【初心者向け】FXフィボナッチエクスパンション【超簡単使い方】

【初心者向け】FXフィボナッチエクスパンション【超簡単使い方】

2021年8月12日

超簡単にFXのフィボナッチエクスパンションを「サッ!」と内容を知りたいです!

その質問にサクッと回答します。

フィボナッチ(R・E)まとめ

【初心者向け】FXフィボナッチエクスパンション【超簡単使い方】

使い方は、目立っている最安値から、見て三角形になる値動きに引きます。

上記の赤枠で囲んだように三角形にラインを引きます。

するとその上に横ラインが出てきます。

これは3つラインが出てくるのでそこが抵抗ラインとして機能します。

  • 補足情報
    大きい足に引くことで大きい値動きの強いラインを予測できます。もちろん小さな値動きで求めた場合には小さい値動きしか求められません。

使い方はこれだけです。

【考え方】FXフィボナッチエクスパンション【超簡単使い方】

利確と分析の抵抗として活用します。

また、超簡単に分析する方法として、フィボナッチエクスパンションの数値を減らしましょう!

僕は個人的に重要なライン以外は根拠が薄まるのでスルーします。

とはいえ、重要なラインがわからない限りはスルーできませんので、ここでボク個人が重要だと感じているラインだけを残す方法を簡単に解説します。

初心者向けなので、難しいことは抜きにして超簡単に解説します。

必要な数値は3つ。

  1. 数値①:61.8%
  2. 数値②:100.0%
  3. 数値③:161.8%

上記のとおりです。

数値だけ言われても「ポカーン・・・」だと思うので、実際にFXのチャートでフィボナッチエクスパンションが効いている画面をお見せします。
これは聞いている画像を見せたのではなく、ランダムに選んで効いているだけです。

※右端の白いラインと中央の白いラインです。

この画像は直近の値動きを見たものです。

中央のフィボナッチエクスパンションは過去の値動きで引いたものです。

いががでしょうか?

ピッタシに反発しているとは言いませんが、かなり、このラインを意識してチャートが動いているのが見て取れますよね。

つまり、フィボナッチエクスパンションは根拠として有効的です。

基本的にFXでのフィボナッチエクスパンションは利確や抵抗ラインとして活用されいます。

しかし、個人的にはエントリーとしても根拠にできると考えているので、どちらも使える根拠だと思ってもらえればと思います。

  • 補足情報
    一般的にはフィボナッチエクスパンションは利確として、フィボナッチリトレースメントは抵抗体としてエントリーに活用されますが、どちらも利確、エントリーとも根拠は同じで使えます。

「数値①:61.8%」は基本的に直近のエントリーポイント、利益確定ポイント、損切りポイントになります。

「数値②:100.0%」は61.8%を通り過ぎた次の目標で、エントリーポイント、利益確定ポイント、損切りポイントです。

「数値③:161.8%」は100.0%を通り過ぎた最終目標で、エントリーポイント、利益確定ポイント、損切りポイント。

つまり、フィボナッチエクスパンションはフィボナッチリトレースメントと同じ抵抗体を見つける事ができますが、フィボナッチリトレースメントよりも未来の予測ができます。

  1. フィボナッチリトレースメント【過去にあった値動きまでしか分析できない】
  2. フィボナッチエクスパンション【これからある程度の値動きを予測できる】

簡単にはこんなイメージです。

フィボナッチエクスパンションはトレンドの先をある程度確認できるので、利益確定ポイントとして活用されることが多いのもうなずけますよね。

なので、フィボナッチリトレースメントも過去の値動き範囲内であれば似たいような根拠を拾えるのでどちらも使うし、どちらも有効的です。