【調査:勝つ方法】BOザオプションの【勝ち方・攻略】個人論

【調査:勝つ方法】BOザオプションの【勝ち方・攻略】個人論

2020年7月16日

バイナリーオプション(ザオプション)の攻略方法が知りたいです。

その質問に答えます。

回答はこちらの見出し1 【調査:勝つ方法】BOザオプションの【勝ち方・攻略】個人論「回答」です。

ザオプションを始めようか悩んでいる人へ

「BO初心者だからなぁ……」という初心者向けがBOのザオプションです。理由は12,000円分の取引が実質無料なので、その金額分は安心して本番練習できます。詳しい内容はこちら記事をどうぞ。
» ザオプション:実質無料の1万2千円でリアル取引でスキルUP!【潜在意識を理解】

まとめとボーナス情報

実質無料の1万2千円でリアル取引でスキルUP!
ザオプションでは初回入金キャンペーンによる7,000円キャッシュバックがあるため、合計で12,000円が受け取れます。
» ザオプションの無料口座開設はこちら

もくじ

【調査:勝つ方法】BOザオプションの【勝ち方・攻略】個人論「回答」

ずばり、僕個人でこれが良いのではという個人的な独学からたどり着いた方法を解説します。

現段階では下記のように考えています。

ザオプション攻略・勝つ方法

  • テクニカル分析のみ(※僕の場合)
  • デモ取引でロジックを確かめる(過去検証やバックテスト、ルールの定着などが該当)
  • ロジックを確かめたあとに、PDCAサイクルを回す

上記が、ザオプションでの攻略・勝つ方法に必要な内容かと。

そして、その逆でザオプション攻略・勝つ方法とは間逆な負け続けてしまう人の傾向はかきのといおり。

  • 手法を色々試していき、どれも勝てないじゃんとなる(本来は試して知識をつける段階です)
  • 作業量が足りない(バックテスト・過去検証済みだが、デモ取引が全然足りない)
  • 人の発言に左右され手法やルールを変えてしまう(自分でルールを破るも該当)

上記のとおり。

ビジネスでもなんでも成功する人は、
地道にコツコツ積み上げていき、経験が資産になる。

投資も同じです。

上記の内容をベースに勉強して取引していく事が勝てるトレーダーの鉄板ルールです。

なぜ独学で学習しているのかについてはこの記事【独断と偏見】バイナリーオプションは【独学が最強です】で考え方が理解できます。

とはいえ、この記事に着たどり着いた方で、「ゼロからスタート」する人もいるかと思います。

また、初心者ですという方はこちらの記事【独学:BO/FXトレーダーへの道】勉強方法のまとめ【初心者向け】をご活用ください。

本題に入る前に少し前提条件のお話をしていきたいと思います。

話が難しいかもなので、はじめに僕個人の考え方を共有しておきます。

そんなのいいよって方はこちらの個人的なかつ方法をご覧ください。
【誰も教えてくれない】バイナリーオプション攻略法【初心者向け】

個人的には必勝方法はないと考えています。

その理由は下記で解説。

BOザオプションの勝ち方・攻略での必勝法なし理由【持論です】

ザオプション (theoption)では必勝方法ありません。

もっと詳しく言うとバイナリーオプション全体で必勝方法はありません。

更にいうと、投資全般で必勝方法はないと言っても過言ではないかと。

その理由としては、ランダムフォーク50%、分析できる内容50%というイメージでどんなに分析しても外れるものは外れるし、当たるときは当たるというイメージです。

※あくまでも統計データではなく、個人の推測です。

つまり、ザオプション (theoption)だけではなく、投資全般ではありますが、もっと深掘りすると時間が伸びるほど勝ちやすく時間が短期になるに連れ負ける可能性とギャンブル(ランダム性)が増します。

そして、必勝方法があるという場合には根拠があるという内容にどうしてもつながるのですが、その根拠を完璧に理解できても50%までしか判別できないと個人的には思っています。

