初めましての方へ

【取引×損切りで効果UP】バイナリーオプションの【リスクリワードは重要です】

【取引×損切りで効果UP】バイナリーオプションの【リスクリワードは重要です】

バイナリーオプション情報を取得したい人へ【網羅情報まとめ】
バイナリーオプションというジャンルで情報をまとめた記事をまとめた記事が下記になります。「記事が多すぎてたどり着けないよ」って方は下記の記事から探すと見つけやすいかもなので、興味がある人限定でためし読みしてみてくださいね!
BOまとめ記事はこちら(こちらの記事から、すべてのBO記事情報にたどり着けるようになっています)

【無料手法公開中】バイナリーオプションを始める方へ【初心者向け】
初心者の人は何から始めたらいいのか分からず、どれが正解かもわからいですよね。なので、過去の僕のように悩んでいた人に情報が届いたら嬉しいなと思い公開。単純に過去の僕のように本気の方に読んで欲しいだけなので、参考程度にどうぞ。楽ではないが汎用性が高い方法です。
» 【無料公開】バイナリーオプションBO・FX手法【テクニカル分析】

【必見】バイナリーオプションの【リスクリワードは重要です】

バイナリーオプションのリスクリワードは重要とお話していますが、実は、バイナリーオプションでなくとも投資全般において重要です。

つまり、FX、株式投資、仮想通貨や、不動産といったあらゆる投資対象で、このリスクリワードを調整することで利益を上げるのが一般的です。

つまり、リスクリワードが正しくないとなにをやってもどんなスキルがあろうと負けて損失を出してしまうのと等しいかと。

つまり、リスクリワードを制した者が投資を制すると言っても過言ではないほど重要です。

バイナリーオプションとFXのリスクリワードはほぼ同じです

バイナリーオプションとFXのリスクリワードはどちらも同じくらい重要です。

下記の記事では3つの本質の1つとして、紹介しています。

» FX手法の本質は【値動き・大衆心理・リスクリワードです】

  • そこで色々試してわかったのですが「資金管理」➡「リスク管理」➡「リスクリワード調整」➡「リスク少なめリターン多め」➡「損を小さく、利益を伸ばす」➡「損小利大」と考えました。

上記のような考え方で「リスクリワード」=「損小利大」と同じと考えています。

つまり、リスクとリワードが得するような戦略が必要ということです。

簡単に例を見せると下記のとおりかと。

すこし、やりすぎかもですが、こういったイメージが毎回思考し、取引するのがベストかと考えています。

ここで「1対1手法はどうなの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

その疑問についてはこちらの記事リスクリワード1対1手法は使える?【個人の見解】でお話しています。

こちらの記事の目次を抜粋しました。

上記のようにお話しています。

つまり、1対1手法は負けやすくおすすめしないというのが僕の本音です。

取引する場合には1対2以上の取引をするようにと考えていますが、できる方は1体5前後を常に選定できる取引だとかなり安定します。

安定とは、取引、チャートを眺めている仕事時間、メンタルのダメージなど複数の要因で安定感が高いです。

なので《リスクリワードは損小利大の1体5前後》くらいが理想的で現実的なバランスが取れた結論かと。

では、そんな、バイナリーオプションのリスクリワードの調整はどうやればいいの?と悩まれる方がいると思うので、個人的な見解と方法を書きでお伝えします。

バイナリーオプション流の資金管理でリスクリワードの調整方法

個人的には下記の順番でリスクリワードを調整しています。

その方法は下記のとおり。

  • テクニカル分析を行いリスクリワードが良い部分を見つける
  • リスクリワードが1体5前後を見つけ出し絞り込む(ここですでに1体5前後)

とはいえ、資金管理はFXや仮想通貨だと難しいですよね。

でも、バイナリーオプションは円でわかり、細かい数値やピップスの関係ありません。

なので、資金管理というよりは取引手順みたいな感じですね。

上記は取引でのリスクリワード管理ですが、ここからは、損切り利確でのリスクリワードを更に強めていくフェーズに入ります。

  • 絞り込んだポイントのみエントリーする(1,000円の場合)
  • 負けたら素直に損切り(500円以上で損切り、つまり1対2)
  • 買ったらそのまま利食い(1,500円ぐらいになるだけで実質1対3)
  • 利食いの根拠がなくなった場合には損切り利確
  • もし、スプレッドで時間締切なら(2,000円で実質1対4)

500円でエントリーしたようになるので、500円×4で2,000円です。

また、これと同時に活用して下記のような取引を行うと更に効果的です。

初めに話した1対5前後がこれに当たります。

この場合には1対10以上になっています。笑

とはいえ、「取引での1対5」と「損切りとスプレッドでの1対4」を合わせれば「実質1対9」です。

上記のような取引をすることで「取引リスクリワード」と「損切りリスクリワード」のダブル効果でバイナリーオプションのリスクリワードを有利に調整することができます。

本番ではこんなかんたんには行かないかもですが、こんなかんたんなポイントをひたすら狙っていたら誰がどうやっても負けが多くとも、たまにプラスでトントンか利益が出るようなイメージが湧きませんか?

個人的な戦略がこういった内容になります。

なので、合わない人はもちろんいるので、そういった方は自分の方法や学習だけに専念してくださいね。

もちろんこの方法は楽ではなく、難しいですが、学習し続ける価値はあるかと。

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

BO/FX/仮想通貨FXカテゴリの最新記事