理論と移動平均線の角度が急なこと(横ばいに近くなくトレンドのように上または下に角度がついている場合に有効)

※個人的にはこれと同時にエリオット波動や、トレンドブレイク、サポレジ根拠などを組み合わせて根拠を強化していくのがおすすめです。また、多くな足には逆らわないのがその中でもめちゃくちゃ重要かなと。

【4つの法則】バイナリーオプション:ハイローオーストラリアで考える【グランビルの法則】

移動平均線とローソク足を確認することでグランビルの法則が成り立ちます。

移動平均線の設定数値は200が推奨されています。

この移動平均線200をローソク足が上回れば法則が発生し、下回れば法則が発生するという流れ。

この流れが4回続く法則があるというのがグランビルの法則です。

①ゴールデンクロスで買い:①デットクロスで売り

1つ目のグランビルの法則はゴールデンクロスまたは、デットクロスをした場合に発生。

相場の心理状況としてはトレンドの始まりかもしれないという期待買いや期待売り中心です。

トレンドの折り返しとして意識する人もいるため、逆張りトレーダーも意識するのが1つ目の法則。

ローソク足でいうと、直近の高値を抜けた位置くらいに移動平均線も抜けていればエントリーというイメージです。

②上昇トレンドで押し目買い:②下降トレンドで押し目買い

移動平均線を抜けたあとにまた逆に抜ける場面です。

つまり、簡単に言うと上昇の押し目の引き付けといえ、売りであれば下降押し目の引きつけの根拠として確認できます。

③ゴールデンクロス未遂の押し目買い:③デットクロス未遂の押し目買い

トレンドが発生しているため、順張りする人が多い場所です。

この部分の逆張り転換を狙ってトレンドに乗ってくる人もいれば順張りでついていく人も多いです。

④買われ過ぎのリバウンド狙い:④買われ過ぎのリバウンド狙い

基本的にこの4つめの部分は買いでも売りでも頂点だったりするので、相場の頭やしっぽと言われているゲキムズポイントです。

なので、みんな取引をおすすめしていません。

しかし、逆張りを極めている人からすればかなり美味しい場所であることは確かですがゲキムズです。

ここでは簡単な4つの法則を解説しましたが、もっと詳しく知りたい場合は下記の動画がおすすめです。

深掘りしたり、いろんな考え方を知りたい人は下記の動画を見ればある程度リアルな取引でも使えるようになります。

ハイローオーストラリアまとめ