なので、50%のランダム性があるため、その部分を攻略することができれば必勝法ありとなるのかなと。

個人的には必勝法なしと思っているのですが、この問題のランダム性をカバーするという視点でなら勝てる根拠が高まるので、必勝法ありと言っても問題ないかもです。

しかし、厳密的に言うとただの根拠とカバーなので、必勝法と言うよりは根拠ありとしています。

次に、その根拠あり(必勝法に近い)について解説します。

そして、必勝法があるとしたら、個人で生み出した専用の方法で、他の人が真似しても真似できない取引方法かと。

つまり、100人いれば100通りの勝ち方があり、それが唯一無二の必勝法だと思います。

攻略・ザオプション (theoption)の必勝法なしでも【根拠あり】

ザオプション (theoption)の必勝法として比較的近い内容では根拠ありというのが個人的な考え方。

なので、その根拠あり(必勝法に近い)の方法について解説します。

分析は超簡単にいうと下記のとおり。

  • 4時間足以上の抵抗ラインを主軸
  • 平行ラインとトレンドラインで分析
  • 根拠足しにいろんなテクニカル分析

参考記事:【誰も教えてくれない】バイナリーオプション攻略法教えます【初心者向け】

めちゃくちゃ簡単に言うと上記の内容をこなすことで根拠ありになるのではと考えています。

ちなみにファンダメンタル分析もテクニカル分析内に入っているという認識です。

これがテクニカル分析50%となります。(※あくまでも個人の感想です)

そして、残りのランダム性50%は下記でカバーします。(※僕の場合)

  • 損切り転売で資金の50%を下回らないように転売
  • 根拠が崩れたときに転売
  • 安心して転売できる時間でなおかつ自分が待てる時間

上記の3つがランダム性50%をカバーできると思っており、その方法を実行した記事が先程の参考記事:【誰も教えてくれない】バイナリーオプション攻略法教えます【初心者向け】で記載している内容です。

初心者はこれ再出来ればかなり分析有利になるかと思いますが、自分で試さないと納得しないし、以前僕が教えた方法を3年くらいやってくれなかった人もいるため、本当に人の有効とを聞くというのは難しいですよね。

僕も同じで、人の有効ことが本当なのか何年も検証して納得したので、本当に自分で試して何年も相場に向き合わないと理解できないかと。

なので、自分で考えて自分で行動するのが一番いいのかのあと思います。

【ではどうする?】BOザオプションの【勝ち方・攻略】の鍵について

バイナリーオプション攻略【MT4✕ザオプションを想定】

まずは、攻略するためには、考え方を共有したいと思います。

そして、ここでの鍵を先にお話しますね。

ざっくりとした考え方は低勝率手法です。

つまり損小利大の考え方でトレードするのがおすすめです。

また、FXの方法をうまいことBOに変換して落とし込んだというイメージで問題ないです。

FXの経験がある人であれば100%納得する王道の王道かと。

今回は、バイナリーオプション攻略【MT4✕ザオプション(theoption)版】と言う通り、使うツールは2つです。

  1. MT4(MetaTrader4)
  2. ザオプション(theoption)

上記のツールを使いバイナリーオプションの攻略を解説していきます。
イメージはこちらのザオプション(theoption)とMT4のテクニカル分析《ダブルチャート活用法》記事でわかります。

ズバリ、バイナリーオプションの攻略のコツ3つをお伝えします。

僕の見解はこちら

  1. 【攻略・勝つ方法の考え方①】上位足に逆らわない【環境認識】
  2. 【攻略・勝つ方法の考え方②】フラクタル構造を理解【階層別】
  3. 【攻略・勝つ方法の考え方③】チャートパターンは【Nの連鎖】

