初めましての方へ

学生の海外バイナリーオプション税金と【勤労学生控除】

学生の海外バイナリーオプション税金と【勤労学生控除】

バイナリーオプション情報を取得したい人へ【網羅情報まとめ】
バイナリーオプションというジャンルで情報をまとめた記事をまとめた記事が下記になります。「記事が多すぎてたどり着けないよ」って方は下記の記事から探すと見つけやすいかもなので、興味がある人限定でためし読みしてみてくださいね!
BOまとめ記事はこちら(こちらの記事から、すべてのBO記事情報にたどり着けるようになっています)

【無料手法公開中】バイナリーオプションを始める方へ【初心者向け】
初心者の人は何から始めたらいいのか分からず、どれが正解かもわからいですよね。なので、過去の僕のように悩んでいた人に情報が届いたら嬉しいなと思い公開。単純に過去の僕のように本気の方に読んで欲しいだけなので、参考程度にどうぞ。楽ではないが汎用性が高い方法です。
» 【無料公開】バイナリーオプションBO・FX手法【テクニカル分析】

学生の海外バイナリーオプション税金について

学生 バイナリーオプションの税金について 海外・国内また、バイトの有無による違い

前提条件として、税金を払わなくて良い金額は下記のとおり。

  • バイトだと65万円まで税金がかからない(計算上は-計算となります)
  • 雑所得は38万円まで税金がかからない(計算上は-計算となります)
  • ※しかし、こちらは改定後内容が変わっています。その内容を書きではお話します。

上記が前提条件ではありますが、今となっては税ルールの改定があったので内容が変更しています。そちらを書きでは解説していますので確認していただけたらと思います。

疑問点:今回はこちらの質問を自分に理に解釈してみました。

  • 海外バイナリーオプションは雑所得で総合課税
  • 「バイト:60万円」+「BO:40万円」の場合は雑所得は38万円なので、課税が2万円される?
  • なので、2万円分を65万円の給与所得税でまかなえて課税されないのでは?

という解釈で問題ないかと思います。

しかし、2020年04月16日時点でのお話です。

現在では税金のルールが改定されています。

なので、改定後は下記の内容にきおつけましょう。

僕が調べた状態だと、古い情報が上位表示されていたので、勘違いする人が多いと思いこちらで誤解をときたいと思い記事を書きましたので、参考にどうぞ。

注目ポイント:実は、令和2年から、変更された内容は下記のとおり。

  • 【基礎控除:改定内容】38万円から48万円に変更(2400万円以下)
  • 【給与所得控除:改定】65万円から55万円に変更(180万円以下)
  • 簡単に言うとサラリーマンは変わらないが、フリーランスはお得になる内容

上記の動画には主婦などの扶養形態の内容もお話してくれているのでとてもためになります。

  • 補足情報
    サラリーマンやバイトの方は「基礎控除」「所得控除」ですが、サラリーマンやバイトの方はフリーランスや自営業の方は「基礎控除」「青色申告控除」と「経費控除」が使えるので納税を更にお得にできます。
    また、青色申告には「55万円」と「65万」と「10万円」に分かれており、一番オトクなのは電子申告のe-Taxという方法で青色申告を行えば、これが「65万」なので「所得控除」よりも、お得にすることができます。それに加えて経費も扱えるので、更にお得。

収入金額60万円-給与所得控除額55万円(令和2年から)=給与所得金額5万円

つまり、5万円税金がかかります。

そして、基礎控除は給与所得で漏れてしまった分と雑所得分が基本控除の48万円までお得にできるということなので、40万円の雑所得(BO)と給与所得の5万円を足して45万円は48万円以内に入るので、所得税と雑所得の税金(課税所得金額)は0円になります。

また、給与所得がない場合には48万円のバイナリーオプションの収入(雑所得)以内であれば、これも、0円で所得税は非課税です。

勤労学生控除は、給与所得等の場合に適用されます。

  • 補足情報
    副業所得が20万円以下であれが、確定申告は必要ないですが、住民税の申告は必要です。
    ※ざっくりいうと、会社で年末調整を行ってくれる場合には副業という形で20万円ルールが設けられますが、年末調整をしない人(フリーランスなど)は20万円のルールはありません。

学生の海外バイナリーオプション税金関連【勤労学生控除】

バイナリーオプションの税金について

上記のようにアルバイトをしている場合の例もり、それに加えて、勤労学生控除を受けている人もいるかと思います。

そういつた特殊な例はどうなるのか下記でまとめました。

結論、アルバイトの給与額が126万円で、勤労学生控除を受けたい場合は海外バイナリーオプションの収入は4万円以下であれば受けられる。

勤労学生控除について

勤労学生控除を受けるためには、所得金額が65万円以下であれば受けられます。

しかし、下記のように《雑所得が4万以下》でなおかつ《所得金額が65万円以下》の条件をクリアした人だけが勤労学生控除を受けることができます。

  • 勤労学生控除は、所得金額が65万円以下+雑所得が4万円以下で受けられる
  • 補足情報
    年末調整で勤労学生控除を受けた場合は、確定申告で修正をすれば問題ない。

また、学生であってもそうでなくてもみんなバイナリーオプションの収入はすべて雑所得です。

そのため、上記の例の場合には4万円であればOKとなります。

もっと詳しく深堀りしていくと下記のとおり。

  • 【給与所得】収入金額126万円-給与所得控除額65万円=給与所得金額61万円
  • 【雑所得】収入金額-経費=雑所得金額4万円

【給与所得】+【雑所得】の合計所得金額は下記のとおり。

  • 【給与所得】+【雑所得】=合計所得金額65万円

こんなイメージなります。

雑所得が4万円を超えますと受けられなくなります。
更に詳しく知りたい方はこちらを御覧ください。
現在学生で、アルバイトの給与額が126万円

おすすめ投資運用プラン【MT5版】

個人的におすすめな投資運用プランを紹介しています。(MT5版) (※分析はMT4でOKで、取引画面がMT5)

BO/FX/仮想通貨FXカテゴリの最新記事