『使い方』バイナリーオプション特化『エリオット波動』

『使い方』バイナリーオプション特化『エリオット波動』

2020年5月24日

『エリオット波動』バイナリーオプション特化『推進波:上昇5波』と『修正波:下落3波』

エリオット波動とは

簡単に言うと

上昇の波が5回と下落の波が3回ある形をエリオット波動といいます。

具体的にか下記の画像のようになります。

基本的にMT4やMT5で描写できるツールがあるのですが、このように最初の波はなぜかありません。

何ではじめは戸惑うかもですがなれてくれば問題なしです。

ちなみに3回の波はABCと表記することが多いので同じものだと考えてOKです。

これだけの考え方です。

なので、決まりやルールというよりは大衆心理(みんな)からエリオット波動の5波だと思って問題ないです。

とは言え、簡単な決まりや個人的な使い方などがあるのでそちらを記事で伝えます。

また、今回は特殊でバイナリーオプション特化ということで、FXとは少し違った視点からお伝えしていきます。

まず、エリオット波動の見つけ方についてわからない方もいるかと思いますので、僕なりの簡単な見つけ方について知りたい方はこちらの記事【初心者向け】エリオット波動の【見つけ方】3ステップを御覧ください。

また、エリオット波動の練習としての簡単な記事も書いているので参考にどうぞ。
エリオット波動の練習方法【簡単手順】

『推進波:上昇5波』バイナリーオプション特化『エリオット波動』

基本的にはこの3つの使い方をしています。

  • 環境認識として活用する
  • エントリータイミングとして活用する
  • 利確や損切りタイミングとして活用する

環境認識ではこのように活用します。

ここで、ある程度上昇の勢いは「止まる」または「大きな時間足での休憩ポイント」と環境を認識するように活用しています。

つまり、ある程度勢いは弱くなるのでレンジという値動きが横ばいになるか、勢いが反転して下落に向かうか、上昇するために少し休憩しているかという見方ができます。

エントリータイミングとして活用するについても画像を御覧ください。

大きな白い方のエリオット波動は2波の終わりから3波の始まりでのエントリー。

つまり、3波狙いです。

そして、次のポイントとしては緑の方のエリオット波動での3波狙い。

という感じでエントリーポイントをある程度選別できます。

1・2の赤バツが損切りポイントです。

1・2の緑チェックマークが損切りポイントです。

これがざっくりとしてエリオット波動の考え方です。

『修正波:下落3波』バイナリーオプション特化『エリオット波動』

そして、下落する3波というものもあり、こちらはABCと表現される場合もあります。

黄色いラインが3波となります。

この場合も3波の一番長い部分を狙っていきます。

この部分が一番トレーダーや機関投資家が狙ってくる部分になります。

理由としてエリオット波動の修正波の場合には、上昇で買ったり売ったりしている人の勢力が損切りや利確により、下に一斉に集まる様になっています。

利確はわかりますよね。

損切りはこちら。

このように短期間で損場の勢いが反転するポイントになります。

つまり、3波を狙っているだけで有利というわけです。

エリオット波動の記事を書いていたら実際にそうなった画像です。

つまり、先程の付近で下にエントリーしていれば勝てるというポイントです。

しかし、理論はわかったけど、実際には抵抗ラインやトレンドなどいろいろ難しいのでは?と感じるかもなので、ここで僕の分析方法を解説します。

ここからは時間足を見てもらえれば分かる通り、1分なのでバイナリーオプション特化のエリオット波動ですが、もちろん時間足を調整してFXにも応用が効くので誰でも有益です。

この画像のように、エリオット波動を数えるとざっくりとして裁量となりますが、5波を形成したあとブレイクする傾向に相場はなっているのでこの小さなサインを活用します。

あとは三角持ち合いをブレイクしたや、移動平均線にタッチしてエントリーや、ハーモニックパターンの」Dの延長なのでまだ下に飲みる可能性があるや、ネックラインや抵抗ラインを下抜けたサインを追加して強い根拠にしていきます。

これで、エントリーするイメージです。

基本的にダウ理論とトレンドラインと平行ラインはマスターしておくのは絶対なのでそれに加えてこういった根拠を取り入れるというイメージです。

中でもわかりやすくて初心者にも簡単な三角持ち合いとの組み合わせはこちらの記事【ディセトラとは】&エリオット波動連携と【上位足の優位性について】で解説。

エリオット波動はいろんな見方ができるので、人によって見方や分析方法が異なります。

自分がしっくり来るエリオット波動の数え方を見つけましょう!

インスタではこういった取引画像を載せているので参考にしてみてください。
バイナリーオプションの取引を見てみる

エリオット波動(推進波/修正波)まとめ

損失は会社負担で80%以上の利益

少額資金の人必見!