簡単に解説します。

【攻略・勝つ方法の考え方①】上位足に逆らわない【環境認識】

この考え方で重視しているのは「全体の流れを読む」です。

理由としては相場は上位足には逆らえないが常識だからです。

つまり、上位足が正義。

とは言え、上位足が強いからと言って上位足の強い抵抗だけエントリーしようとすると一ヶ月に1回いかエントリーポイントが来ないということが起きます。

また、FXなら長期的にスイングなどで取引を重ねれば良いのですが、今回お話するのはFXの方法を活用したBOです。

つまり、バイナリーオプションは長くても1日限界なのでスキャルかデイトレになります。

そこで、この考え方に一番適している分析方法としてMTF分析というのがあります。

これは、マルチタイムフレーム分析といいます。

詳しい分析内容はこちらをご覧ください。
【本でなくブログで学ぶ】テクニカル分析【マルチタイムフレーム分析の重要性】

【攻略・勝つ方法の考え方②】フラクタル構造を理解【階層別】

この考え方で重視しているのは「自分の現在地と壁の強さを把握する」です。

マルチタイムフレーム分析を習得しても、実はダンジョンの階層のように難易度高めと低め、短期では相性があ良いけど長期では相性が悪いなど色々あります。

そこで、役に立つ考え方としてフラクタル構造を意識すると脳のリソースがスッキリするかと。

詳しくはこちらをどうぞ。
【FX】フラクタル構造【個人的な見解です】

こちらの記事では、ダウ理論とエリオット波動、MTF分析を取り入れながら独自の考えで解説しています。

ダウ理論

エリオット波動

実際にエリオット波動とその他の根拠などの組み合わせについては【ディセトラとは】&エリオット波動連携と【上位足の優位性について】で解説しています。

上記の記事のようにいろんな根拠を組み合わせていくことで強い根拠になり、エントリーできるチャンスになってきます。

独学なので間違っていたらすみません。
しかし相場ではとても活用できる有益な考え方です。

【攻略・勝つ方法の考え方③】チャートパターンは【Nの連鎖】

この考え方で重視しているのは「ある程度の波を予測する」です。

考え方のベースはこちらの【BO/FX/CryptoFX】テクニカル分析マスター【独学トレーダー】記事で解説しています。

Nの連鎖とは深い意味はなく、僕の独学イメージでは、値動きのチャートの形のことを指しています。

つまり、チャートパターンで問題ありません。

このいろんなチャートパターンである程度方向性を予測できるようになります。

実際にどんなチャートパターンがあるかについてはこちらの記事で解説済みです。

ご活用ください。
【本当に効く!?】バイナリーオプションの《チャートパターン》

大雑ざっぱに解説してきましたが、上記の記事を読み実践していくことで体感的にも思考的にも納得感があるテクニカル分析ができるかと思います。

いろんな記事をかいていますので、その都度調べて読み試してみてください。

ということである程度ザオプションの勝ち方や攻略・勝つ方法となる軸のテクニカル分析を解説してきました。

しかし、これで勝てるような甘い世界ではないというのも同時に自覚してほしいので、ここからは勝てない理由を解説していきます。

勝ち方も交えて簡単かつ深掘り解説していきます。

【甘くない】BOザオプションの【勝ち方・攻略】が難しい・できない理由⑤選

勝ち方と勝てない理由について個人的な見解を含めながら解説していきます。

勝ち方はこちら。

勝ち方
①:4時間足抵抗以上をメインに分析
②:利食いは永遠に利確なし締め切り時間まで保有
③:損切りは想定と外れたら絶対に損切りできれば80%前後が理想
④:ブレイク後にエントリーする感覚を習得する学習を続ける
⑤:負けは9割勝ちは1割というイメージで戦いを挑む

勝てない理由はこちら

勝てない理由
①:1分足や5分足をメインに分析している
②:利益が少しでも出たら利確して利益を確保
③:損切りは0になるまでしないし、まだ逆転するチャンスを待つ
④:感覚で勝てそうなエントリー選定している
⑤:勝率は最低でも7割は欲しいという気持ち

まとめると下記のとおり。

勝ち方勝てない理由
①:4時間足抵抗以上をメインに分析①:1分足や5分足をメインに分析している
②:利食いは永遠に利確なし締め切り時間まで保有②:利益が少しでも出たら利確して利益を確保
③:損切りは想定と外れたら絶対に損切りできれば80%前後が理想③:損切りは0になるまでしないし、まだ逆転するチャンスを待つ
④:ブレイク後にエントリーする感覚を習得する学習を続ける④:感覚で勝てそうなエントリー選定している
⑤:負けは9割勝ちは1割というイメージで戦いを挑む⑤:勝率は最低でも7割は欲しいという気持ち

つまり、上記の表を見てもらえたかと思います。

ここで築くことがありませんか?

