XMTradingで失敗しないおすすめ戦略【少額から最速戦略】

【使えないの!?】バイナリーオプション【エリオット波動】本格的な使い方

【使えないの!?】バイナリーオプション【エリオット波動】本格的な使い方

BO初心者
BO初心者

BO初心者「エリオット波動は使えるのか使えないのかどっちなの??」

その疑問に答えます。

無料で投資を学習して始めてみませんか?

この記事を読んでくれてる皆さんはFX/BO投資が気になるけど、投資が初めてだし……と悩んでいませんか?もし、悩んでいる場合には、このブログで投資の始め方手順とテクニカル分析方法を無料公開しています。テクニカル分析に有利なBO業者とそのスキルでFXに移行でき、少額から増やせる証券会社と取引所をおすすめしています。
詳しい詳細はこちら

【使えないの!?】バイナリーオプション【エリオット波動】本格的な使い方

この記事で分かる内容

・バイナリーオプションでの『エリオット波動』が使えるかどうかが分かる

・バイナリーオプションでの『エリオット波動』本格的な使い方が分かる

・バイナリーオプション『エリオット波動』を用いてエントリーポイントが判断できる

バイナリーオプション『エリオット波動』本格的な使い方

答えは使えるのは意味より使い方を学んだ人だけが使えます。

今回はエリオット波動の使い方を解説していきます。

初心者にありがちですが、パターンに当てはめてもエリオット波動は機能しません。理由は単純で環境認識して見ている部分を絞る必要があります。その絞った場所でのエリオット波動が使えるのであって、どこでも使えるといった使い方はできません。

そのことを頭に入れてから見ていきましょう!

今回のバイナリーオプション『エリオット波動』を考えるチャート画面

バイナリーオプション『エリオット波動』本格的な使い方

今回は画像のチャートで説明していきます。今回5分足時間足時間の目安として青と赤の正方形を表示しています。

まず、12345と波を作るのがエリオット波動ですよね。下記の画像は5分足です。

バイナリーオプション『エリオット波動』本格的な使い方

実際に引いてみるとこのように無数にあります。実際に使えるエリオット波動はどれでしょうか?

環境認識によって使えるか使えないかが変わっています。つまり、エリオット波動は誰にでも見つけることができますが、環境認識できない人には『宝の持ち腐れ』という感じです。

では実際に使えるエリオット波動とエントリーできるポイントを探していきましょう!

今回は黄色は『下降目線(LOWエントリー目線)』白色は『上昇目線(HIGHエントリー目線)』で考えていきます。

環境認識が大事だと言いましたが基本的に『4時間』『1時間』『5分』『1分』と見ていきます。詳しいことはこちらの記事で環境認識を説明しています

バイナリーオプション:エリオット波動を考える前に環境認識すべき

バイナリーオプション『エリオット波動』本格的な使い方

単純に分析すると全体的に下降が有利なことが分かるかと思います。なので、『下降目線(LOWエントリー目線)』で進めていきます。

『ここ!』と書いてある部分が5分足画像の部分になります。次に1時間足を見ていきましょう!

バイナリーオプション『エリオット波動』本格的な使い方

一時間足では大きなレンジ相場での下落の『てっぺん付近』ですね。ここで5分が目で追えるべあすとして赤と青の正方形が見えてきました。

この時点でも『下降目線(LOWエントリー目線)』が有効なことがわかります。実際には上昇が強いので、上昇目線で考えていきましが、エリオット波動の説明上わかりやすい下降から見ていきます。

バイナリーオプション『エリオット波動』を使う方向性を確認

バイナリーオプション『エリオット波動』本格的な使い方

わかりやすいように5分足で『上昇は赤』『上昇は青』で囲みました。このように頂点で目線が変わっています。その間が空いていると思いますが、ここで目線を変えて瞬時にLOWエントリー目線に切り替えています。

その理由は上昇の勢いが下降の勢いに負けたからです。こんなに単純でいいの??と思うかもしれませんが、相場を単純に捉えてからが勝負なので、そこからが投資家のお仕事です。

つまり、エントリーする方向は誰でも分かるかと思います。ここかなり大事です。初心者はこんな簡単な方法ではこてるはずないと思って信用しません。また、少し勉強した頭のいい人はもっと思考して分析すく癖がついているので、細かく判断してしまいあえて逆に捉えます。

ここは素直でokです。ここからが更に重要なので、見ていきましょう!

バイナリーオプション『エリオット波動』本格的な使い方

ここで直近の安値を軽々と抜いてきて上昇し少し下落している時にこのまま下落していくのかそれとも上昇するのかわかりませんよね?

