初めましての方へ

FX手法の本質は【値動き・大衆心理・リスクリワードです】

FX手法の本質は【値動き・大衆心理・リスクリワードです】

FXの手法構築をしたいのですが、
本質とはなんですか?

自分のスタイル手法を作りたいので本質とかってあったりしますか?

その疑問に答えます。

FX手法の本質は「チャートがすべて」です。

理由はチャートの中にすべての本質が詰まっているから。

具体的にはこの記事で解説しますが、ごく個人的に気にしている本質が3つあります。

個人的な見解は「値動き・大衆心理・リスクリワード 」がFX手法の本質かと。

この本質を深堀りしていくと下記のような内容になります。

「テクニカル分析✕シナリオ予測 ✕ 損小利大構成調整」が本質。

上記の内容について深堀りしていきます。

まだ「独学していないよ!」って方にはこちらの記事【独学でFX分析マスター】勉強方法の手順【初心者向け】を参考にしてみてください。

FX手法の本質は【値動き・大衆心理・リスクリワードです】

FX手法の本質は「値動き」「大衆心理」「リスクリワード」の3つの要素で構成されています。

僕は個人的にFX手法の本質とは「リスクを理解した上で、リスクを減らすゲーム」かと。

  1. FX手法の本質①:【値動き(レート把握と分析)】➡【テクニカル分析】
  2. FX手法の本質②:【大衆心理(多数決の方向性確認)】➡【シナリオ予測】
  3. FX手法の本質③:【リスクリワード(資金管理の調整)】➡【損小利大構成調整】

上記のとおりです。

FX手法の本質①:【値動き(レート把握と分析)】➡【テクニカル分析】

「FX手法の本質①:【値動き(レート把握と分析)】➡【テクニカル分析】」はそのままで、チャートの値動きを把握してレートのズレや動きを考慮した上で状況を把握する分析。

実は、テクニカル分析の中にはファンダメンタル分析も含まれているので、FX手法の本質ではテクニカル分析が必要不可欠。

一方、ファンダメンタル分析だとテクニカル分析がわからないので、どっちから分析するかというと、ファンダメンタル分析よりもテクニカル分析を優先したほうが良いかと。

  • テクニカル分析の難易度「★★★」
  • テクニカル分析の安定有効度「★★★」
  • ファンダメンタル分析の難易度「★☆☆」
  • ファンダメンタル分析の安定有効度「★★☆」

上記のようにテクニカル分析のほうが安定して有効度が高いことがわかります。

つまり、ファンダメンタルは社会の状態によって効いたり効かなかったり知る要素があり、自分ではどうにもなりませんが、テクニカル分析は自分の分析なので修正したりコントロールして上達することで、自分のスキルとなって蓄積されます。

なので、FX手法の本質かどうかと捉えるのであれば、テクニカル分析が本質の1つかと。

FX手法の本質②:【大衆心理(多数決の方向性確認)】➡【シナリオ予測】

「FX手法の本質②:【大衆心理(多数決の方向性確認)】➡【シナリオ予測】」は大衆心理こそ投資の本質ですよね。

つまり、FXでの手法の本質の基盤は大衆心理からできています。

また、この大衆心理を読み解くことで今置かれている相場状況が分かってきます。

つまり、大衆心理を理解した状況で、シナリオを予測してエントリーする場所を決めていくことができます。

大衆心理的には上昇が強いけど、長期的に上昇するから、今は一時的に下落するだろうと予測し下にエントリーすることもできます。

大衆心理がわからないと相場は読めないし、意思決定の根拠としても弱いエントリーしかできません。

なので、FX手法の本質は大衆心理が基盤となり、その上でテクニカル分析することが本質かと。

関連記事:FXでの大衆心理【投資家/トレーダーの思考を読む】

FX手法の本質③:【リスクリワード(資金管理の調整)】➡【損小利大構成調整】

「FX手法の本質③:【リスクリワード(資金管理の調整)】➡【損小利大構成調整】」は勝つための本質かと。

ここまで、FX手法の本質を話してきましたが、このリスクリワードでは勝つための本質についてです。

「FX手法の本質」=「勝つための本質」と捉えられるかと思うので、ここでは僕なりの勝つための本質をお話します。

FX手法の本質の1つにリスクリワードを選んだ理由はづまり、損小利大です。

資金管理が概説とよく聞きますが、具体的にはどうすればいいの?と感じる人多いですよね。
僕もそうでした。

そこで色々試してわかったのですが「資金管理」➡「リスク管理」➡「リスクリワード調整」➡「リスク少なめリターン多め」➡「損を小さく、利益を伸ばす」➡「損小利大」と考えました。

つまり、投資の確率論からすれば、かつ確率も負けるかる率も50%なので、そこで損を減らし利益を増やすことができればそれだけで利益は溜まっていきます。

つまり、損小利大はマスト。

なので、FX手法の本質の中にはリスクリワードを含みと考えています。

  • ※補足情報
    確率を高め、利益を伸ばせるエントリーポイントでないとこのFX手法の本質は成立しません。なので、1対1のリスクとリターンではなく、最低でも1対2以上出ないと利益は減っていきます。注意しましょう。

文章だけだと分かりづらい点もあるかと思いますので、具体的な例を上げてみると下記の通りかと。

上記のとおりです。

つまり、こんなイメージで取引していればOKかと。

  • ※補足情報
    やりすぎかもですが、やりすぎが丁度良く、この場合には1対10ですが、1体5くらいになると考えたほうが得策かと。

理解いただけたでしょうか?

最終的には人それぞれだとは思いますが、念のため僕の見解も参考にしてもらえたらと思います。

関連記事:【FX】運ゲーを神ゲーにする方法【確率を上げるゲームです】

また、FX手法を構築していく際にどうしても必要なインジケーターなどが出てくるかと思うので、そういったインジケーターをそうやって手法に落とし込んでいくのかについての参考記事としてご活用ください。
» 【完全マニュアル】FXのハーモニックパターンを【超カンタン手順で教えます】 

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

BO/FX/仮想通貨FXカテゴリの最新記事