それは、勝ち方と勝てない理由は反対になることが多い「持論思考」

個人の見解なので、これが正解ということではなく、一個人の意見と、今現在の知識と経験から導き出したものです。

相場には絶対がなく、どんどん手法や相場に応じて進化していかないと勝ち残れないというのが僕の持論ですが、ある程度汎用性のある内容だけをこちらで記載しています。

ザオプション(theoption)の勝ち方としては、上記の内容ですが、その逆が勝てない理由にもつながるのではと考えているので参考にしてみてくださいね。

とはいえ、ざっくり表でお話しましたが、これだけだとイマイチイメージしにくいかと思うので、上記の内容を深堀りしていきます。

攻略・ザオプション(theoption)の【勝ち方】と【勝てない理由】の深堀り

攻略・勝ち方の深堀

  • 4時間足抵抗以上をメインに分析
  • 利食いは永遠に利確なし/締め切り時間まで保有
  • 損切りは想定と外れたら絶対に損切り(できれば80%前後が理想)
  • ブレイク後にエントリーする感覚を習得する学習を続ける
  • 負けは9割勝ちは1割というイメージで戦いを挑む

順番に解説します。

攻略・①:4時間足抵抗以上をメインに分析

バイナリーオプションでは、短期取引がメインの取引方法かと思います。

しかし、短期は激ムズというのが僕の感覚なので、できるだけ時間を伸ばしつつ、取引時間を1日か1時間しか選べません。

そして、1日ならFXでいいなという感覚なので、1時間位の取引時間をメインにしたとき、抵抗ラインは4時間足以上がベストかと考えています。

その根拠はFXでは、4時間足以上をメインに抵抗ラインを参考にして取引するのが勝率が高いと言われており、実際自分で試したところ本当に高くなったのでかなり使える方法です。

1時間の抵抗でも有効ではありますが、以外に突破されることも多いので個人的には4時間足の抵抗がメインに分析することをおすすめしています。

攻略・②:利食いは永遠に利確なし/締め切り時間まで保有

これは、FXでは親しみないかもですが、BOになると、締切時間になったときにペイアウト率が反映されるか、かけた資金が0円になるかの2択になります。

なので、バイナリーオプションでは普通かと思います。

FXでイメージするとひたすら利食いするイメージです。

攻略・③:損切りは想定と外れたら絶対に損切り(できれば80%前後が理想)

つまり、1,000円であれば、800円です。

とはいえ、エントリーした瞬間にこの金額になってしまいますよね。

理想というイメージで、ここから、下がってしまえば、500円を下回ってしま割りそうであれば損切りが普通のイメージです。

出だしでは500円でうまくいき予想どうりに進んだとき、利益が出てきますが、多くはまたマイナスに転じます。

その時、自分で決めた根拠を下回るか、800円以下になってきたら初心者は損切りしたほうが良いかと。

なれてきて、経験者になるとこのまま保有したほうがいいか、それとも損切ったほうがいいのかがわかるのですが、初心者には難しいと思うので、そういったイメージが良いかなと思います。

損切りをする頻度が多い場合にはエントリーポイントをかなり間違っているというイメージです。(僕の場合はという内容なので参考程度でお願いします)

攻略・④:ブレイク後にエントリーする感覚を習得する学習を続ける

上記でもお話しましたが、ブレイク後に、エントリーする感覚を身につけると、損切り設定に入らず、グイグイ伸びる値動きを見極めることができます。

つまり、このポイントをひたすら狙うことで、いつも勝てても勝てなくても損切りをしまくり、たまに損切りに引っかからずに利益が出て、マイナスと相殺することができます。

これをひたすら継続し、徐々に勝率を上げていくイメージです。

攻略・⑤:負けは9割勝ちは1割というイメージで戦いを挑む

上記でもチョクチョク似たような事を言っていますが、9割負けると最小からあきらめモードにメンタルを持っていくことが個人的には吉かと。

理由は、そもそも負けまくるのは絶対に通るし、負けが大きうても利益を出している人が多いのが投資です。

なので、まず負けを受け入れるメンタルと、9割負けても資金が減らない仕組みを作るのが最善策かと。

僕の場合には損切りをするために、1時間取引を活用し、エラーや損切りが遅れても資金が少し残る施策が個人的にはしっくり来ているので採用しているイメージです。

違う方法でも似たようなイメージを持てる仕組み化ができる人はそちらを活用しましょう。

攻略・勝てない理由の深堀り

  • 1分足や5分足をメインに分析している
  • 利益が少しでも出たら利確して利益を確保
  • 損切りは0になるまでしないし、まだ逆転するチャンスを待つ
  • 感覚で勝てそうなエントリー選定している
  • 勝率は最低でも7割は欲しいという気持ち

