【本質を読み解く】レジサポライン/転換ポイントを解説

【本質を読み解く】レジサポライン/転換ポイントを解説

2022年2月10日

【本質を読み解く】レジサポライン/転換ポイントを解説

今回はレジスタンスラインとサポートラインを中心に語っていきます。

とはいえ、超簡単に有益な情報を詰め込んでいるので、初心者であっても経験者であっても役立つ内容になっています。

初心者の人にはピンと来ない内容かもですが、何年も続けてやっぱりこれが重要なんだなと感じた実体験をもとにしているので、根拠は保証。

個人の意見ですが、お役立てください。

レジサポライン/転換①『上時間足が超重要です』

レジサポとは、レジスタンライン(上のライン)とサポートライン(下のライン)の略語です。

結論、レジサポラインは上と下のラインのことを言います。
レジサポ転換は、上のラインを超えたときと、下のラインを超えたときにレジサポ転換といいます。

こちらの画像では下に転換したので、下にレジサポ転換したということです。

これが、レジサポラインとレジサポ転換となります。

これが、1分足よりも5分足のほうが強くなります。

5分足よりも1時間足、4時間足などが強くなり、それよりも週足、月足のほうが強い傾向になります。

レジサポライン/転換②『抵抗回数が有効を示す』

上記を見てください。

強い抵抗が赤枠で、弱い抵抗が緑枠で囲んでみました。

このように抵抗が多いレジサポラインは意識されますが、少ないから効きにくいとなります。

しかし、そのレジサポラインが上位足(4時間足以上)の場合には1回の抵抗でも有効性は高くなります。

先ほど説明したレジサポライン/転換①『上時間足が超重要です』のあとに、レジサポライン/転換②『抵抗回数が有効を示す』の順番で抵抗の強さとなります。

個人の意見なので参考程度でお願いします。

画像は1時間足を表示していますが、更に過去の値動きを見ることでさ強い抵抗を見つけることができます。

下記の画像を見てください。

一目見た感じだと聞いていないように見えるかもですが、このチャートの足は週足です。

つまり、ローソク足1本が1週間となります。

この白丸をつけた部分は抵抗している部分で、こう見ると聞いていないよう見に得ますが、5分足や1時間足などに落としてみると、しっかり反発しているローソク足が確認できるはずです。

これが、効いていれば聞いているほど最強の武器となります。

レジサポラインが投資のテクニカル分析の中で一番効くと個人的には感じています。

はじめは、芸のない単純なラインであまり好きではなかったのですが、何年も勉強してたどり着いたののが初心者の頃勉強したこのライン……。

結局一番強いと感じています。

しかし、これだけでもだめで、いろんな強い根拠を重ねることで、50%以上の勝率に持っていくわけですが、個人的にやはり強いなと感じた最強タッグを下記で説明します。

レジサポライン/転換③『+トレンドライン確認で根拠を強化』

レジサポと組み合わせることで強いのがトレンドラインです。

上記の画像絵お見てください。

大きな視点のさじサポライン内で、レンジになっていますが、実は、ここで、トレンドラインをうわ抜けています。

この例はかなり難しい例ではありますが、サポートラインよりも、下ではなく、上にあり、さらに、トレンドラインを上にブレイクしていますが、そこから、少し下がりましたが、再び上昇しています。

小さく見れば、下落トレンドですが、大きく見れば、上昇の押し目買いチャンスです。

そして、エントリーは、ここ。

エントリーチャンスのテクニカル分析は過去記事で何度も説明しているので割愛しますね。
» 【無料公開】バイナリーオプションBO・FX手法【テクニカル分析】

こんなイメージで、まずは大きな視点から徐々に狭めていき、明確なサポートラインを抵抗、今回はだましからの上昇なので、かなり根が動いています。

騙し系の解説記事は【アセトラとは】騙しの回避と【分析方法教えます】で解説しています。今回もこの記事で説明している状況と似ていますね。

なので、大衆心理からも下にエントリーしていた人が損切りしまくるポイントになります。

もしも、自分もエントリーしていたら、すぐに損切りで、再び逆にエントリーです。

その方法についてはこちらで解説しています。
» 【損切り方法メイン】損減少エントリー解説付き【XMTrading】画面解説MT4

上記の内容をすべて理解するだけで、トレードは格段と勝てるようになります。

損失は会社負担で80%以上の利益

少額資金の人必見!