その反発目安として『フィボナッチ・リトレースメント&フィボナッチ・エクスパンション』を用いることで根拠を高めていくことができます。また、MA200を表示しています。

ここに当たると反発する傾向が少しだけあるので、これも微量ながら根拠になります。4時間足や1時間足ではそもそも機能しないので、間違えて反発で使うことは避けましょう。

使えるのは1分足と5分足です。

バイナリーオプションエリオット波動『シナリオづくりに必要』

また、1時間足でもフィボナッチ・エクスパンションの抵抗ラインが重なっています。

バイナリーオプション『エリオット波動』本格的な使い方

少し話がそれましたが根拠が揃いました。

・環境認識では上昇だったが下降に移行していそう(直近で大きな上昇を超える大きな下降が現れたから)

・フィボナッチR&Eで反発しそう(2本とも重なっておりMA200も近づいているから)

・更に長期足でフィボナッチEの抵抗ラインが重なっているから

根拠が高いことがわかります。ここまで、確かめてもまだ少し物足りなさを感じます。本当に反発するかどうかです。

バイナリーオプション『エリオット波動』本格的な使い方

抵抗ラインをつく抜けたあと4の1でエントリーしてもOKですが、ラインを股下ったところでエントリーするのがベストです。ですが、下がるのかまだ際どいので、上がってきた2でエントリーするのが良いでしょう。

でも大衆心理を意識するともう一度戻ってきて3度めの正直でエントリーしようと思うトレーダーがが多いのも確かです。

なので、サイコーのエントリーはエリオット波動の4波目の押し目が3度めに来たときにエントリーが硬いエントリーポイントです。

また、1波と4波は抵抗ラインのように反発する傾向にあるので、このような形をみつかたら美味しいと思ってOK(環境認識が正しければ)です。

この分析でも根拠高めですが、さらなる根拠付けをする方法があります。それがこちらです。

バイナリーオプション『エリオット波動』本格的な使い方

このように黄色の3、4、5波の中にも小さなエリオット波動が確認できます。今回分かりやすい『赤と白の2つのエリオット波動』が確認できます。

どちらを考えてもOKですが、ここで、重要な選び方の思考法として集団心理を意識することです。

白いエリオット波動でも勝ててますが、本当に5波が止まって下降になるのか怪しいですよね?

そうなると大衆心理方見ても本当に5波が終わったのかわからないため確かめなければいけません。その確かめが3回くらい続くというのが3回目にエントリーする理由になります。

しかもこの場合は3回目にぴったし抵抗ラインで止まっていますよね。ここを狙います。ですが、多くの人はまだ4波めであると認識することが多いはずです。

つまり、分かりやすいエリオット波動は多くの人が意識するので、機能しやすいことになります。なので、『ここだ!!』と思った投資家たちが売り注文を入れるので、赤の5波で勢いが付いてるのが分かるはずです。

もしそれでも不安なときは、目星をつけておき、旧下落したらすぐについていく方法でも勝つことが可能です。

このようにしてエリオット波動を使っていきます。

コツとしてはパターンや動きを覚えつつ柔軟に形が変化しても使えるパターンと変化したら使えなくなるパターンやどこまで変化を許容していいのかを調べる必要があります。

それは自分の感覚なので、誰にも教えることができず自分で腑に落ちていく練習を繰り替えす必要があります。

つまり、継続的に練習をひたすらコツコツ繰り返す人だけが勝てるようになるというのが投資の真実です。

もちろんパターンは大事ですが、パターンだけでは勝てません。練習は大事ですが、自分が決めた方法(手法)での練習を積み重ねていかないと勝てません。

一つ言えることは大衆心理が思う方向に勉強し、それについていくことが一番いい方法です。簡単に言えば勝っている人たちが多いツールを使って練習していくことが大事だということです。

それは人の思考や取引手段で変わってきます。自分で見つけていきましょう!

今回はザオプションのチャートを活用していませんが、ザオプション攻略に必要な分析内容です。この分析内容を踏まえてエントリーしようとした時に初めてザオプションのチャートを活用していきます。

更にエントリーの精度を上げるためにザオプションのチャートを使う方法もありますので、ここで共有させていただきます。

なぜ、ザオプションのチャートがエントリータイミング時に必要なのかはザオプション攻略【ザオプションのチャート分析】勝つ方法を解説【独学】でお話しています。

上記のリンクの内容は下記の記事の見出し項目なので、どちらから確認しても同じ記事に移行します。

ザオプション攻略【ザオプションのチャート分析】する意味とは【勝つ方法】

https://dysonblog.org/the-option-chart-analysis/#toc9

無料 【本質重視】テクニカル分析視点TOP3厳選【見てみる】

楽しない本気の人向け:BO、FX、仮想通貨FX1業者ずつ厳選【全3選】

無料口座開設で¥5,000~¥10,000相当のビットコインをプレゼント!詳細はこちら!

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

テクニカル分析カテゴリの最新記事