順番に解説します。

攻略・①:1分足や5分足をメインに分析している

勝てない理由として、これが一番多いかと思います。

練習で活用するのはいいですが、練習だけではなく、リアル口座でも1分や5分のみをメイン分析してエントリーしてしまう人が多い印象です。

僕のそうだったので本当に気持ちがわかります。

なので、過去の僕にアドバイスをするなら、4時間足以上の分析を7割、1時間足分析を2割、1分と5分分析を1割位の割合で分析するいいよと伝えてあげたいです。

攻略・②:利益が少しでも出たら利確して利益を確保

これは、手法や、取引する本人の性格もあるのでなんとも言えませんが、締切を待たずに、利益を確保する利確は最高かと。

しかし、時間切れになってかけた資金が0円になるリスクが大きくなるので、絶対に転売を負けても買ってもするという場合にはおすすめできます。

そういった方法で取引すれば単純にFXなので、問題なし。

しかし、損切りできない時間帯になってしまうと、0円になるリスクがあるので、そこを徹底できれば賢い方法かと。

攻略・③:損切りは0になるまでしないし、まだ逆転するチャンスを待つ

上記でお話しな内容と少しかぶりますが、もしかすると残り時間でプラスになるかもというお祈り取引はFXでもやめたほうがいいという声が多いですよね。

僕も単純に始めたときはそういった取引を指定たこがあり、反省。

④:感覚で勝てそうなエントリー選定している

これは誰しもやってしまうことです。

しかし、ごくまれにうまく行ってしまう人もいるので本当に人それぞれなんだなと思います。

基本的にはおすすめしませんが、僕の知り合いにはそれで結果を出せている人がいますが、短期的にうまくいくのか長期的にうまくいくのかはわかりません。。

攻略・⑤:勝率は最低でも7割は欲しいという気持ち

基本的に僕の場合はですが、勝てるのは4割で十分だと考えています。

その理由は上記でもお話したとおりで損小利大戦略なら利益を積み上げられるからです。

BOはFX入門として最適です

BOはFXのレバレッジ計算や、資金管理など、難しい内容を省き、すぐにテクニカル分析を上達するためにはとても最適です。独学情報もあるので気になる方は気軽に学習できます。
» 【独断と偏見】バイナリーオプションは【独学が最強です】

まとめとボーナス情報

バイナリーオプションおすすめ業者は?
お得に始めたい初心者はザオプション。利益を出せるようになった中級者はハイローオーストラリアという使い分けが良いのかなと思います。下記の記事でもとても簡単に解説しています。
» 【厳選2社限定】バイナリーオプションのおすすめ海外業者【初心者・中級者向け】

簡単にですが、勝ち方と勝てない理由の内容に触れていきました。

次はこの考えとテクニカル分析を活用すれば良いのかについて簡単に解説します。

つまり、実践内容です。

とは言え、実践するのもまずは思考論(つまり、僕がどのように考えてロジックを組んでいるか)が理解できないと参考にならないので、解説します。

僕の方法ではなく、こんな感じで考えてロジックを組みのかという参考になるので是非、参考にしてもらえれば嬉しいです。

では見ていきましょう。

BOザオプションの【勝ち方・攻略】1時間取引攻略【独学戦略/考え方】まとめ

安定的に安心して利益を積み上げていく方法では1時間取引が最適です。

理由は下記のとおり。

  • 損切りベースですべて考える
  • 利確は根拠がなくなったときだけ
  • 負けが多いが損は小さくを徹底する

上記のように、ザオプション(theoption)だけではなく、バイナリーオプションの1時間取引でも活用可能な内容です。

とはいえ、方法わかったけど、実際に1時間取引が有効なのかについて下記で解説。

【攻略・勝ち方/勝つ方法】ザオプション1時間取引攻略【独学戦略/考え方】は機能する?

とはいえ、ザオプション(theoption)の1時間取引はまともに機能するのかどうかについていろんな記事で似たようなことをお話しています。

実際に有効かは他の記事を御覧ください。ぜひ参考にしてみてください。

上記で1時間取引をメインにした解説をしています。

短期取引は基本的に損切りができないので、利益がてた瞬間に転売を行うのがベストですが、それだとエラーしたときに利益がなくなったりしてしまいます。

またその逆でマイナスに転じることがよくあるので、その一瞬を狙う取引はあまりおすすめできません。

ギャンブルに近づいてしまうからです。

※とはいえ、人それぞれなのでなんとも言えませんが、あくまでもボク個人はという視点でのお話なので、参考にしてください。

【攻略・勝ち方/勝つ方法】ザオプション1時間取引攻略【独学戦略/考え方】は実際にどうなの?

僕の場合はですが、1時間取引をするための手順がこちら

  • 4時間抵抗ライン付近でのテクニカル分析とエントリー
  • 4時間足付近での損切り設置
  • トレンドラインと強い水平線ラインを突破しない限り保有
  • 根拠が崩れたときや、トレンドライン水平線ラインが壊れた場合はすぐに損切り/利確

1時間取引では上記のことを意識します。

ざっくりとした考え方はほんとこれだけです。

攻略・4時間抵抗ライン付近でのテクニカル分析とエントリー

なぜそんなにも4時間足を重要としているのかについては下記の記事でも解説しています。

攻略・4時間足付近での損切り設置

攻略・トレンドラインと強い水平線ラインを突破しない限り保有

攻略・根拠が崩れたときや、トレンドライン水平線ラインが壊れた場合はすぐに損切り/利確

上記の記事を参考にしてみてください。

ざっくりと考え方が理解できたところで、次はやっと実践内容に進みます。

おまたせしました。

BOザオプションの【勝ち方・攻略】値動きの本質はシンプルです【損小利大戦略】

取引方法やノウハウはこちらで解説しています。

テクニカル分析が難しいという方へ「こちらの記事は実践超初心者向けです」
FXや仮想通貨FX以外にもBO/バイナリーオプションという投資のジャンルがあります。pipsやレバレッジなど独特な資金計算ではなく日本円なので分かりやすい。興味があればどうぞ。
【誰も教えてくれない】バイナリーオプション攻略法【初心者向け】

この記事では、上記の記事の追加情報というイメージです。

この記事で理解できる内容

  • 初心者でも利益を積み上げるシンプルな方法が分かる
  • どの分析よりもこの分析をメインにするのがおすすめ
  • エントリーしてはいけない場所としていい場所が一目瞭然

脳のリソースがスッキリする方法です。

ここからは独断と偏見が混じっている内容ですが、本質を射抜いていると個人的には感じているので根拠あるロジックかなと思い、解説していきます。

BOザオプションの【勝ち方・攻略】値動きの本質はシンプルです【エントリーする理由】と【しない理由】

この中でエントリーしても良い通貨ペアが1つあります。

それはどれでしょうか?(個人的な根拠です)

正解は一番右の通貨ペアです。

「4時間足抵抗ライン以上ではない場合」には根拠足しが重要になってきます。
※この解説はこちらの記事「【誰も教えてくれない】バイナリーオプション攻略法【初心者向け】」で解説済みです。

この記事ではその1時間足抵抗ラインでの根拠足しをメインに解説します。

上記の画像の話に戻ります。

この場合には、1時間足抵抗ラインですよね。

なので、かなり厳しいので本来エントリーしたくないのですが、エントリーできる通貨ペアがないときはどうしてもエントリーしたくなるので、そういった場合の根拠足しです。

根拠を足すことでエントリーしてもいいというイメージになります。

そんなときは、ここをしっかり確認することで負けの確率をグンッと下げられます。

それはこちら。

  • トレンドライン
  • 平行ライン

上記の2つだけでOKです。

それ以上分析してしまうと初心者は難しいと思うのでこちらがおすすめ。

つまり、今回の例ではトレンドラインに背くことなく、抵抗ラインを超えた時エントリーしています。(※一番右の画像の話です)

見やすいように同じ画像を持ってきました。

今回はトレンドラインに順張りと言う形ですが、その逆もOK。

その逆というのはトレンドラインをブレイクして、平行ラインを下に割らない場合は上エントリーができます。

残りの2つ画像はその条件を満たしていません。

トレンドラインはクリアしていますが、平行ラインをブレイクする様子はなく、どちらかというと、小さなトレンドラインをブレイクしそうな予感です。

つまり、このブレイクを確認できれば逆張りというイメージでエントリー可能です。

とは言え、この場合には少しその先の幅が小さいのでおすすめしません。

僕なら様子見です。

今回は少し狭いので危険性が高いかもです。

とは言え、おすすめはトレンドラインと平行ラインの外に出た値動きだけをエントリーする感じです。

想像しやすいようにチャートの矢印を追加しました。

つまり、緑が上にエントリーする流れです。

赤が、下にエントリーする流れです。

個のラインでこのエントリーをするのが超重要です。

他の場所ではエントリーしてしまうと分析ミスや抵抗ラインではない部分でエントリーしてしまいヒューマンエラーが起きる可能性があります。

なので、自分の分析よりも相場のランダム性が強いという前提条件で考えるのがおすすめです。

気持ちの持ちよう的にはランダム50%でテクニカル50%というイメージで問題ないかと思います。

しかし、もっとランダム性を高くしても問題ないかと個人的には思っています。

先程のチャート分析で実際にザオプションの画面を御覧ください。

こちらはたまたまうまく行った例です。

うまくいくとこのように意外に良い感じで伸びてくれます。

これが、僕の取引方法です。

もしも、負けてしまう場合には損切りしますが、その損切りルールもこちらの記事「【誰も教えてくれない】バイナリーオプション攻略法【初心者向け】」で解説済みです。

念のため、こちらにすぐに確認できるリンクを載せておきます。

再び本題に戻ります。

問題なさそうですが、これでももちろん負けることがあるので、そのときは「50%」または「根拠がなくなった瞬間に損切り」です。

これをしないとそもそもこの手法の意味がなくなってしまいます。

つまり、結果的に損小利大となります。

こんな考え方が良いかなと考えています。

共感できた人は是非、試してくださいね。

そして、実は、先程の3つのチャートの中に「三角持ち合い(アセトラ・ディセトラ)」が隠れています。

攻略【平行&トレンド】ラインの中には【三角持ち合い】が含まれている話「ザオプション攻略画面付き」

もう一度この画像を見てください。

三角持ち合いがおすすめ

分析解析していると値動きが進んでいましたのでこちらも共有。

このぐらいまで下がってくれれば、残り時間で負けることはないかと。

これが僕のおすすめ方法です。

この青い点線(エントリーした位置)まで上がってこなければ勝ちです。

もちろんこんな感じで、急に上がってきても問題なしです。

短期取引だと恐怖な場面で心臓がドクドクしますが、ここまで行くと問題ないかと。

なので、1時間取引がおすすめです。

他のチャートも先程行っていたとおりに動いていますが、この場合には怖くてエントリーできません。(僕の場合です)

なので、たまたま分析があっていただですので、エントリーしておけばよかったなんて思ったら次は負ける可能性大です。

そのための損切り転売を活用した損小利大戦略です。

こちらのエントリーもたまたま勝てただけです。

このたまたま勝てた勝利は確実にハイロースプレッドのペイアウト率200%で掛け金を倍にして、基本的に負けが多い前提ですので、そのときは確実に資金が50%以下にならないように損切り転売をします。

このとき、根拠がある場合には損切りしたあとに再びエントリーするようにしましょう。
そうしないとせっかくの損小利大ロジックが無駄になってしまうので……。
これはかなり注意しないと無意識に期待して負ける可能性大です。

ザオプションを始めようか悩んでいる人へ

「BO初心者だからなぁ……」という初心者向けがBOのザオプションです。理由は12,000円分の取引が実質無料なので、その金額分は安心して本番練習できます。詳しい内容はこちら記事をどうぞ。
» ザオプション:実質無料の1万2千円でリアル取引でスキルUP!【潜在意識を理解】

まとめとボーナス情報

実質無料の1万2千円でリアル取引でスキルUP!
ザオプションでは初回入金キャンペーンによる7,000円キャッシュバックがあるため、合計で12,000円が受け取れます。
» ザオプションの無料口座開設はこちら